カテゴリー「木工道具・機械」の172件の投稿

2019年9月 7日 (土)

李朝三段棚の制作 その2

この前からアマゾンンで使っているカードがどうのとメールが届くが詐欺に間違いない。サーフボードを探していたら激安店より大幅に安いショップが!住所をググってみたら公園だった。これらは、なんとのうおかしいのですぐ分かるけど巧妙だったら騙されるぞ。もう自衛するしかありません。

Dsc_6261

端面の丸みはルーターマシンで作ります。これは何故か完璧にいきません。理由はよく分からない。兼房に半円のビットを注文したらまた2万かかるし。

Dsc_6259

何度か仮組して剣ホゾと止めホゾを調整します。このマシン、空気圧をあげたら十分に押せるようになりました。

Dsc_6264

出っ張ったホゾ先を逃がす治具。小釘で止めるよりテープの方が傷も付かなくて良かった。

Dsc_6272

剣ホゾも完璧・・・・・・・なのを撮影してますけど。年中やっていたら一発で決まると思うのですが。

Dsc_4802

一度お風呂で切断面のヤニを取る。全体に水をかけて、窓掃除用のワイパーで水気を切り、乾燥。

Dsc_6265

出っ張りをトリマーで荒取りし、鉋をかけます。リフターテーブルが活躍します。

Dsc_6267

完璧やな。手作り木工なんてアホらしくてやってられません。

Dsc_6268

ホウの分はシラタの向きを統一しています。

Dsc_6274

本日、2度塗りまで行きました。この時期はエアコンをガンガンかけていてもすぐ乾きます。

一回目が終わったら僅かな毛羽立ちを取ります。私は3Mの研摩布を使っています。早いから。

ホウは2度塗りで完成とします。ヒノキは微妙。

2度塗りはムラになりやすく、準備も入念にしないといけません。それなりに手間が掛かります・・・・・と言っておかないと元も子もありません。

| | コメント (4)

2019年9月 5日 (木)

李朝三段棚の製作 その1

蒸せます。昨日は相当降った。

Dsc_6174

李朝三段棚の材料、ホウとヒノキで木取ってあって、1年以上放置していたままだった。都合10枚あるから相当邪魔でした。暇だから作ることに。

Dsc_6175

本日の記事は自身への忘備録なので木工家にも分かり辛いと思います。

直線部分は今回省略した。時間もかかるし、煙も出るから。

Dsc_6176

この後、横切りでCUT。どっちもどっちな感じです。

Dsc_6226

アリのオスを仕上げるテンプレートを散々探したが見つからず新たに制作。

作るのは簡単ですけど微調整に時間がかかります。

Dsc_6219

捨て板でチェック。

Dsc_6228

完璧やな。

Dsc_6230

剣ホゾの治具は両側から攻めていたが巧くいきません。

Dsc_6229

一発でセンターにくるオフセットした治具を制作。やってみたら簡単に出来て、4倍くらい仕事がはかどりました。

Dsc_6233

メスもトリマーで。こういうチョボチョボした加工はコードレスの機械が圧倒的に便利です。もう何でもバッテリー式じゃ!

Dsc_4703

 

 

| | コメント (0)

2019年8月22日 (木)

額装

事故のあったロシアのミサイルは原子力燃料で半永久的に飛ぶことが出来、迂回して意外な方向から出現するのだという。人間はどこまでも愚かなんですね。

Dsc_6094

店の改装の飾り付けを頼まれている。ストックしている版画から適当なものを選ぶ。

沢山あった版画ですが、大分少なくなりました・・・・・と言うより目が肥えてきて気に入ったものが減った。

Dsc_6102

ディテール。デジタルプリントという。どういう仕組みか知りませんが。

1_20190822182001

額とマット紙の大きさはillustratorで検討します。それをレーザー加工機でCUTします。

Dsc_6097

今回やってみたらヤニが目立つので久々にマットカッターを使ってみた。

定規をクランプで固定して、一遍で切ろうとせずに、最初は浅く、3回位に分けて切ると上手くいきます。クランプの無い方は定規に軽くスプレー糊をかけると良い。

Dsc_6098

こんな感じです。

Dsc_6103

この大判のマット紙はいくら検索しても当たらないので、行きつけの画材屋で買います。

Dsc_6096

木製フレームは両木口に接着剤を塗ると結構丈夫。

Dsc_6107

でもプロだから割れ止めを入れます。

Dsc_6105

こういう治具とテーブルスライド丸鋸を使います。

テーブルの上がこんなに散らかっていると事故の元です。そんなに危険な作業でないから良しとしますが、そういうのが危ないかも。

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

蝶番の取り付け

台風10号は大型とは感じられたが風雨共にそれほどではなかった。道路に草木が散乱してもいない。

本日は以前にもUPしましたが蝶番の付け方です。実は職人でも正確に取り付けるのは大変難しいです。だから扉などはは微調整出来る金具が売られています。

Dsc_6031

蝶番を付けるにあたって先に塗装した。木目を見て同じようなものを選ぶためです。ペアリングと呼んでいます。英語的には正しいかは知らん。

Dsc_6033

今回、丁番厚み分の掘り込みはレーザー加工機で治具を作り左右一遍にやりました。上は切断しきれなかった失敗部分。

Dsc_6019

センターの目安線も出力します。こういう作業はミラクルに便利なレーザー加工機。穴がきつい場合はヤスリで少し削ります。

Dsc_6026

厚み分はべニアに糸鋸で穴を開け、釘打ちしています。

Dsc_6028

使用する刃物。

Dsc_6035

慎重・繊細な加工になりますので、コードのないバッテリー式は大変良い。振動も少なく、音もジェントル。

Dsc_6037

このようになります。角はノミで取るのが面倒ですけど。

Dsc_6039

さて、木ネジの下穴開けは一発勝負の難しい作業です。錐で当たりを付けてからドリルで揉みます。

垂直に十分な深さに揉みます。足らないと桜は硬いし、ネジは極小なのでなめてしまします。

Dsc_6042

許容誤差は+-0.1ミリ。

Dsc_6044

こんな感じですか。

Dsc_6041

木ネジにドンピシャのサイズが必要です。下の高品質そうに見えるビットは僅かに小さ過ぎて頭をなめてしまった。

Dsc_6040

なかなかに蝶番は難しいんどすえ~。

Dsc_6038

こういう便利な道具もあるけど、今回はドリル径が太過ぎた。それに意外にセンターに開かなかったりして繊細な作業には向いていません。

Dsc_6047

もう一息です。

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

角鑿の治具

森友問題も幕引きになったけど、どんどん暗黒世界に近付いているような気がします。これで若者たちに道を説けるかよ。

Dsc_6008

本日は一般の方には全く分からない木工家専用です。

シェーカーラックの在庫がなくなったので製作中です。6台だと一台につき12穴だから72穴開けなくてはなりません。

前回は墨を引いたような気がしますが、今回は治具で対応。

Dsc_6012

中央部はこのような治具を作りました。四角い板はスペーサー。能率は上がりますが、もう、ちょと遅かったような。

桑原の角鑿は押さえのハンドルがスムーズかつ確実なので作業がはかどります。

Dsc_6009

この部分で掘り込み深さを固定出来ます。

Dsc_6013

しかしですね~、木工はこれから角を面取りして、全体に研磨。これが大変なんどすえ~!

まあ、超仕上げ盤にかけているのでわりと楽なんですけど。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

ガラス塗料グラシール

ずっと雨です。

本日は専門的なブログですので一般の方には分かりません。

Dsc_5780

SUPパドルmomaの塗装が終わりました。

この塗料はいいです。パドルのクリアー仕上げはこれにします。

拭き漆と同じで、ウエスで塗りました。吸い込みは矢張り漆と同じで2回で止まります。艶ナシの木地仕上げとなります。

商品としては今一なので、計6回塗りました。

適量をウエスに付けて塗り、手袋をした手で全体に馴染ませます。拭き取りはしません。1本に付き1~2分でOK。パドル10本で200gのビンをほぼ使い切った。一回の塗装で余った分は戻すと硬化してしまいますので捨てなければなりません。多少無駄にしました。デジタル測りを使った方が良いでしょう。中国産の極上漆より高価ですが便利で仕上がりも良い。全体の行程は拭き漆とほぼ同じです。

ガン吹きですと、塗料の塗着率は3割と言われています。やっぱり照明もちゃんとしたスプレーブースが欲しいですね。何より表裏2回に分けて塗るのが面倒。

Dsc_5783

漆と同じで木地のアラは出やすい。倣い加工機の走行跡が完全に取れてない。はっきり見えるよう加工してありますが。

Dsc_5785

塗膜は薄いので逆目は残ります。

Dsc_5790

2液のウレタンだと2度吹きでここまで埋まります。

Dsc_5782

右がウレタン半艶、ぼんやりしています。ちょっと写真では分かりにくいけど、ガラス塗料はダイレクト感がありますね。

他の木工品に使う予定はありませんが、潔癖症の方のテーブルなどにはいいと思います・・・・・てか、もう家具の注文ないような気がするんですけど。

 

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

プロッターのカッティングシステム

良く降るな~。

Dsc_5778

momaパドル完成間近です。

漆仕上げにゴールドのカッティングシートはドン決まりですけど、クリアー仕上げは木地の色に合わせて色々試してみました。

一本ずつ見ると悪くないけど、何かまとまりがない。次回からシートを張らずにレーザー加工機でアウトラインだけ引くことにしました。その方が木目も生きるし手間がない。段々煮詰まって来ています。

Dsc_4230

新たに「画楽」で切って貰ったシート。

まず、「カス取り」と言って、必要のない余白部分、oやaの中の〇を剥がします。結構時間がかかります。

そして、その上に転写用の半透明の粘着力の弱いシートを貼っておきます。

Dsc_4233

それを剥がしてパドルに貼る。このように浮き上がってはいけません。

しかし今回、シート本体の裏紙が薄く剥がれて一緒に付いてきて往生しました。原因はプロッターの刃が僅かに裏紙にも達していたこと。

どういう仕組みで皮一枚切るのだろうと思っていましたが、ヘッドを上下移動移動させて調整するのではなく、スプリングがあって“圧”をコントロールするようです。なるほど。よって先にサンプルを切り出して微調整した方が良かった。向こうも機械にまだ慣れていない。

文句を言ったら「やっぱりそうか、なるほどな。しかし、案外難しくて圧を弱くするとシートが切れていないこともある。」

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

ガラス塗料

本日は梅雨の晴れ間の洗濯とSUPをした。ここ1週間くらい朝晩は涼しく、お昼寝時もエアコンが必要ありません。

Dsc_5721

2液ウレタン塗装のガン吹きは大変なのでガラス塗料というのを買ってみた。左が希釈液。送料無料にするために余計なものまで買ってしまう小市民。

ウレタンのガン吹きなんて馬鹿にする木工家もいるでしょうが、やってみたらパドルの場合、拭き漆6回よりずっと大変です。

  1. 下地の研磨は拭き漆と同じ。
  2. 綺麗に仕上げようと思ったら、プライマー2回、ウレタン2回の行程。都度研磨。
  3. 2液の混合、ガンの清掃とか面倒。
  4. 2液は匂いがきついので屋外でやるが、晴天・無風の条件は滅多にない。ご近所も気になる。
  5. 片側ずつの塗装。

とか、大変面倒なのです。

Dsc_5723

ガラス塗料は水分で固まるので封は厳重です。未開封で6カ月、開封して1カ月以内に使うように書かれています。

実は25年ほど前にも3Mから似たような塗料は発売されていて、私もよく使いました。確かに固まりました。最後はお店に並んでいるのもニギニギすると既に固まっていたりして、しばらくすると見なくなったから撤退したのでしょう。

Dsc_5729

右端がウレタン、他はガラス塗料2回塗り。ウエスで塗ります。匂いは殆どないけど、使い捨てのニトリル手袋が結構破れるので、体に良くはないだろう。

木工をする者にとっては、断然ガラス塗料がいい感じです。

木の表情が各々はっきりします。アラも出ますけど。塗膜は出来ません。拭き漆に比べると粘度がなくて塗りやすいし、拭き上げも適当でかまいません。( 拭き漆の経験があった方が絶対良い。)拭き漆より4~5倍仕事は速い。

取説には2回塗りでOKと書いていますが、つや消しになります。拭き漆と同じか?透明版拭き漆か?もう何回か塗って様子を見ようと思います。良かったら手間のかかるガン吹きからは撤退です。

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

インバーターの憂鬱 4

本日はお天気も悪かったので仕事をしたが波は良かったらしい。ことごとく外すな。

Dsc_5711

SUPパドルはこの状態で右側にグリップのホゾを削るのですが、ボリューム3くらい・スムーズに切削出来るギリギリのスピードで回します。

もしボリューム10でスイッチを入れたら瞬時にブレードが吹き飛びます。恐ろしいですね。

それが、最近また回転が不安定になって、このような微妙な作業では大変都合が悪いです。

Dsc_1024

分解したら、赤の太い線の取り付けが緩んでいた。締め直して解決。

昔の機械ならボルトナットでシッカリ止めるか半田付けだったのでしょう。何でも低コストで合理的に済ますから妙な所で故障が生じます。インバーターって振動するモーターに取り付けることが多いでしょうからこんなんじゃいかんと思うのですが。

Imgp0002

夕方、ユキと仁淀川にSUPに行ったら霧でした。まあ、ワニとかいないから大丈夫です。

| | コメント (2)

2019年6月27日 (木)

ハタガネの研究

蒸せるのでとうとうエアコンのスイッチを入れました。

夕方、増水した仁淀川でSUPをしていたら、アユ釣りのジジイが腰までつかって竿を振っていた。危ないよ・・・・って人のことは言えませんけど。

Dsc_5698

無造作に落札したハタガネですが1/3は今一の品質のものが混ざっていた。

右はブランド名が分からなく、仕上げも粗い。何より部材が薄い。その分、顎が長いけど余計なお世話です。

Dsc_5702

薄いのは材料をケチったというより、穴を穿つのが大変だったからと想像します。ドリルで数カ所下穴を開けた跡あり。今なら水圧やレーザーで開けるのでしょうけど。

Dsc_5699

固定ねじはギリギリで使い込むと締め切らなくなってしまいます。

Dsc_5701

ちゃんとセンターに開けろよな。まあ、普通に使える。

Dsc_5694

右は私が昔から使っている山崎製ですが、競馬印の方が品質は上のような気がします。

Dsc_5691

むっちゃ可愛い競馬印。調べたら今は「マルト長谷川製作所」というらしいです。

初めて知ったのですが、小さい真鍮ハタガネは別としてクランプ類の移動ねじは角ネジが使われています。ググってみたらピッチ(角度)が大きく移動量が多いから。3角ネジはピッチが緩いので緩みにくく固定用だそうです。ネットに何でも出ているな。長崎の出島まで勉強に行かなくても良かったな。

このような小さなハタガネは、組手を締め込むとかじゃなくて、仮止めして釘打ちしたりするのに利用してのではないでしょうか。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧