カテゴリー「2018 ダナンで波乗り」の15件の投稿

2018年2月20日 (火)

ベトナムの箸と楊枝

体調が悪いが、何とか仕事もした。

Dsc_0434
 
ベトナムの箸はこのように先が僅かに先細りになっているかずん胴です。多分、東南アジア全般同じではないでしょうか。もともと箸の持ち方が悪い私には非常に使いにくいです。MY箸持参するべきでした。しかし~、機能的には劣りますが、やっぱりベトナムではこの箸で食った方が、しっくりくるような気がします。
 
Dsc_9984
 
よく見ると断面の形が違うんですけど、そんなこと気にするのは日本人だけです。
 
Dsc_0025
 
楊枝は竹で出来ていて、細く、鋭いです。歯茎に突き刺さります。両方使えるのはそれほどメリットがあるとは思えないんですけど。
 
Dsc_0024
 
危うくそのまま食べるところでした。フランス仕込みか?流石に中級ホテルの朝食は見た目も綺麗です。
 
Dsc_0861
 
ハン市場でハムのオバサンから買いました。中古です。隅に穴が開いていて振り出せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

ベトナムのバイク

本日のブログはバイク好きでないと理解出来ません。

Dsc_0459_edited1_2
 
ダナン博物館にあった。詳細は不明です。注釈はベトナム語だけだったような。ヘッドの形状からすると2ストマシンのような気がしますが。
 
Dsc_0081
 
このカッコいいYAMAHA150スクーターはエンジンがスイングアームに付いていません。日本では600CC以上の大型スクーターに見られる構造です。スクーターというよりカブベースなんじゃろーか?
 
Dsc_0484
 
このように普通はスイングアームとエンジンが一体です。コストダウンかメンテナンス性の向上のためか?でも、リアがギャップを通過した時の突き上げ感はかなりのものです。
 
スカートだとバイクに乗りにくいのでこういう方は少ない。ダナンではアオザイの方は殆どいませんでした。アオザイもう死んだのか?
 
Dsc_9733
 
手描きとみられるペイント。桜に富士山のような気がするが漢字は意味不明です。
 
Dsc_9946
 
ベトナムでは実に合理的な乗り物です。寒い季節はないし、夏自転車をこいだら死にます。でも、豊かになって自動車が増えたらえらいことになりますね。
 
ベトナムツーリングは楽しそうです。国際免許のシステムがなく相当曖昧。保険とか掛けられるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

ミーソン遺跡

先週は六一の会で勢いで海に入ったが、この寒さではもう耐えられない。家でウジウジしている。世間は明日も休みだと知った。

Dsc_0299
 
雨のミーソン遺跡。ホイアンからバスで1時間半。
 
Dsc_0370
 
ここではガイドも解放してくれて、各々散策を楽しみます。あいにくの雨ですが風情があります。
 
Dsc_0321
 
象さんもおるがな。
 
Dsc_0330
 
このように植物のなすがままになっていますが政府の方針のようです。
 
Dsc_0381
 
ここにも小さな森が。
 
Dsc_0338
 
宮崎駿はここで「ラピュタ」の発想を得たという。ウソですけど。
 
Dsc_0368
 
スケールは小さいけど世界遺産です。
 
Dsc_0334
 
4世紀にはじまり、現在のレンガ造りの建物は8世紀から13世紀に建てられたという。チャンパ王国の聖地です。
 
残念ながらお顔はどれも盗まれたか?壊されていて、これなどは後補したものが風化したようです。
 
Dsc_0351
 
この方はオリジナルのような気がする。
 
Dsc_0356
 
ほんで~、やっぱりミーソン遺跡には美人が多いのどすえ。
 
Dsc_0386
 
この画像はクリックで大きくなります。
 
Dsc_0395
 
こんな所で肉弾戦したらヤンキーには勝ち目がないな。だから枯葉作戦なんてことをしたのだろう。ほんま、無茶苦茶ですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

ダナン博物館

まだまだベトナムネタは続きます。お付き合いください。

Dsc_0481
 
最終日、ハン市場で買い物をする前に「ダナン博物館」に寄りました。
 
Dsc_0460
 
全部人間ハンティングの道具です。
 
Dsc_0463
 
ナパーム。人間バーベキューじゃな。アメリカの化学者は何を混ぜたら、重量比で効率よく殺せるか研究していたそうです。
 
Dsc_0466
 
ランボーじゃないぜよ。
 
Dsc_0465
 
これを首に巻いた写真を見たことがあります。大口径の直撃を食らうとこのようにバラバラになります。
 
Dsc_0477
 
気分を変えて、トイレでは事前に用意して個室に入ります。トルコにもあった。
 
Dsc_0471
 
まるでトーテンポール!南方の民族なのにカナダエスキモーの住居と同じです。
 
Dsc_0470
 
彫刻も同一と言ってもいい位、酷似しています。
 
その点、日本は少し違うが、縄文以前の遺物が発見されてないだけかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

ベトナムの犬

毎日寒いんですけど。

Dsc_0050
 
ベトナムには結構犬がおりました。雨期の涼しい時からのびていたら、夏はどうすんじゃい。お姉さんが持っているのはパイナップル。
 
Dsc_0062
 
スリムな奴。
 
Dsc_0072
 
俺のバイクに触るんじゃない!
 
Dsc_0099
 
目ヤニ取ってくれよ~。
 
Dsc_0145
 
どういう状況でも、痒いものは痒い!
 
Dsc_0181
 
かなり秋田犬っぽい。
 
Dsc_0165
 
「日本橋」にいつでもいます。サルも。
 
Dsc_0187
 
「やる気なのか!?」
 
Dsc_0189
 
猫を見たのはこの一匹だけでした。すぐバイクにはねられるから生き残れないのか。
Dsc_9820
初日のホテルの番犬?
 
ベトナムでは狂犬病の予防接種がありませんから、近寄らない方がいいです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

帰って来た。

ら、寒さが身に沁みます。

Dsc_0455
 
ダナン最終日の朝。こんな波は滅多に来ません。その後はダンパーだし。どこに来るか分からないし。ベトベトのウエットを持って帰るのも嫌だし、波乗りはなし。
 
博物館に行って、ハン市場で買い物をして空港へ。バーガーキングでセットにハイネケンを付けて1300円?現実に引き戻されます。ビーフって言ったのにチキンだし、ボリュームは満点。ベトナムではよくあることです。
 
Dsc_0492
 
関空到着は夜の9時。
 
サンダル・半パン・ランニングで降り立つ。喫煙ルームで大阪のおばちゃんに「寒いわ~。」と言ったら「あんた、私もビックリしたわ!」
 
Dsc_0494
 
ますます、現実に引き戻される。
 
Dsc_0499
 
もう家に帰る便はないので、予約していた空港の最新カプセルホテル。まあまあですが、高過ぎるとは思う。足元見てるとも言う。
 
Dsc_0505
 
早朝、3回電車を乗り継いで和歌山港へ。
 
Dsc_0518
 
フェリーで徳島港へ。これも旅の延長として楽しむしかない。幸いハイエースは盗難されていなかった。
 
Dsc_0523
 
高速の峠越えは帰りも雪だった。
 
Dsc_0526
 
ユキちゃんはモモと一緒で、最初はボケていた。その後、熱烈歓迎。
 
Dsc_0536
 
今夜はこれで宴会です。殆どは見つかったら没収されると思う。毎度のことです。中身は私も知らない。バナナの葉に包まれているのは多分ハム。しかし、常温で何日も吊るしていたと思うのですが。
 
前泊と後泊も含めると7泊8日の旅でした。出発前はどうかと思ったけど『旅は行ったもん勝ち!』やね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

名ガイド

本日の午後、ダナンから帰ります。関空で一泊しなくてはなりませんから、家にたどり着くのは明日になります。

Dsc_0236
 
あいにくの雨でした。雨期だからしかたない。
 
Dsc_0244    
 
ホテルの朝食。ドラゴンフルーツは初めて食べたけどあっさりして美味しい。ホー、ぬるいぞ~!コーヒー甘くてうまいぞ~!
 
Dsc_0240
 
ホイアンが欧米人に人気なのは近くに田園が広がっているし、田植え経験とかなかなか頑張っているからか。宿主に聞くと、ちょっと自転車で走れば、知られてない静かな寺院もあるとか。
 
Dsc_0247  
 
あさ、ミーソン遺跡ツアーです。全員のピックアップに40分ほどかかる。バスのスピードメーター動いてないんですけど。
 
Dsc_0264
 
ガイドと一緒に行動。売店で使い捨てポンチョを買う。
 
Dsc_0403
 
出発点までは電気ミニバスで移動。
 
Dsc_0268
 
遺跡は戦争中、北の拠点となっていたので、爆撃されてあちこちにクレーターがあります。
 
ガイドさんはアメリカをボロクソに言ってから・・・・「今日はアメリカ人いるかな?」「おるで~!」
 
Dsc_0293
 
「おるで~!」のおっさんはちょっといじけていた。
 
Dsc_0282  
 
「この首を盗んだのは誰と思います・・・・・・・フランス人ですよ~!」統治時代のことだな。今、フランスの美術館にあるそうです。
 
Dsc_0273
 
リンガを前に下ネタ連発!「このサイズは羨ましい。」   
 
Dsc_0283
 
クレーターも何も知らなければ丸い美しい池なんですけどね・・・・・・。
 
Dsc_0290
 
だみ声のガイドは名人でした。ちょっと感動。でも、平明な英語なのにもう半分も理解できません。残念です。早く、ポータブルの翻訳機出来ないかな。
 
Dsc_0291
 
ワンマンショー。後で質問にも丁寧に答えていた。
 
後ろの中国人青年は一人っ子でしょう。帰り道、お母さんに絶叫して一同シーンとなる。お母さん、可哀そうだったな。
 
Dsc_0296
 
こちらは女性リンガ。てか、中国人2人美人だったな。
 
Dsc_0387
 
このエリアがミーソン遺跡のハイライトです。ここの30分ほどの滞在のために5時間ほどのツアーですがその価値は十分あると思います。後ほど詳細をUPします。
 
Dsc_0398
 
大人気のガイドさん。
 
イタリア・グループ左の子が可愛いかった。休憩で一緒になった時話していたら、「後で日本にも行くで~。」ガイドしたら良かったかも。でもムッサイ2人も一緒だからな。美人ぞろいのツアーでした。
 
Dsc_0415
 
殆どの方は帰り道、ボートを選択しましたが、前回エンジンが壊れて漂流した経験があったので同じバスにした。でもバスも恐ろしいのは変わりありません。
 
まあ、面白かった。ダナンに戻って、夕方波乗りもした。最悪でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

世界入りにくい居酒屋 ホイアン編

・・・・・・があったと思い、ググってみた。おお!行った人もいるし、グーグルアースで仮想旅行する人もいるんだな。宿の近所には適当な店がないので行ってみた。

Dsc_0191
 
マップを撮影した。これが後で非常に役に立った。
 
Dsc_0192
 
歩いても30分ほどの距離ですが、タクシーのつもりが夜は全然いません。宿で自転車を貸してもらう。右側通行でライトも付いてないから恐ろしい。夜の街は昼間と違うし。
 
方向音痴の私は案の定、道に迷う。地図を片手にお店で聞くと、ベトナム人は親切に教えてくれますが、これが全く逆方向だったりします。なんとのう英語が出来そうに思いますが日本人と同程度です。聞くなら若い人に限る。
 
Dsc_0199
 
泣きそうになりながら到着。でも、大丈夫かよ。
 
Dsc_0223
 
日本人が一杯いたらどうしようかと思いましたが・・・・・・・ここに来るのは相当物好きです。
最初は一組だけでしたが8時頃でこの状態。夜が更けて賑やかになるようです。もちろん日本人はいませんでした。
 
Dsc_0205
 
独特な春巻き。カリッと中は半生。アジアの人は素材感を生かすのは上手ですね。エビ入りで100円。
 
Dsc_0203
 
なんか、お相手する余裕がなかった。酔っぱらって自転車で帰らんといかんし。
 
Dsc_0208
 
フィッシュなんとやらはすり身のスープだった。左が店主自ら作るという爆弾酒。その辺のペットボトルに詰めています。
 
Dsc_0213
 
麺を追加してもらった。
 
Dsc_0214
 
こんな感じになります。
 
Dsc_0211
 
ご家族で経営されています。
 
Dsc_0216
 
メニューにはカエルの皮とか、蛇とかネズミとか書かれています。
 
Dsc_0218
 
最後に他のお客さんのを見て頼んだホルモン?旨かった!けど、歯ブラシが黄色くなって取れないんですけど。
 
ビール2本頼んで合計¥500ちょっとでした。ビックリ。昼のチャーハンと同じでした。
幸い、帰りは迷うこともなく宿にたどり着きました。もうちょっといたかったんですけど。ちびっと、ホイアンの好感度UP。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

ホイアンはガッカリ!

Dsc_0034

10時からタクシーでホイアンに移動。メーター制でボラれることはありません・・・・がつり銭は微妙な時があるかも。どっちにしても安いし。
 
Dsc_0032
 
15年前のハノイのラッシュ時は、タクシー車体とバイクのハンドルグリップの距離は2センチでした。見切りがすごい。時々こすって運転手が怒鳴っていた。
 
Dsc_0043
 
ベトコンが頑張れたのは、何もしなくても水稲が育つ豊かさで、食料に不自由しなかったからだとも言われています。
 
Dsc_0069
 
ホイアンは欧米人多し!レンタルバイクのお姉ちゃんは頭にGプロ。
 
Dsc_0148
 
ベトナムは歩道が駐輪場になっていて歩けません。縁はご丁寧に傾斜になっています。誰も歩いてないし。
 
Dsc_0124
 
ホテルに着いて今日も自撮りしてみました。元気ですよ~。
 
Dsc_0177
 
初日に会ったオジサンがホイアンはいいと絶賛していたので来てみたのですが、原宿状態でした。古い町並みって、アジアでは普通にあるがな。自分的にはガッカリ名所ですね。輪タク2台目のオヤジは爆睡していた。
 
Dsc_0159
 
皆さーん!ここがテレビでもお馴染みの日本橋ですよ~。中国人が記念撮影中。12万ドンもかけて総合入場券を買いましたが、見る価値のあるものは何もない。日本橋も入場券が要りますが、知らんぷりしても何も言われんし。
 
Dsc_0138
 
おまけに昼の焼き飯は美味しくない。高いし。やっぱり汚くて混んでる店でなくては。
 
まあ、明日のミーソン遺跡観光の拠点として来たのですが、こんなことならダナンからも、ちょっと遠いけどバスが出ていたのにな。
 
中高年の皆様、ホイアンは原宿です。足を延ばす価値はありません。ただ、薄着の白人ギャルは沢山見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庶民の居酒屋は、

朝、ウォシュレットがないのは違和感がありますね。冒頭から爽やかな話ですみません。

Dsc_9980
 
海岸通りを居酒屋へ。徒歩20分。泳いだら普通に寒いと思います。
 
Dsc_9983
 
ぼんぼりを見ながら、
 
Dsc_9985
 
このサラダ、旨いがな~と食っていたら鷹の爪が一杯入っていた。全部取る。
 
Dsc_9986
 
骨だらけの鳥。日本にはないスタイルです。これでいいがな。
 
Dsc_9991
 
ベトナムムードたっぷり。
ビールが常温で、氷を入れて貰わなくてはならないのが庶民の居酒屋です。
 
Dsc_9998
 
オーナーは事業拡張を考えているらしい。夏はもっと沢山来るのだろう。
 
Dsc_0014
 
タクシーで帰って、ホテルのバーで飲みなおす。
 
Dsc_0009
 
昨夜は生演奏あり。
 
Dsc_0012
 
俺の流暢な英語が理解できないようなので、
「妙な声で街を流している煙の出るバイクは何屋?」と筆談。絵が上手くて良かった~。
肉まん売りでした。残念なことに掃除のおばさんのほうが絵が上手かった。
「日本だったら焼き芋やで~!」と教えてあげました。
 
Dsc_0019
 
草のカクテル。
 
Dsc_0020
本日は宿に荷物を預けて一泊でホイアンに出かけます。
 
海のコンディションは24時間オンショアで、良くなったり悪くなったり。サイズは上下しますが殆ど同じです。だからお椀の船も漁が出来るのでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧