カテゴリー「木工道具・機械」の142件の投稿

2018年2月23日 (金)

木口に長孔

今日は一般の方には全然分かりません。
 
Dsc_0907
 
スタンダード・テーブルのジョイントにはこのような金具を使っています。横から12cmほどの長孔を開けなければなりません。これにいつも苦労します。木口への穴あけはドリルのラインが逸れやすいのです。
 
今までは、ドリルに水準器を取り付けたり、垂直ガイドを使ったり、どれもダメです。一番結果が良いのは、水平方向のラインを横から他人に確認してもらう事。精度が必要なければ鏡を使っても良い。
 
Dsc_0902
 
今回は旋盤を利用してみた。この機械、またインバーターの調子が悪くて、動いたり動かなくなったり。もっとデカいインバーターが必要なのか?
 
Dsc_0897
 
ツールレストを定規にします。サイズや穴あけ位置が同じならもっとしっかりした治具を作りますがまちまちだからな。
 
Dsc_0908
 
まあ、今までで一番良かったけど、スゲー完璧というほどではなかった。横軸ボール盤という50万もする機械が売られているのですから、やっぱり難しいんだな。滅多に使わんしな。
 
Dsc_0906
 
最近便利に使っている下のドリルはそれて行きます。上の外周にも刃の付いているハイス製は優秀でした。
 
Dsc_0904
 
使ってない小さいボール盤か、ラジアルボール盤を工夫してみるか?しかし、ストロークがしれてるので3度に分けて送らなければなりません。いずれにしろ多くて年に6穴くらいだから・・・・・・・・でも、ピシッと開かないと気分が悪いのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

謎の、

今日も仕事をしたが、もう年末なので楽しみながらやっている。いっつもこんな感じだといいんだがな~。

Dsc_8626
 
デスクも組み上がりました。片側は一発でOK。理由が分からん。
 
Dsc_9434
 
一人で当て木をして締めるにはそれなりの苦労があります。
それと直角の確認を怠ると悲惨です。
 
Dsc_9448
 
隅に溜まった治具やら端材を集めて焚きます。掃除を兼ねてのんびり作業。
 
Dsc_8633
 
どうしても用途が思い出せない治具。付いているのはレーザーポインターだと思います。
 
Dsc_8632
 
跳ね上げたらこうなります。何んっでっしゃろ?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

商品撮影

昨日からの続き。

Dsc_8413
 
やや上から撮った方が収まりが良いようです。レンズは60ミリの固定焦点。そのままだと手前の側面は真っ暗になるのでレフ板を当てています。僅かにソフトでアオリを入れて補正しています。何気に小技を使っている。
 
Dsc_9211
 
センターテーブルも上品な杢が出た。しいて言えばオイルを拭き上げたペーパータオルを片付けておくべきでした。ソフトで消せるけど。
 
このようにデジカメのおかげで誰でも精進すれば美しい写真が撮れます。ただしセンスは必要です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

邪魔者

体調が万全でない上に、波も微細なので仕事をしていた。

Dsc_8371
 
ローキャビネットが出来上がりました。一番長いかも。
朝の方が光線が良いようなので明日撮り直すか。
 
Dsc_9189
 
珍しくご近所様から頼まれたセンターテーブル。
 
Dsc_8378
 
まず棚板組んで、2時間置いて、その間に夕方の散歩を済ませて、
 
Dsc_9193
 
天板と脚を組みます。確かに便利な機械ですが・・・・
 
Dsc_9194
 
ユキちゃんがワークと私の間に滑り込んできて動かないので・・・・・・・・糊付けするぞ!
構ってほしいのか、ワークにヤキモチ焼いているのかは分からない。
 
さあ、これで今年も終わりかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

糸鋸刃

夕方散歩していたら、小学校低学年の女の子がベソかきながら、お姉ちゃんと歩いていたが、ユキの後姿を見て「お尻丸見え!」とつぶやいていた。そうなんです、尻尾が巻き上がっている上に白だから〇門が容易に確認できます。

入野松原でサーフボード持って海に駆けてく若者も「〇門丸出しやな!」と言っていたな。「お前は下品なんだよ!」
 
Dsc_9140
 
糸鋸作業はひたすら集中するだけなので、体調さえ万全であれば厭はない。名人なら一筆書きで切り出すのでしょうが、今回は4個に分けた。切りカスはやさしく刃を当ててやると飛び出します。
 
Dsc_9141
 
十字は一枚につき23個あるので、23×4個×4枚で368個散らばっています。
 
Dsc_9098
 
出入りの機械屋が持ってきてくれる糸鋸刃。寺西♯1。断面はツルツルで仕上げの必要がありません。
 
糸鋸刃は軌道のコントロールがしにくくなったらすぐ交換します。その方が結局仕上がりも綺麗です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

ローキャビネットの製作 その4

本日は体調が戻らないものの、怠けてばかりもいけないのでプールで2500泳いだ。年寄りの冷や水かどうかは明朝判明する。

Dsc_9143
 
透かし彫りの図案が決定したので、レーザー加工機で型を作る。勿体無いので厚紙。直接鏡板にレーザー加工機で線引きしたら簡単なのですが、よりばらけさせる(誤差を大きく)ため。
 
Dsc_9137
 
このように2枚一組にして糸鋸で切り取ってゆきます。
 
Dsc_9138
 
難儀な作業ですね。
 
今回、レーザー加工機を使うと、ガチガチに仕上がってしまうのを恐れて、わざわざ糸鋸を使っています。
 
糸鋸・・・・めんどくさい。もうちょっと年取ったら無理。刃代がかかる。
 
レーザー加工機・・・・断面がやや焦げるがスリットの場合目立ちません。毛羽立たないし、木口が焼けるので製品にとっても為が良い。表面との角も僅かになだらかになる。圧倒的に早い。ランニングコストはタダに近い。ただ、手作り感が薄れるのが怖い。
 
そこで考えました、次回はデータをチビットづつ修正してなんちゃって手作り風にする。多少手間はかかるが今回のように4枚あれば有利であろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

ローキャビネットの製作 その2

やっぱりダルくてしんどいけど仕事はしないと。自営業だから。

Dsc_9100
 
いつも難儀な大きな箱物の組み立てですが、ボディープレスのおかげでなんぼかましです。片側ずつ組み上げます。
 
Dsc_9108
 
時間との闘いですので必要な道具は事前に準備。
 
Dsc_9104
 
木工家にしか分かりませんが、クルクル回るポニークランプは殆どの場合イラつきますが、前後のズレを修正するには大変便利。
 
Dsc_9105
 
はみ出た接着剤はヘラで取ってから水拭きします。綿棒は穴に使います。
 
Dsc_9107
 
エアー駆動のボディープレスはきついアリ組を入れるほどパワーがありません。一度降ろしてソマックスの強力ハタガネで締めます。でも、エポキシを使えば入ると思う。
 
Dsc_9103
 
無事終了。直角の心配がないのが良い。
機械がないと、とても一人では無理です。でも、何度も言うようですが美人の助手が3人いた方が良い。
 
準備万端とはいえ、必要な道具を取りに何度も2階に駆け上がっていたらユキも興奮してお付き合いしてくれます。ただ、邪魔なんですけど。気持ちは有り難いが。犬は3匹いても役に立ちません。
 
Dsc_9109
 
何度やってもプレッシャーですね。
 
Dsc_9118
 
アリ組の部分も合格点。
 
Dsc_9125
 
現在、その楠を焚いていますが油分が多いのかメラメラ燃えます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ラメロのジョイントカッター

本日は木工家専用です。

Dsc_9093
 
ラメロのジョイントカッターを導入して1年半。
 
ファイン社のジグソーなんかは評判ほどではありませんでしたが、この機械はいいです。もっと早く買っとくべきでした。
 
Dsc_9094
 
何と言っても板剥ぎの時、目違いが少ない。
 
その理由は、780Wでスムーズなモーター。振動が少なく、ほっといても歩いたりしません。よく切れる刃物。材に当たった時、全く動きません。それと正確な定規等でしょうか。
ただ、反った板では目違いが出ますので、冶具を作ろうと思います。
 
Dsc_9088
 
欠点もあって、集塵を想定してないのか?口が小さ過ぎてよく詰まる。
 
Dsc_9089
 
刃口が鋭すぎて、端っこの場合、引っかかってとんでもない所に穴が開く。やすり掛けでほぼ解消。
 
ラメロを10点満点としたら、マキタ6、デワルト4でしょうか。デワルトはヤクオフで売った。
 
プロなら今から買っても元が取れると思います。微調整機構の付いたのは重いのが難。
 
Dsc_8081_2
 
ローキャビネット大分出来て来た。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

コーキング講座

昨日の朝は6℃。今朝は8℃だった。まだ、寒いというほどではない。

Dsc_7860
 
母屋と我家の境目の雨仕舞出来ました。
 
Dsc_7868
 
下から。使ってない物干しも撤去したのですっきりした。18Vの電ドラのパワーは凄い!
結局買い出しやら、廃材の処理やら、チンタラやったら3日かかりました。大工じゃ飯食えんな。でも、道具が全て揃っているから出来ることでもある。
 
Dsc_7861
 
コーキングは一度使ったらどんなに蓋をしても先端が固まります。一度ノズルを外して先端から針金などを突っ込んで塊を除きます。近所の工務店のジジイに教わりました。
 
Dsc_7866
 
両側にマスキングして塗り付けたら極薄の手袋をして指で表面をならします。
マスキングテープはすぐにこのように棒で巻き取ります。これも爺に聞いた。
青い養生テープが粘着力が弱くていいです。
 
Dsc_7865
 
こんな感じ。適当な金物がなかったので薬剤を浸み込ませた木を使ったけど何年持つか?直接雨は当たらないのでしばらくは大丈夫だろう。
 
Dsc_7870
 
豪雨の時、漏っていた窓の上は木で埋めてべったりコーキングした。
さあ、効果はどうかな?でも、材料倉庫の修理がまだだから雨は困ります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

ルーターマシンによる深穴開け。

Tシャツに短パンではちと寒くなってきました。本日は一般の方には分からない内容です。

Dsc_8776
 
板状の貫の取り付けは2回目の施工でやっと慣れた。俺は2回はしないとどうも物になりません。脳が腐りかけているからな。
板だと丸棒のようにクルクル回らないから組み立ての時楽ではある。
 
Dsc_8781
 
このジョイント部分、なだらかな曲線で繋がるとカッコいいけど手間ぞなもし。ほとんど見えないし。
 
Dsc_8785
 
ブログ読者様からのアドバイスで、グラインダーで首を長くしたルータービット。使ってみたら貫が緩々になった。慌ててガンガン削ったので熱で変形したのかもしれない。0,2ミリほど広がった。こういうのは少しの加工にとどめるべきだろう。次はエンドミルでやってみよう。
 
Dsc_8808
 
ビットはヤクオフでまとめ買いしているので売るほどあります。
 
Dsc_8804
 
加工風景。硬い山桜なので直径7、深さ25ミリを3度に分けてハンドル送りします。
 
Dsc_8797
 
深さ調節は、まんまハンドルーターと同じです・・・・・原始的過ぎる。文句があるならNCを買えってことでしょう。
 
どうせ量産しても売れないから当工房には十分な機械です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧