カテゴリー「ハイエースの改造(キャンピング)」の60件の投稿

2019年2月18日 (月)

豪華装備

ハイエース・キャンピングで検索して当ブログに来る方がいまだに多いです。木工の注文には繋がりませんが。

Dsc_3069

電気屋M﨑君の力を借りて年末に取り付けたオートライト。暗くなると自動で点灯。今では軽自動車でも上級グレードには付いています。

もっと早く付けるべきでした。トンネルの多い高知県では非常に便利。僅かな金額ですから全車に標準装備するべきです・・・・が、上級グレードが売れなくなるからな。

Dsc_3066

前後ドラレコと一体になった液晶バックミラー。私の車にはバックモニターが付いていますが、なにせ古いのでナビから切り替わるのにタイムラグがあります。友人のハイエースが後ろを常時モニターに写しているのを見てこれはいいと思っていた。

視野が広くて合流とかにも便利です。まあ、走行中はルームミラーはあんまり見ませんけど。1万円ちょっとでした。中国万歳。いつ壊れるかは分かりませんが。

Dsc_3075

リアカメラは室内取り付け。配線が少し見えていますがこの位は勘弁して下さい。

しかし、ドラレコって役に立つと思います?友人は夜、おかま掘られてそのまま逃げられたのですが、どうせ飲酒でしょうし、捕まえても金もないだろうからどうしようもないですよね。

私の経験では事故をした相手は殆どの方が任意保険に入ってませんでした。そういう方が事故を起こすんですね。金もないから怖いものなしです。世の中、ある意味平等に出来ているな。私は任意保険を義務化するというか、自賠責の範囲をもっと広げるべきだと思います。

* 次はパープルの毛足の長いカーペットを敷いて、ミラーボール天井に取り付けてラウンジ風にする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

知らなかった軽四の白ナンバー

本日、クッション材を注文するのに、いつものショップでは廃番となっていた。慌てて検索したらASKULにあった。注文後、念のためモノタロウを調べたら何と¥8000も安かった。ASKULを断ろうと思ったが出来ないと言われた。やっぱり職人はモノタロウじゃね。死ねAKUSUL。俺もせこいな。

P1070665

近所で発見した白ナンバーの軽四ハスラー。黄色ナンバーに比べると男前が数段上がりますね。聞けば2年ほど前からラグビーやオリンピック記念の白ナンバーがあるという。注意して見たらボチボチ走っていた。

ふざけんなよ!そんな事なら何で不細工な黄色ナンバーなんか始めたんだよ。車体や税金が安いから差別的なナンバープレートを考案したとしか思えません。日本は終わっとるな。

*業界では欧州型の長細いナンバーになったら、日本の車のデザインも良くなると言われています。いっそのこと全部ローマ字表記にすればなおカッコいい。アベちゃんでもローマ字だと読めるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

ハイエースのヘッドライトの研磨

昨夕、散歩で体勢に入ったユキちゃんの又に道具を差し込んでいたら背中の筋を違えました。一晩寝たら治るだろうと思っていたがむしろ悪化して仕事になりませんでした。

Dsc_3933

すっかり曇ったハイエースのヘッドライトを本格的に研磨してついでにバルブもLEDに替える作業をしました。

バンパーも外してみたが、軽くてペラペラでした。

Dsc_3930

左側のボルトは綺麗ですが・・・・・

Dsc_3931

反対側はこの状態。表面を洗浄せずにメッキしたんだろうな。中華製と思います。最近の車に普通に見られる現象。安全に直接かかわりない部品の質は落としています。

Dsc_3936

何度かヘッドライトは磨きましたがすぐ元の木阿弥です。表面の傷んだ部分を削り落とすのが一番いいようです。1000番から6000番を使う。漆の仕上げ用の極微粒子コンパウンドを最後に使えば良かったと後悔しています。

Dsc_3938

コーティング剤を塗って完成。新車ほどではないが十分。どのくらいもつのかな?

Dsc_3941

LEDライトはローソクから蛍光灯に変わった位に明るく見やすい。年寄りには必需品かもしれません。

売りは「ポン付け出来る!」ですが、ハイエースの場合、あちこち分解してコネクターを外すのも大変だし、手も汚れる。それほど簡単ではなかった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

ハイエースのリアゲートダンパー交換

ハイエースも12年目であちこちガタが来て整備しております。

Dsc_3922

リアゲートが垂れて来るのを銛でつっかい棒していましたが、家具の出し入れに不便をきたしていた。更に、ここ一ケ月で急に根性無くして、ついに頭に激突してこぶが出来ました。上げたつもりで作業していると落ちて来ます。

社外品は激安ですがスーパーロングに合うサイズがなかった。また、シンプルな構造ですので中華製は不安です。

Dsc_3923

片側ずつ交換しますが、柱とジャッキでギンギンに持ち上げないと取り付け出来ません。穴がズレているのを斜めに揉み込むとネジ山が潰れてしまいますよ。

Dsc_3924

サイズは12番。ナットが奥まった所にあるのでT型レンチが必要でしょう。DIY中級コースです。作業時間は15分ほど。自信がないならディーラーでやって貰った方が確実。

バイクのフロントフォークと同じで伸び側はスプリングだと思っていましたが、高圧ガスのようです。だからシーリング材に傷がついたりしたら急に垂れてくるのでしょう。

Dsc_3925

ここの留め具は10年で破損して皮で作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

ハイエースのエアコン等、清掃。

先日、エアコンからの空気が妙に臭いのに気が付いた。これはちょっといかんじゃろ~。

Dsc_3601

早速ググって、アマゾンでフィルターと洗浄剤を注文した。まず、通り道をブローする。フィルターはハイエースには元々付いていません。職人の車だからな。

洗浄後、爽やかな匂いがして余計に気持ち悪くなるんですけど。

Dsc_3602

ついでに床の板の隙間をブローすると砂が出るは出るは!顔に当たって痛い。
12年目で杉板もいい味出しています。

Dsc_3624

座席センター部の物入は、ワックスと硬貨と犬の毛がグチャグチャに固まっていたのでドライバーで除去。

Dsc_3625

その後、灯油で拭く。しかし、カバーを強引に引っ張ったら取り付けの爪が折れたようだ。カポカポになった。

Dsc_3628

運転席のパワーウインドウは最後まで上がらなくなっていたが、シリコンスプレーを表裏に吹いたら回復した。悪いものじゃないのでふんだんに吹いてよろしいと思う。
Dsc_3631

リヤゲートのダンパーがへたってきた。このパーツは比較的高いのでつっかい棒でもするか?

Dsc_3627

タオルケットからお布団へ冬支度。助手席裏の収納を整理していたら5万円出て来た。これは昨年北海道に行った際の「隠し金」と思います。海外旅行の際には現金は分散して持つという癖が抜けていない。

Dsc_3629

海で使用した使い捨てコンタクトが張り付いたまま取れません。

まだまだ乗れるぞハイエース。ベトナムでスカスカのタクシーに乗り慣れて、愛車を運転したらクラウンの様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

息抜き。

たまにはバイクの話。暖かいので・・・・・

Dsc_8769
 
半年以上乗ってなかったTL125を出してきた。
 
カッコいいわ~。何で最近のバイクはガンダムみたいなんでしょう?車も怒ってるようなデザインだしな。
 
エンジンをかけるのに大汗かきます。バッテリーはマッチ箱程なので、当然上がっています。走り出すとキャブ車もいいもんですね。違いはよく分からんけど。
 
裏山の峠まで15分のドライブです。4 速でオートマのように走れます。軽四専用くらいの細い道です。帰り道、いい調子で走っていたらブレインドコーナーから郵便局のハコバンが猛スピードで!バイク1台分開けてくれたので何とか助かった。このバイクはブレーキドラムが小さいのですぐには止まりません。一応シューはDYTONAの強化タイプを入れていますが、多分純正に青いペンキを塗っているだけだと思います。
 
「あんた飛ばし過ぎじゃろ!」まあ、車は一日に数台しか走らないからな。
 
Dsc_8774
 
スイングアームにグリスの注入口があるので、
 
Dsc_8775
 
木工用のグリスガンで入れときました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

ハイエースのバッテリー交換

Dsc_8345

雨が上がって美しい夕焼けが見られたが、こういう微妙なトーンはパソコンでは難しい。寒くなりそう。
 
Dsc_9173
 
朝のエンジン始動が微妙になって来たのでバッテリーを交換しました。サブバッテリーも積んでいますが、いざという時、結線するのも大儀です。
 
今回はちょっと張り込んで2倍長寿命タイプ。
 
Dsc_9175
 
前回のバッテリーは約4年・4万キロ使ったことになります。
 
Dsc_9178
 
慣れれば5分と掛からないが、忘れているからな。重いし。
矢印のナットで固定していますが・・・・・
 
Dsc_9177
 
ステーのフックを掛けりるのは穴じゃなくて、その左の凹み。この穴、まぎらわしいじゃろーが!必要なレンチは10番。
 
ところで、保証期間は36カ月または10万キロ(どちらか早く到達するまで)と書かれていますが、アイドリングストップ車は18カ月または3万キロ。
ということは、走行条件によっては、ちょっとばかりガソリンを節約しても意味ね~じゃん。全然エコでもないしね。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

ハイエースの修理

ハイエースも11年目で快調だが多少手直しの部分が出て来た。ディーゼルで遠乗りメインだから燃費は11キロ、北海道では13キロ以上でビックリ!オイル交換は1万キロごとで十分です。

Dsc_8247
 
その1、10年目でオムニのルーフベントのフレームが紫外線でスカスカになり折れました。他の部分は全く問題ないので不良品だと思います。 信頼のドイツ製なのにな。
 
Dsc_8334
 
車から降ろすと結構デカい。クリアータイプは見た目はいいものの使ってみると 南国高知では百害あって一利なし。暑いんです。太陽が恋しい北欧仕様だと思います。北海道でも問題なかった。
 
ニュージャパンヨットに問い合わすと、白の遮光タイプは在庫がなく届くにはしばらくかかるそうで、カタログにない半透明のものがたまたま1枚残っていた。うんとお安くするというので・・・・・仕方ないな。
 
Dsc_8339
 
前方のコーキングに切れ目を入れて、留め具を外します。
車内側の部品も一部外さないと蓋が外れません。
 
Dsc_8340  
 
再度コーキングして嵌め込みます。更に上からコーキング。何とか修理完了。
 
Dsc_8352
 
内側には遮光カーテンと 蚊帳が付いています。どうせなら全部交換した方が良かったか?
 
Dsc_8376  
 
その2、引出しはやっぱりカーブの度に出て来るので、ストッパーを付けました。しかし、時々これを忘れてしまう。一々車を止めて・・・・・大変です。
 
Dsc_8381
 
スライドレールの隙間にマグネットキャッチを付けることで解決しました。
 
Dsc_8380  
 
その3、10年目からオートロックの反応が悪くなっていたので、近所の電気屋さんでボタン電池を買った。パッケージは随分古びていた。更に悪くなる。機械の故障と諦めていたが、昨日新しく電池を入れたら完全復活。街の電気屋さんは悪循環やね。
 
その4、先週海から帰るとフロントバンパーの左角がボコッと潰れていた。全然覚えがない。でも私のは昔ながらの樹脂バンパーなので裏側から押すと元に戻ります。小さな歪みは工業用のドライヤーで熱して整形すると女の子が見ても分かりません。
 
後10年、自動運転になるまでは乗るつもりです。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

便利なものは面倒です。

今日も暑かった。雑用に追われた。

Dsc_8297
 
前の箱がスッポリ入るシステムでしたが、これをゴソゴソ探すのが面倒で引き出しにしました。作るのは大変面倒でした。
 
Dsc_82992
 
掃除をして取り付けました。
 
Dsc_8298
 
全部引き出せるのでスライドレールを採用。やっぱり引き出しはいいわ~!
ゴムで最後はキュッと閉まるのですが、走行中大丈夫かどうかは分からない。だめなら留め具を付けます。
 
Dsc_8303
 
手間かかったけど便利に使えそう。
段々ホームレスに近付いていく気がする。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

5年ぶりのハイエースの改造

本日は午前中に37℃超え。死にます。洗濯物はよく乾くけど。

Dsc_8238
 
杉でグライダーの製作中。
 
Dsc_8239
 
本当はハイエースの小物入れです。私は必要最小限のものしか積みませんが、なんだかんだこのバケツに放り込むことになります。砂とワックスでグチョグチョになる。
 
Dsc_8241
 
メインのキッチン・シャワー。中央部は箱を収納するようになっていますが、ここに引き出しを付けます。キャンプでは波乗りや登山で疲れていますので、何でもすぐ取り出せるほうが良い・・・・・と言いつつ、居酒屋に入るのが一番簡単なのですけど。
 
Dsc_8250
 
こんな感じで取付きました。扉を付ける予定でしたが収納量も大してないので止めました。でもこれ見た目も悪いのに結構面倒だった。本格キャンピングカー高価なのも頷けます。
 
うんと役に立つかな?全部出来たらまたリポートします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧