カテゴリー「木工」の573件の投稿

2019年5月 8日 (水)

栃杢バンダジ

今朝は7℃と肌寒く、散歩ではフリースよりダウンが欲しかった。

Dsc_5174

漆の色も落ち着いてきたのでHP用に写真取りをしました。

ギラギラは良しとしよう。次はもっと落ち着いた板を使ってみよるつもりです。

Dsc_5175

ポンポンは庭にあったもの。左側からレフ板をあてています。まあ、キャンプ用の断熱シートなんですけど。

Dsc_5177

結構収納はあります。実用で使う方は少ないでしょうが・・・・・・て言うか、買う人がいるかどうか?

Dsc_5179

引き出し部分は朴。やっぱり底板にもべニアは使っていません。

この商品でべニアを使っていたらお客様も興ざめすると思います。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

ソリッドモデル

ネットをしていると「ヤフオク」の広告が入ります。模型飛行機とか見ていたらドンドン出て来ますね。その中にソリッドモデルというのがありました。木の塊から削り出して作るという。職業柄、後学のために完成品を一つ求めてみた。

Dsc_3430_4 

1930年代のデハビランド社の機体ではないかと出品者は言っております。製作は名人の伊神氏という方らしい。全幅184㎜ 37g。

Dsc_3449_3

手のひらに載る大きさです。

Dsc_3454_5

星形8気筒のエンジンは一つが米粒大。そこに排気管とヘッドのバルブを動かすロッドが2本付いています。一部塗料が剥がれていますが樹脂で自作したんだろうか?

前方に客室があり遊覧飛行したのでしょうか?内部にシートも付いています。

Dsc_3438_5

コクピットには操縦桿も。

Dsc_3455_4

信号灯は0,5ミリくらいの太さでしょうか。

Dsc_3436_4

美しい~。全ての翼に布張りの凹凸が付いている。尾翼は控えめ。

Dsc_3445_4

機体の中央下に小さな穴。どこをどう省略するかが腕の見せ所なのでしょう。センスいいですね。やっぱり美意識が大事よ。

Dsc_32156 

ちなみにWikipediaから拝借したソリッドモデルのキット!マジかよ、こんな部品だったら作業場にいつでも転がっているぞ。設計図もこれじゃ~どうしようもないから資料も集めなければならなかったでしょう。

しかし、割とリーズナブルに購入出来ました。これは陶芸の大先生の器がヤクオフで1/10で購入出来るのと同じなのでしょう。手作り職人つらいな。

 

| | コメント (3)

2019年4月 5日 (金)

バンダジ出来た。

去年のブログを見るとタケノコのシーズンが始まっているので、裏山に鍬をもって上ったがどうも気が無い。年によって違うのだろうか?

Dsc_3321

モダンバンダジ完成。どうも縮み杢のせいか?カメラのピントが合いません。今は赤黒く焼けていますが2か月ほどで漆が透けてきて色はもっと薄くなります。

Dsc_3327

普通玄関先などに置くと良いと思いますが、ベットサイドに置いて夜中に小腹が空いたらここからエビフライを出して食べるのもお洒落ではないでしょうか。他に、ツチノコの子供・キュウリ2本・トウモロコシの芯なども収納出来ます。すごく便利だな。

Dsc_3328

こちらは大収納です。吊り引出しなので抜き差しはスムーズです。

Dsc_3333

「お客様、ご主人のためにどうぞ買ってあげて下さい。」

Dsc_3339

なんかエラそうだな。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

どうなるか?

元号が決まりましたね。個人的には「広至」というのがカッコいいと思うのですが。しかし、昨日はどのチャンネル回してもアベちゃんが出ていてうっとしかった。

Dsc_4810

バンダジ2棹の一回目の拭き漆完了。出たがりの犬。

Dsc_4814

ちょっと目がチカチカする。漆が透けてきて斑の模様が出るかな?

Dsc_4815

濡れた布で覆って乾かします。正確には硬化させるか?室温が低いので手前の温室用プレート(200W)を入れていましたが、どうもパワーがあり過ぎるのでヒヨコ球(100W)に替えました。なくても朝までには乾くと思うが。

あまり温度を上げても乾かないし、導管から漆がしみ出したりします。漆の仕事は微妙で長年の経験が必要です。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

バンダジ木地の完成

本日は冬に逆戻りした感があった。寒風山のライブカメラでは積雪が確認できました。でも、大分春に押されている。

Dsc_4786

モダンバンダジの木地がやっと完成しました。小さいので割と楽ではあった。

明日からマスキングして拭き漆で仕上げますが、オイル仕上げでも良かったような。

Dsc_4790

展開するとこうなります。しかし、バンダジに実用性を求める方は少ないと思う・・・・・と言うか、バンダジを求める方自体いないような気がします。オプションでシークレットポケットの設置が可能です。ドロボーには分からないと思いますが、マルサは難しい。

Dsc_4791

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

バッサリ!

大分暖かくなってきましたが春の息吹というのはあまり感じられない。

Dsc_4671

新しい自由制作が始まりました。

以前は秘蔵の一枚板を裁断するのは中々勇気がいりましたが、注文もないし、老い先が知れて来たので気軽に使えます。それに在庫をドンドン使わないと倉庫が一杯になってしまいます。

私は自己流で始めたので丸鋸の使い方が上手くありません。ロックしたら恐ろしいので荒取りは時間がかかってもジグソーでやります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

完成。

震災から8年。Uチューブで津波映像とか見ていた。忘れた頃にやって来るのか、明日なのか。

Dsc_4670

猫足ドレッサー出来ました。何てことないけど苦労しました。
天板にレーザー加工機で縁取りのラインを2本入れても良かったかなとは思います。わざとらしいか?

Dsc_4659

裏には引き出しの抜き差しを楽にするための空気穴を開けています。普通どうすんじゃろ?木工の基本を知らないので分かりません。

Dsc_4668

引出しの底板も山桜の無垢です。今回はつまみを除いて全部山桜です。大きな盤2枚を消費した。2/3以上がおが屑と焚き物になります。

引出しの深さは注文主が「スプレーとか全部納めるために220しして。」とおっしゃいました。ダサいとか言われたら厭だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 6日 (水)

一層ずつ。

昨日はお誘いがあり、飲みに出たが汽車の時間を間違えて、慌ててタクシーに乗りました。かつてないことです。先が思いやられる。

Dsc_4615

マスキングして初回の拭き漆完了。初回はムラが出やすいので極力ヘラは使わないようにします。しかし、猫足は塗りの段階でも厄介なことが判明。

Dsc_4612

フレームを組んで・・・・

Dsc_4613

濡れた大漁旗を被せます。

Dsc_4610

2回目が乾いた状態。2回でもいいと思うのですが、6回塗ります。

Dsc_4617

山桜は密な材なので3回目でそこそこ艶が上がって来ます。

Dsc_4620

4回目終了。見えない底の部分はやや拭き取りを甘くして4回で止めます。面倒だから。
後2回で長かった猫足ドレッサーは完成です。

しかし、拭き漆は段階が進むにつれ、木地の仕上げの欠点が見えてくるので困ります。まあ、やり直しが必要なほどではないのですが。また、ひっくり返していると、回を追うごとに僅かに傷も付いてしまします。でも、大抵は老眼の進んだお客さんなので大丈夫です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

木地完成。

Dsc_3192

本日は日曜日だったが振替のウィークデイ。しかし~、古くなったトランスの交換で停電することを忘れていた。幸いすぐに復旧した。クソ電力会社も現場の人は礼儀正しくて気持ちが良い。

Dsc_4589

引出しを接着する。当て木は少し円弧状にして全周に圧が掛かるようにしています。プレス機をセットするのが面倒だったが、これも似たようなもの。やっぱり美人の助手が要る。

Dsc_4593

旋盤でつまみを作っています。スキューチゼルが使えないとどうしようもない。

20193

ここまで加工して切り離します。

Dsc_4602

最初の詰めが甘かったために3セット程作る。つまみも中々奥が深いです。

Dsc_4609

明日から拭き漆の行程です。まだ寒いから乾くかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

猫足は10倍・・・・

今日はバイクであちこち用事を済ませましたが寒くなかった。

Dsc_4536

猫足の片方の面を造る。この作業にはオーバーヘッドルーターが便利です。でも刃物がむき出しなので恐ろしいです。油断していると指5本簡単に持ってゆかれます。

Dsc_4539

このように加工します。

Dsc_4541

でも結局、際は鑿で仕上げなければなりません。やってみたら猫足、無茶苦茶手間が掛かりますね。トホホ。

Dsc_4552

それでもどうにか形になって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧