カテゴリー「SUPウッドパドル」の16件の投稿

2019年6月13日 (木)

MOMAパドル出来た。

イランに行ったアベちゃんですが、このバカ何でのこのこ出掛けて行ったのでしょう?ムスリムの世界をちゃんと勉強しているのでしょうか。いや、それを知るならば一個人として現地でしばらく生活しないと分からないと思います。

Dsc_5535

最終型のモマパドル7本完成しました。

Dsc_5560

順光だとこんな感じ。

Dsc_5551

中央のパドルは長身のS君オーダー。全長193cmあります。

本日、仁淀川で左から2番目のパドルを12.6feetで試してみましたが、ブレもなく快適でした。個体差があるのだろうか?

全部テストしてから出荷した方がいいのだろうか?お風呂じゃダメかな。

Dsc_5554

2液の半艶ウレタンクリアー塗装です。

塗料屋に普通の艶ありクリアーを注文したら、「俺が床を塗ったのが余っているから使ってみろ。」とタダでくれました。半艶イケますね~。

Dsc_5557

ロゴはクリアー塗装の場合、中央にムササビのマークが来るとシャフトの部分と干渉するので右肩に持ってきました。

また、文字も年寄りはMOMOと読んでしまうので工夫しました。

Dsc_5475

こいつは凄い縮み杢が出ていますが、全部にこのような材を使えるわけではないので念のため。

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

営業を兼ねて

土曜の午後から入野松原に出掛ける。高知県地方、後1週間はお天気らしい。

Dsc_3955

天気はいいけど波はミニマム級であった。SUPで入ったらまあ遊べる波でした。

Dsc_3957

駄弁っていたら、7時になっていた。中村へドライブ。

Dsc_3959

赤鉄橋に沈む夕日。

Dsc_3960

今夜もここ。

Dsc_3961

アナゴの天ぷらでビールをゴクゴク。

Dsc_3962

寿司食って・・・・

Dsc_3963

すっかり夜も更けていた。

Dsc_3966

そして朝、四万十川でユキちゃんの散歩を済ませてから入野松原へ。

Dsc_3974

小舟が行くよ。

Dsc_3968

少しサイズUPしたもののグチャグチャの波。ロングで1時間やって退散。

Dsc_3991

コングM原はクリアー仕上げをチョイス。怪力のためパドル面は大きい。使用感は「上々!」

彼が最近使っているキアロアのパドルはブレードがフラットでかなり重いもの。重量は怪力だと関係ないのか?

Dsc_4030

K籐氏発注のパドルはかなり長い。やや長めのTリーフの板にはウッドパドルを使うことにしたらしい。

Dsc_4018

お刺身買ってお昼には帰宅した。

うるさ型の多いサーファーにボチボチ使って貰っているということは、案外商売になるかもしれない。なんだかんだで開発に1年かかってしまった。もう少し改良できるだろう。

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

外回り

本日夕方、仁淀川でSUPトレーニングしたが、もうトランクスで寒くなかった。

Dsc_5431

昨日は15時からあちこち回る。

まず、ショップ山本へパドルの営業。

Dsc_5432

初めて2階に上がった。マイビーチ!「湘南なら10億円の物件ですね。」

Dsc_5435

ふうちゃんは体調すぐれず、愛想がない。

Dsc_5439

沖に堤防が出来て波が上がって来なくなったので、草木が生えて来たそう。今が一番いい感じかも。

Dsc_5444

材木市場によってから、「画楽」でカッティングシートを切って貰います。

これはプロッターという機械。レーザー加工機で切っていましたが、どうしても熱でギザギザになります。

Dsc_5445

やっぱりillustratorで出力します。

Dsc_5447

要らない部分を剥がして、

Dsc_5450

裏打ちをします。これで貼り付けるのは楽になります。

ホームセンターのシートは屋内用でしかも厚いです。プロ用は耐候5年、薄いです。

SUPパドルのデコレーションは色々考えましたが、この方法が一番簡単・確実かと。

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

ネーミングとロゴ

昨日から作業場はエアコンを入れている。朝は涼しかったが18時で24℃。蒸せます。

5

SUPウッドパドルの名前とロゴが決まりました。

モマとはどっかの美術館の名前じゃなくて、高知県のムササビの別称です。あえて漢字にすれば「森魔」か。商標登録は絶対出来ないと思いますけど。

ロゴは友人に助てもらいました。これはパドルにマーキングする際のバージョンです。

Dsc_5374

こんな感じで入って、ムササビの部分は金箔押しにします。強度に関係するのでごく浅く掘っています。

Dsc_5369

とりあえず漆とウレタン塗装を3本ずつ仕上げました。

Dsc_5378

段々上手になって艶めかしい。

Dsc_5327

刃物も兼房に作って貰った。一本¥2万。サイズ違いで何本か要るな。

元取れるんじゃろーか?多分無理。

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

作業はいつも地味

高知新聞、今日の朝刊トップは「景気後退懸念晴れず」でしたが・・・・・・どーよ?そもそも、いつ景気が良かったんよ。

Dsc_5291

そろそろ飽きて来たSUPパドルの製作。

マスターピースをポリパテで修正。乗りかけた船、納得いくまでやらないと売り物にはなりません。

Dsc_5280

軽量化のためブレードは薄いです。

Dsc_5289

ベント形状はqbと同じにしています。しかし、一流メーカーのパドルでもフラットのものもあり、そんなに差があるとは思えません。ただ、木製パドルの場合、曲げておくと反りが多少防げます。

Dsc_5287

とりあえず9本を製作中。

Dsc_5284

グリップは一度炒めます。ウソです。

Dsc_5286

15年振りくらいにこのサンダーを使ってみましたが、やっぱり役に立ちませんでした。

| | コメント (2)

2019年5月18日 (土)

明日も雨。

本日もダラダラと仕事をした。

Dsc_5264

中々手間のかかるパドルの製作ですが数をこなせば楽になると思います。

Dsc_5267

久々に登場のバキュームテーブル。これに吸い付けてパドル面を仕上げます。便利です。

Dsc_5265

必要のない穴は塞ぎます。ここでも滑り止めシートが活躍しますが、粉にまみれるとよく滑ります。

Dsc_5239

倣い加工機で成形したグリップはお稲荷さんそっくりです。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

SUPパドル試運転

今日はまずまず働いた。

Dsc_5257

夕方、完成したウッドパドルを近所の仁淀川でテストしてみた。

普通に使い易い。重量は600gなので重さによる負担は全く感じません。しかし、これが650gになると重く感じるのどすえ。まあ、運動しているので少々のことは仕方がないと思って下さい。もっこ運ぶのよりはいいやろ。

Dsc_5260

クリアー仕上げもなかなかいいと思います。遠目にもカーボンじゃないと分かるし。

ロゴも考えて見たが、海で使うものに何でForestなの?という意見あり。まあ、材料は山から切って来たから・・・・。

ネーミングは難しいねえ~。イラストは甲骨文字で木を表しています。

何かいいブランド名ありませんか?

Dsc_5262

パームグリップは好評です。

Dsc_5254

文字入れはレーザー加工機で。

Dsc_5255

位置決めの要領も分かって来た。

しかし、ウッドパドル事業が金になるのはしばらく先だな。それまで当工房持つのでしょうか?

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

曲がったシャフトにホゾを作る

本日は扇風機が稼働した。

Dsc_5253

専門的な話になるので一般の方は分からないと思いますが・・・・

シャフトの端にグリップを取り付ける方法は色々ありますが、私は丸ホゾとしています。前回まではシャフトがストレートで何も加工してない時に、最初にホゾを作った。この方法では注文を取るにも甚だ効率が悪いです。半完成品にホゾを作れるよう工夫しました。

Dsc_5246

旋盤をショウレンでずらします。

Dsc_5240

旋盤で作って、糸鋸で穴を開ける。シャフトの断面ははオーバルでグリップ付近は真円です。

Dsc_5244

このように回転体を保持します。

このアタッチメントはリブロスデルムンドで旋盤を購入した際、タダで付いてきた。

「そんなもん、要らん。」と長谷川さんに言ったら「まあ、タダですから。」貰っといて良かったな。

動画をUPしようと思いましたが上手くゆかず。最近調子が悪いです。

Dsc_5250

使えるもんだな。

Dsc_5245

この部分にホゾを加工します。

この試みは成功でした。鉋やペーパ掛けにも重宝します。他に何か良い方法があるかな?

Dsc_5242

この押しコップは取り外すのですが、うちのは懐200、それでも重い。懐300だったら、多分3倍くらいの重さになると思います。往生しまっせ~!

木工旋盤は用途に合わせて慎重に選ばないといけません。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

パームグリップ

初めての試みをすると、億劫で、中々先に進みませんね~。

Dsc_5205

SUPパドルのグリップは旋盤で削り出した丸棒を使ったT型グリップを主体にしようと思っていたら、K籐くんが「俺のはパームグリップにしてくれ。」と言う。

パームとは放射線状に広がったヤシの葉の形でしょう。まあ、面倒でも一等良いものを目指します。

Dsc_5195

まずはマスターピースを作ります。クイックブレードよりフィットします。qbは多分、外人用に大きいのだろう。

Dsc_5199

バンドソーで荒取りをして・・・・・

Dsc_5198

倣い加工機にかけます。

Dsc_5204

この部分、今回上下動が大きいので金属板がスライドするように改造してみた。

Dsc_5201 

刃物の関係で、この位にしか削り込めませんが十分です。これを一から削り出すのは大変です。片側だけなら簡単かも。左右対称にするのが難しい。

Dsc_5209

後はベルトサンダーなどで形を整えます。最後は手でペーパーをかけます。

やってみたら、機械化してもすごく面倒。カーボンで型取りするなら簡単でしょうけど。Tグリップの10倍以上時間がかかるな。でも、こっちの方がカッコいいとは思う。

 

| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

WAVE用ウッドパドル

高知県須崎市の道の駅に不審者がいるという通報を受けて、警察が出張って職質したが怪しいところはなく解放したという。例の脱走犯の話です。なんちゅう情けないこと。普通、身分証の提示を求めませんか?国内長期旅行なら免許証や保険証は必ず持ち歩くはずです。まあ、座るが仕事の人達に何を言っても無駄か。

Dsc_3532

シャフトの断面をオーバルにして強度を出した波乗り用のウッドパドルの木地が出来ました。

Dsc_3533

ブレードの表面もスムーズです。先端から30cmにかけてベントさせています。

Dsc_3492

加工機が正確に削り出しているので後が大変楽でした。まあ、あちこち手作業の部分はあるが。

Dsc_3535

漆を塗った直後の状態。

Dsc_3536

1時間ほどで硬化が進むとこのように黒くなります。その後、2か月くらいで漆が透けてきてまた色は薄くなります。

オーダーもお受けしますのでご相談ください。重量は全長162センチで650gくらいです。炉端焼きや温泉をかき混ぜるのにも使えます。

Dsc_3489

初代の加工機は解体した。使い道はあったがもう置き場所がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)