カテゴリー「グルメ・クッキング」の267件の投稿

2019年8月 2日 (金)

スッポン

暑い上に、なんだか嫌なニュースばかりですね。

Dsc_5883

入野ローカルの若者が、はえ縄で獲ったスッポン2匹をプレゼントしてくれました。ウナギが目当てでスッポンは要らないとのこと。

まずは生き血。殆どはワインなんですけど。

Dsc_5884

塾長宅に集まった5人中、私も含めて3人は裸族。下もはいてません。

痛風のKちゃんは金麦で自衛。

Dsc_5886

塾長はネットを見ながら2時間かけてさばいたそうです。『首を掴む。』って引っ込めるし、危ないし、それに時間を取られたそうです。

口をペンチで挟んで、しばらくぶら下げておくことで解決したとのこと。

Dsc_5889

これは高知県しか食べないのか?りゅうきゅうの酢の物。

Dsc_5890

シンプルにネギと豆腐だけ。

Dsc_5895

絶品でした!食感は鶏肉に近いです。

Dsc_5896

箸休めにタコ飯。

Dsc_5898

最後は当然雑炊で〆。久々に旨いものを食べた。次はミドリガメに挑戦か?

以前、お得意様と京都の名店にスッポンツアーを企画したことがありましたが、これなら全く必要ないな。こっちは天然ものだしな。

精が付くとの話でしたが、本日特にそのような兆しはありませんでした。

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

ホテルなはり

梅雨明けとはいえ、蒸せます。

Dsc_4398

昨日は県東部へ出張。いろいろありまして・・・・。

Dsc_4376

打ち合わせの後、K社長に『ホテルなはり』で御馳走してもらう・・・・痛風なんですけど。

左のしらす干しは魚の内臓が一番悪いので食べなかった。右のカツオも良くないけど食べた。

Dsc_4378

B級グルメも出してくれます。やっぱり酒飲みはこういうのが好き。

Dsc_4379

マグロプレートはやさしいお味です。

Dsc_4382

魚の燻製各種。

Dsc_4387

〆は出汁をかけて。

痛風は2日目の朝(昨日)、悪化していた。ホテルに泊めてもらって、今朝は改善していた。

痛風を促進するものばっかり食べたのに不思議だ。日本酒も相当飲んだしな。

Dsc_4403

ユキちゃんも無事お仕事を終えました。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

夏の料理

良く降るな~。

最近の悲惨な事件の数々、これがアベちゃんの言う「美しい日本」なんでしょうね。

Dsc_5759

塾長がウナギを釣って来た。直径3センチ以上の大物だったそうですが、天然ウナギは焼くと縮んで標準サイズになります。

Dsc_5765

山椒を効かしてまいう~。

Dsc_5756

自炊しているとこういうのが御馳走になります。ワカメは当然観音寺で採って来たもの。

Dsc_5659

揚げ煮?手の込んだものはやっぱり美味しい。

Dsc_5758

手が込んでなくても旨い。

Dsc_5656

チヌのお刺身、イタリア風。何ちゅ~うんでしたっけ~?

Dsc_5703

これは私の作。肉豆腐。豆腐は安くておいしいからよく使いますね。大村益次郎も共感するだろう。

Dsc_4307

メインはお刺身じゃなく、ワカメのメカブです。

Dsc_5854

スーパーのワゴンセールは必ず覗きます。

信頼の湖池屋ですが、「肉吸い」というネーミングがいけなかったのか?

高知では聞いたことなかったけど、Wikipediaで見ると中々面白い。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

貝の夕べ

本日は遊び過ぎてだるかったのでデスクワークをした。

Dsc_5414

壺焼き?は煮汁がまけてしまった。おっと、「まける」は中四国地方の方言らしい。こぼれること。

やっぱりアウトドアで七輪で焼いた方がずっと美味しい。貝と醤油の焦げる匂いがたまらん。

Dsc_5417

イタリア風にオリーブオイルで。この貝のクッキングは研究の余地がありそうです。

Dsc_5418

観音寺のワカメ。

Dsc_5421

塾長が一尾¥300で仕入れたイセギ。上等でした。

Dsc_5425

慌てて少し食べたけど、炊き込みがこの貝では一番美味しかったかも。

沢山採ってきたようでも、貝殻外すとチョッピリなのね・・・・は、どの貝も一緒ですね。

| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

炊飯器

千秋楽、見てなかったけど大統領にソファー席とはやり過ぎじゃろ。ほんまに安倍外交センスないな。でも、メディアもアベバカに寄っかかって来たな。怖いな。

Dsc_5307

いつも通り、ここからは小市民的な話題です。

完全自炊になって早3か月。昔、金髪女が帰る時に置いていった炊飯器を使っていましたが、今一でした。奮発して3.5合焚きIH炊飯器を買いました。そんなに高いのじゃないです。

確かに大分美味しくなりました。以前のはタイマー予約が1つしか出来なかったが、2つになったのも有難い。

Dsc_5366

ユキのペットフードを買う時は32ℓのリュックで行きます。

ネギやゴボウはサイドポケットを利用すると良いです。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

欧州旅行?

近所のお得意様が連休中の欧州旅行の報告会を開くという。

Dsc_5210

「え!いつの間に?」

「奥州旅行だよ。」

なんと9泊10日で高知から車で青森の下北半島まで行って来たという。しかもフェリーは使わず。

Dsc_5218

この学校は犠牲者も出ず、震災遺構として残すという。右上の破損は流れて来た自動車がぶつかったもの。

Dsc_5220

既に案内板も出来ている。

Dsc_5213

プレミアがついて高値の「森伊蔵」。上品な味だが特に旨いとも思いません。世間とはこの程度のものです。

Dsc_5225

和紙張り箪笥を有効に活用して頂いております。

Dsc_5224

一品持ち寄りだったので、俺はチャーハンを作っていった。その中に残った御馳走を詰めて頂きました。また、酒が飲めるぞなもし。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

ワカメの処理

ワカメの収穫にはモンベルの水遊び用のメッシュのリュックサックが大変有効でした。多分、最初に担いだ時は30キロ位あった。腰が上がらず。徐々に水が抜けて軽くなります。砂浜をバッカンなどで運ぶのは大変だと思います。

Dsc_5139

大半は塾長宅に回して、私はこの位を処理しました。まず、水洗いして傷んだ部分を捨て、葉と茎、メカブに切り分けます。

Dsc_5140

まず、茎とメカブを煮ます。それから葉。色が変わったら取り出します。

Dsc_5141

大量に塩をして・・・・・

Dsc_5144

ギョエー! 1/10位になりました。「青菜に塩」とはまさにこのこと・・・・違うか。

一度水を切って再度塩をしたら完成。一晩おいて水を切るとかネットに書かれていますが、30分で十分のようです。塾長のアドバイスとネットを参考にしながらの作業でしたが、難しくはなく一度やったら楽勝です。天変地異の時は役に立つと思います。

ちなみに塾長は大量の処理に3時間かかったそうです。

Dsc_5147

昨夜は早速、生ワカメの料理を頂きました。

Dsc_5148

マイウ~。

Dsc_5151

少々飽きて来たマテ貝。ニンニク風味。

Dsc_5155

これは私がスーパーで買ったアナゴ。

Dsc_5152

〆の吸い物。

Dsc_5133

帰ったらユキがいじけていた。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

初物

本日は冬に逆戻り。子供たちが雪だるまを作っていた・・・・程じゃないですが。

P1070686

磯にへばりついている地牡蠣。採るのは比較的簡単ですが・・・・

P1070693

こじ開けるのは、ちと厄介。でも味は濃い。

Dsc_4913

キスも時期なのでしょうか?小さいのはメゴチ。

Dsc_4917

小鯛とキスの手毬寿司。「米が多過ぎた」とは塾長嫁の弁。

P1070698

アサリのスパに何を摺り下ろしたのか記憶にありません。

Dsc_4915

旬のイタドリと蕨の酢の物。

Dsc_4918

「桂」の酒の一杯入ったカステラ。

Dsc_4919

クルミ入りの・・・・何だっけ?痴呆が進行しております。

Dsc_4978

オマケの「珍々亭」B級グルメ・鳥皮ポン酢。

Dsc_4985

エスペランサのサンドウィッチ。

どれも変わり映えがなくてすみません。

| | コメント (2)

2019年4月21日 (日)

タケノコ丼

う~、漆の仕事がうまくいかない。

Dsc_5003

タケノコの煮たのをご近所におすそ分けしてもまだあります。

3分クッキングしてみました。汁は煮汁を使いました。簡単ですけど・・・・・そんなに美味しくない。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

IHコンロ その後

今日は終日雨であったので読書などをして過ごしました。

Dsc_4862

片側オールメタル対応にしたのは大正解でした。アルミや銅鍋を持っている方にはお勧めです。でも、土鍋やセラミックは無理。どうせならオールマテリアル対応にして欲しかったな。

Dsc_4909

生まれて初めて干し大根の煮物を作ってみました。

多めに作ったので隣の両親にも分けた。母親が「美味しかったけど誰にもらったの?」「わしが作った。」「ヒィ~!」干し大根は近所の良心市で買いました。それが良かったのかも。でも、私はゴリゴリ硬い方が好み。

ちょびっとピリ辛に胡椒を散らしてます。鍋蓋がないのでアルミ箔で代用した。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧