カテゴリー「木工道具・機械」の158件の投稿

2018年11月12日 (月)

マキタ充電式トリマー

増税の緩和策としてカード決済なら2%還元されるとか・・・こんなことやっている小賢しいアホウな政治家共に税金から多額のお給料だ出ていると思うと嫌になりますね。まあ、新たな天下り先の確保にもつながるのでしょう。

Dsc_3694

ここからはいつものようにスケールがグッと小さくなります。

最近、機械屋の売り上げに貢献していないので充電式トリマーを買った。トリマーはコードが邪魔になることが多いし、先に買った充電式オービタルサンダーが使い良いから。

Dsc_3693

しかし、かなり重いのですね。失敗だった?片手で自在に操るのは難しいかも。ただ、刃を付けて加工してみたら緊張のせいかそれほど重さは感じなかった。サンダーも最初は重かったが慣れた。

現在100V機はマキタ2台、リョービ2台あるがトリマーは何台あっても困りません。リョービは壊れそうでピンポイントでしか使いません。

Dsc_3696

軸径は右の細軸60ミリに対して65ミリ。シャフトもかなり太く8ミリチャックが使える。アクリル部品も厚い。

Dsc_3708

スピードが調節できるが使うことはないだろう。

Dsc_3700

ライトは強力です。赤いボタンはシャフトロックだがちょっと使った限りでは妙に信用できない。スパナ2本でも出来ます。

Dsc_3709

このサンダー、コンセントに差し込む必要がないから結構使います。無負荷時でも周速が安定している。家具の角を落とす時など繊細な仕事にグッド。ただ、長時間使うので電池はスペアが必要です。

現在使っている他の18V充電式はハンマードリルドライバ、ハンディー掃除機、ワークライトですがどれも便利です。バッテリーの互換性を考えると18Vに統一すると良いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

A4書類棚

今日は色々たまっていたので仕方なく仕事をした。

実は「土曜の晩は入野松原でキャンプをするから、家に帰らず直接来い!」と塾長に言われていたが、体調がすぐれなかった。

たまには本業の木工の話。

Dsc_3609

天板のアリ組は直角にレーザーで切り出してから、

Dsc_3618

レーザーで雌型のデータをそのまま利用して作ったテンプレートを使い、トリマーで軽くさらって完成。多分、人間国宝より完璧。

P1070344

と言いつつ、手作業も多い。棚板は厚さ6ミリ。ホゾ幅は3ミリ。ミクロの決死圏やな。

P1070349

ホゾはかなり緩めに作っていますが、こんだけ多いと組み立ては難儀ですね。

P1070351

困難を考慮して12時間硬化の接着剤を使います。投光器は温度を上げるため。

このボディープレスは10ミリ厚のアリ組でさえ完全に押せません。一度外してハタガネで締め直します。まあ、強力過ぎてぶっ壊れるよりいいかも。

いずれにしてもこの機械がなかったら箱物の組み立ては一人では困難。そして何度も言うようですが美人の助手が2人いたらその方が良い。

Dsc_3620

いつも通り、上品に完成。

棚板の隙間は45ミリしかないのでオイルを塗るにも手が入りません。布を棒に巻き付けて塗る。手間はかかっても書類入れじゃ~大枚請求できないのが残念な所です。でも、このお得意様は面白い仕事を発注してくれます。

小さいので普通の宅急便で本日発送した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

倣い加工機アドバンス2

Dsc_3473

新作の倣い加工機稼働しています。

Dsc_3482

ウッドパドル・加工前。

Dsc_3471

あっという間に・・・でもないけど完璧に加工可能。

Dsc_3469

バキュームマウントもマキタの掃除機、ボリューム2で十分固定されます。

Dsc_3480

加工する物によってべニアの上蓋のみ取り換えればよいです。

Dsc_3475

矢張りノッチはあった方が良い。鉄を加工するのが面倒なので今回は桜で製作。色分けしないと次のステップが分からなくなります。

Dsc_3477

初代のグリップは直線でしたが・・・・・・

Dsc_3476

握りやすいハの字にした。これだけでも結構面倒くさい。暇だから出来るともいう。

Dsc_3481

バランスをとるために無垢の丸棒を付けました。加工物によってスライドさせて圧を調整できます。また振動を抑える働きもある・・・・・・かどうかは不明。

アームの剛性もまあまあ。UPするためにはフレームも補強する必要があるだろう。

ハッキリ言ってパドルの注文もそうないだろうし、その都度手作業でやった方が金も時間も節約出来るのですが、分かり切った作業を鉋やベルトサンダーでズーズーやるのは気が滅入るのです。まあ、他にも使えるしな。

出来てみれば単純な機械ですが可動部分のある機械を委縮した脳で考えるのは大変なのですよ。まあ、行き当たりばったりなんですけど。

・・・・・・で、台風どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

完成間近

夕方、雨の中1時間のパドボートレーニング。プールと違って行き帰りの時間を節約出来ます。まだ裸で大丈夫。

Dsc_3306

倣い加工機アドバンス2大分出来ました。やや重いのが難。

Dsc_3297    

モノタロウで買った30×1500のシャフト。発注から2週間かかる。しかし、1万円は安いと思う。

明日から珍しく大阪出張です。実は大阪は殆ど行ったことがない。日帰りも出来ますが、食い倒れの街を堪能するために一泊します。

帰ったらすぐにアートキャンプがありますので、教材を本日車に積みました。アートキャンプの授業自体は大した苦労はないのですが、内容を考え、材料の用意、リハーサルと中々大変なんどすえ~。

ずっと暇だったのに急に忙しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

失敗作

トランプの滅茶苦茶が際立ってきました。どうなるんでしょうかね~。

ここへきてアベちゃんの支持率UPとか。ホントかよ?なんか、戦前の雰囲気に似て来ましたよ。まあ、生まれてないけど。歴史は繰り返すと言いますが、もう兵器が違うからヤバいな。

Dsc_3221

倣い加工機・アドバンス完成しました・・・・が、重大な欠陥があることが判明。元々、海外のメーカーのパクリだから完璧と思っていましたが、コの字型アームに根本的な欠点が!今まではアームが長かったから顕著でなかった。でも、妙におかしいとは思っていた。椅子の座刳り等では殆ど現れません。

Z軸を追加すれば解決しますが、軽く動かすには滑車とバランスウェート・・・・と大掛かりになってしまいます。

単純に縦型、から横型に変更するのが簡単そうです。

もともと知恵が足りない上に、痴呆間近なので勘弁してほしいです。でも、こういう頭の体操は痴呆を遅らせます。でも卒中で死ぬかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

アドバンス

昨夜は結局雨も風も殆どなかった。気象庁はもっとピンポイントで正確な情報を出してほしい。地震予知にしろ気象にしろ「当たるも八卦当たらぬも八卦」であるからやる気がないのだろう。まあ、これからはAIが頑張ってくれるでしょう。

Dsc_3216

「倣い加工機・アドバンス」   大分出来て来ました。行き当たりばったりの設計ですから中々進みません。

丸い穴はワークをバキュームで固定するための物。この部分、作業に応じて取り換えられるようにしています。

機械の基本的な知識があれば、ずっと簡単に出来るのでしょう。

今回、軸の両端の固定にアルミ製のパーツを使いました。高かったけど木製で自作するより作業性は良く元は取れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

新型倣い加工機の製作

最近毎日のように夜半雷が鳴る。ユキちゃんがベットに上がって、ぴったり張り付いて来るのは暑苦しいけど我慢できる。でも、耳元で「ハーハー!」するので眠れません。モモもそうでしたが人間の耳には全く聞こえない場合もあります。

Dsc_2905

便利に使っている自作の倣い加工機。大分稼がしてもらいました。

Dsc_2906

何しろ軸はホームセンターで売っている安っすいステンレスパイプ。スライダーは木製。
でも、この精度の悪さが適度な手作り感を生むのである。

Dsc_2909

分解するとコンパクトになる設計。
しかし、精密加工には向かないし、欠点もあるので新しいマシンを考え中です。

Dsc_3174

今度のはY軸は2本で、X軸は直径30のソリッドとかなりオーバークヲリティーである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

インカ710バンドソーの修理

サーフィントロフィーを先方に送ったら、一部に誤字や破損がありました。もう送り返して貰って修正する時間がないので、新たに作って送ることに。トホホ。『壊れ物』シールをベタベタ張って出したのに、クロネコも荒っぽいな。こういうものは2重の梱包が必要ですね。

Dsc_2596

夕方、便利に使っているインカのバンドソーの修理をした。

Dsc_2586

ちょっとの部品を外すのに、えらいこと分解しなくてはなりません。

Dsc_2587

刃が奥に行くのを止める「セリ」を固定する本体側のネジ山がバカになってしまったのです。アルミで出来ていました。やっぱそれはいかんじゃろ。この細いバンドソーはこのセリがないと全く役に立たないことが今回分かりました。

Dsc_2588

少し後ろに下穴開けて、慎重にタップを切ります。

Dsc_2595

木工始める前から持っていたバッタモンのタップダイスですが結構役に立ちます。まあ、木工機械、鋳物が多いですからね。

Dsc_2599

鋸カバーの切り欠きも延長する。

Dsc_2603

鋸カバー、最初はここまであったのですが、それでは刃先が見えづらく作業性が悪いです。

Dsc_2605

タップの問題で、貫通穴になってしまったが、またバカになった時使えます。

Dsc_2609

今日は一日雷が鳴ったので、ユキちゃんが足元から離れませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

総動員で、

今日も雨でしたが、今のところ暑くもなく大変過ごし良いです。

Dsc_2494

サーフィントロフィーこんな感じに仕上がる予定ですが今回数が多いので大変です。単価は下がるとも言う。

Dsc_2497

真鍮プレートの切り出しには久々にこの機械が活躍。しかし、木工と同じで面と辺を仕上げなければなりません。うんざり。

Dsc_2499

超アナログの刻印作業は全部終わった頃に調子が出て来ます。

Dsc_2488

飯と散歩しか取り柄がないな。

Dsc_2484

サーフボードは研磨と水拭きを3回しますが、他にいい手はないだろうか?

今回の仕事はパソコンにillustrator、レーザー加工機にトンカチとアナログ・デジタル、工房の機械を総動員です。しかし、肝心の脳が委縮気味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

ついに、

本日は週中日のスポーツデイだったので、増水した仁淀川でSUPした。瀬がトロ場になっていたりして面白い。全体に増水している時の方が遊べます。

Dsc_2471

ずっと殆どボランティアでやっていたサーフィン・トロフィーですが、ついにまっとうな注文を貰いました。やったど~!

型紙はillustratorで作図して、レーザー加工機で切り出しています。これを正確に手作業で切り出すのは意外と面倒です。

ロッカー(サーフボードの反り)がなかったら簡単なんですけど。その定規もレーザー加工機で作ります。

Dsc_2476

今回、回し引きのバンドソーに問題が発生したので、リッピング専用のバンドソーに25ミリ幅の刃を付けてみた。

Dsc_2473

この刃は20年以上前に買って一度も使っていませんでした。なぜなら「セリ」の調整が面倒だから。やってみたらそうでもなかった。まあ、緩いカーブなら普通に使えます。

Dsc_2478

数が多いので、昨年入れた横型サンダーがなかったら大変でした。何でも道具が物言いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧