カテゴリー「木工」の553件の投稿

2018年8月21日 (火)

ついに・・・

イチロー選手からバットの依頼が来ました。

Dsc_3205

・・・・・というはずはありません。

出入りの機械屋がお得意さんの工務店の親父に頼まれて、俺のところに持ち込まれた案件。

何でも孫の夏休みの工作に使うという。「元教員としてはそんな依頼は受けられません!」とは言いませんでした。これをベースに絵でも描くのでしょうか?

見本のバットと共にきた材料はヒノキの芯持ち・節だらけの材。工務店はこんな材しか持ってないのか?多分そうなんでしょうね。まあ、強度はあるかも。

案の定、節がバチバチ飛ぶのでフェイスガードが欠かせません。

見本のバットは何層にも積層した竹材のようでした。確かプロ野球のバットは集積していないアオダモと聞きましたが。この道も奥が深いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

一歩も出ずに、

・・・・・・犬の散歩はしてますが。

もうすっかり夏って感じですね。すでに脱ぐものがないんですけど。

Dsc_2020
 
ささっと刃研ぎをすませて、5枚で5分くらい。
 
Dsc_2085
 
小円卓の表面を削ります。
 
Dsc_2086
 
ナンチャッテ手作り風に仕上げます。
 
Dsc_2073
 
自由制作もそれなりに急がねばならぬ理由がある。しかし、注文仕事が終わったらしばらくゆっくりしよう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

水平線

今朝は寒の戻りというには5月ですけど、9℃であった。

Dsc_1857
 
県東部へ配達に向かう。赤野海岸。ドン深で波乗りは出来ません。コンクリートで玉石作って全体に放り込めばいいサーフポイントになるのですが。防波堤の代わりにもなるし。
 
Dsc_1858
 
こちらは時々サーフ可。この写真、本日の配達と関係あり。
 
Dsc_1843
 
先日の船のオモチャはこうなりました。
 
Dsc_9234
 
総ケヤキ造り。
 
Dsc_1885
 
こういうことなんどすえ。
 
造船関係のお客様。私が離れの床の間のデザインをしました。しかし~丸窓を開けるのは聞いていたが、壁がツートンカラーとは!しかも青!
 
何ぞ掛け軸を見繕う予定でしたが、無理無理。明る過ぎてお軸も痛むし。で、ヤケクソこうなりました。蛤刃薄板も私の作です。台とかいろいろ試しましたがこれが一番スッキリします。
 
Dsc_1887
 
お孫さんが帰って来る時使うそうですから、これでいいんじゃないでしょうか。全体に浮かれ過ぎているから、版画は同系色で渋いトーンの物を選びました。コレクションも無駄ではない。
 
Img_20180428_123306
 
これがラフ案です。
 
Dsc_1881
 
小さいのは手洗いへ。
 
Dsc_1890
 
酢豚定食を食べて帰りました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

額装

連休後半は結局ダラダラと仕事をした。これでは結局仕事ははかどらない。しかし、何となくそうなってしまった。

Dsc_1812
 
額装のマット切りにレーザーカッターを使いました。出力100%で50ミリ/秒。やった事がある方なら分かると思いますが、カッターナイフで厚紙を切るのはしんどいです。
 
Dsc_1814
 
正確無比。便利なもんやね。でも、表から開けないと裏にヤニが付きます。
 
Dsc_1816
 
フレームが大きい場合はクランプでコーナー金具を仮止めするとアタフタしません。
 
Dsc_1820
 
45度のカットは・・・・
 
Dsc_1822
 
この道具を使いますが、大きい方はレーザーカッターで切りっ放しにしてみました。
Dsc_1824
 
まあ、これもいいんじゃないでしょうか。
 
Dsc_1828
 
出たがりの犬じゃな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

本日、裏山登山したらユキちゃんはダニだらけになった。シャンプーしたがそっちの方が疲れました。

Dsc_1811
 
現在、お風呂で遊ぶボートの製作中です。
 
Dsc_9174
 
船底はほとんど見ることがないので、想像で成形していますが、ヨットや高速艇以外、ほとんど箱ですね。でも、あくまでイメージだから良いのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

お客様から、

本日は久々に買い物などもした。最近はネットで買うので出歩くことは殆どない。よって、犬と老人の顔しか知りません。

1
 
先日納めた山桜のテーブルの写真をお客さんが送ってくれました。こういう状況ですから、天板の角は少し丸くしています。
 
しかし~、ソファーで食事をするのは私ぐらいの年齢になると腰が痛くなるのではと思います。
 
Tonakai    
 
今では世界的となった宝飾メーカーの展示会の様子。社長が大変気に入ってクリスマスシリーズでは必ず私のトナカイを使ってくれます。凄く壊れやすいのに大事に使ってくれています。素朴でラフな感じが引き立て役になるのでしょう。
 
トナカイは3500円ですけど、ここの大きなブローチなんかは3500万もするんです。トナカイさん3頭とどれか交換してください。
 
それにしても写真のアングルが悪い。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

秘密!

シリアが毒ガス攻撃したというのは今回はどうも嘘っぽいと映像を見た限りでは思います。しかしもう、大国の思惑が絡んで何が何やらよく分かりません。

Dsc_1636
 
今晩は!新作家具のプロトタイプが完成したのですがまだお見せ出来ません。
 
『肉、たらふく食わしてくれるなら俺が教えちゃる。』とユキちゃんが言っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

初夏

冬からいきなり初夏になりましたね。これからこういう気候が当たり前になってゆくんだろうか?

Dsc_1508
 
本日も真面目に拭き漆。暖かくなってよく乾くので、その気になれば1日3回塗れます。でも、それはちょっとしんどい。
 
Dsc_1513
 
お客様が特別感をというので楔にレーザーで印字してみた。この位で勘弁して下さい。
 
Dsc_1509
 
天気もいいのでユキちゃんを洗車ならぬ洗犬した。「キレイキレイしましょうか?」と言うと横目でチラ見して逃げて行こうとします。それでも本日は濯ぎの段階で割と気持ちよさそうにしていた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

一気に!

今日は製材の日であった。

Dsc_1276
 
午後一番から楠2本を挽く。
 
Dsc_1282
 
広い盤を取ると重くて運べないので、まず半分に割って柾板を取ります。
 
Dsc_1299
 
俺も知らなかった挽割った片方を保持する装置。
 
Dsc_1305
 
これがないと転がってバンドソーに当たります。
 
Dsc_1306
 
どっこいしょっと!
 
Dsc_1312
 
もう、銘木商のOさんにお世話になりっぱなしです。
 
Dsc_1314
 
もう、ついでに木口にボンドを塗って輪積まで手伝ってもらいました。
 
Dsc_1315
 
夕方には終了した。昼寝しなくても働けるものですね。
 
今夜はこれから花見なので特急の更新でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

大物はもうしんどい。

体調が回復しつつあるので、2週間ぶりにプールで泳ぎました。意外に体力はさほど落ちていない。

Dsc_1254
 
山桜の一枚板のテーブルの仕口(接合部)が完成。成形・面取りなどの加工はこれからです。
 
Dsc_1255
 
脚は2本で。
 
Dsc_1256
 
今回はちょっと変わった形状なので貫通部が長い。
 
Dsc_1257
 
アリ溝に収まった状態です。ドンピシャでした。一応、プロだから自慢にならんけど。
 
年のせいか大物はもう辛いですね。木の芽時の体調不良もありますけど。
これが自由制作ならエイヤッ!と気力が充実した時に仕上げるので何とかなりますけど。
 
Dsc_1258
 
ホゾの抜き差しは機械でやれるようになったので随分と楽になりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧