カテゴリー「アウトドア」の65件の投稿

2018年8月 4日 (土)

眼鏡の浮力体

東京医大の女子減点の問題、ニュースで言ってました「事前に通知せず減点するのは如何なものか。」・・・・・って、事前に通知してもいかんじゃろ!そりゃもう男子校にするしかないよな。俺の知っている限りでは、結婚・出産で辞めた女医さんはおらんがな。

Dsc_2889

これは何でしょう?

Dsc_2895

仁淀川でSUPするとき、1時間の練習に一々使い捨てコンタクトをするのは勿体ない。多分両眼で200円。しかし、それをケチって眼鏡を3回も流している。

こういうものがちゃんとあるんですね。

しかし、掛け心地はあまり良くない。ツルが太くなるので鼻の座りも悪いです。

Dsc_2988

自作してみた。スチロールはドライヤーで表面を強化。使い易い。1000円損したぞなもし。

Dsc_2989

先端にドリルで穴を開けました。

Dsc_2983

コンパクトになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

吉野川でラフティング 2018

昨日はラフティングであった。ピックアップしてもらうのに後免駅までJRで行くことになっていた。7時過ぎにいの駅に行くと・・・・全線運休やんか。

夜は打ち上げがあるので、なるだけ車は出したくなかったが仕方がない。ユキちゃんはまたお留守番やな。

Dsc_2910

途中、ここにもボートがあるぞと思っていたら、これに乗るのであった。

Dsc_2917

『フォレスト&ウォーター』は大きな建物に移転していた。

Dsc_2912

台風が接近中というが水量もやや多いぐらいで雨も止んでいた。

Imgp0004

ポイントまでの移動の間、基本的なレクチャー。

Imgp0007

警報が出ているけど、流れは穏やかです。
Imgp0008

トロ場でパドルや指示の訓練をして、いざ出発。今回は何度も経験している人が多かった。

Imgp0033

瀬にドロップイン!今回は警報が出ている点前、もし何かあったら都合が悪いのか?一番ハードなコースは避けたようです。その分、普段下っていない区間を楽しめました。
Imgp0010

今回もあった、「飛び込み」。熟年層はまず上がるのに一苦労です。

Imgp0016

我々のガイドはニュージーランドのMARK。「めんどくさいからイチニノサンで3人まとめて飛び込むぞ!」

Imgp0028

このチビッ子もダイブした。ベソかいてましたけど。

Imgp0018

後で写真を見たら、なんか終戦間近の沖縄の風景みたいで考えさせられます。

Imgp0035

川流れ体験。このように下流に足を向けて流れるのが安全です。

MARKはボートを後ろ向きにさせて、神経を使う「後ろ漕ぎ」を指令します。素直に従っていると後ろから岩にドカン!何度もやられたんで最後は騙されなくなった。

Imgp0043

おお!お昼はあの「ひばり食堂」のカツ弁だった。旨かった。午後は長距離ルートを堪能。
そして夜の部へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

夏です。

昨日から暑いです。短パン・Tシャツで扇風機かけて仕事をしています。

Dsc_1978
 
3時に仕事が終わったので、仁淀川へ。河原に来ると涼しくなるんですけど。
 
Dsc_1976
 
水量は十分あります。
 
Dsc_1977
 
ユキちゃんは水を恐れず(バカだからか?)平気で急流でも渡って来ます。
 
Dsc_1980
 
竹林の繁殖を食い止めるには、このように高さ1メートル位で切り飛ばすのが良いとか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

マキタのランタン

朝の散歩はフリースが要りますが、夕方はTシャツで良くなった。

Dsc_1964
 
昨年買ったGENTOSのランタンが心もとないのでマキタを追加。
 
GENTOSは電池が一晩持たないことがある。単三6本だからしょうがない。
しかも、最近のライト類の共通の欠点として、防水やコンパクト性を追求した結果、電池の交換が容易でない。しらふでも大変なのに酔っていたらとても無理です。
 
Dsc_1966
 
マキタは首が曲がると同時に回ります。すべてのシチュエーションに対応出来そう。電池の持ちは圧倒的です。強・弱2種類の切り替えだけなのもシンプルで良い。
 
Dsc_9327
 
ずっと弱で使いました。強はこの距離だと眩しい。
 
Dsc_1968
 
昨今、中華製の激安互換バッテリーと言うのがありますけど、どうなんでしょう?コストパホーマンスは十分らしいけど、火災とか心配ではある。
インパクトでバリバリやる現場職人にはパワーがなくて向かないそうです。
   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

マテ貝掘り・リベンジ

・・・・・・・・は出来ませんでした。

Dsc_9136
 
今回はクラフト吉川のTさんをゲストとして同伴。
干潮時間が早かったため、駐車場も一杯だった。
 
Dsc_9137
 
塾長達はすでに始めていた。しかし、今回も良い漁場に当たらず、また塩を入れても出て来なかったりして早々と諦めました。
 
Dsc_9183
 
沖のテトラに潜ってワカメを採取。ローカルはアワビやサザエが一杯いると言っていたのに全然おらんがな。毎度の事ながら地元情報当てになりません。
 
Dsc_9140
 
いつもの野営地に行くとこの状態。デコトラの集会か?
 
Dsc_9145
 
仕方なく隣の堤防に移動。
 
Dsc_9161
 
ヒヨドリ等、焼き物とワインの夕べとなりました。
 
Dsc_9159
 
対岸は賑やかなことで・・・・・
 
Dsc_9167
 
おかげで?釣果もサッパリ。
 
Dsc_9175
 
そしてホームレスの朝。お年のTさんは車で寝ていただいて、私はGIベットで桜の木の下で寝ましたが超快適。しかし、朝方早くも蚊が出た。
 
Dsc_9176
 
蔦島への渡し。
 
Dsc_9172
 
観音寺のスーパーで買ったオコゼが残っていたので、私がクッキング。塩コショウとハーブをまぶしてオリーブオイルで揚げた。絶賛された。
七輪で焼くより良かったと思う。基本、私は料理のセンスがあるのだろう。炭を熾すのが面倒なだけだったとも言う。残りの油でフランスパンをカリカリに焼く。
 
Kちゃんは我慢ならず、朝からビールをやったので、二度寝した。
 
Dsc_9179
 
「食えん!」の間違いです。
 
Dsc_9182
 
結局デブに逆戻り。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

試運転

昨夜、「若鳥」で一杯やった後、スーパーに寄って買い物を済ませる。今朝は6時起床。まずはユキちゃんの散歩。次に、紙ゴミの日でしたから母屋と自宅から大量に出す。高知新聞と朝日新聞に目を通す。朝食をとりながら、カレー8皿分を作る。中々大変なのどすえ~。

Dsc_1611
 
夕方、タケノコ鍬のポテンシャルを試したくて裏山に登りました。登りも下りも鍬はザックに収納。
 
Dsc_1614
 
総重量は20キロオーバー。こんなに重たい荷物を担いだのは20年ぶり以上か。
 
Dsc_1532
 
ネットで調べると先端の青いピロピロの延長線上に地下茎があり、それを切断すると簡単に取れるとのこと。
 
しかし、現場は急斜面だし、石や竹が生えていたりして教科書通りにはいきません。最初のポイントでザックが一杯になったので下山。他にもいっぱい生えているのでなるべく見ないようにして帰りました。流石専用鍬、でも足場が悪い所が殆どで上手に使えませんでした。
 
Dsc_1616
 
塾長やご近所におすそ分けして、只今クッキング中です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

タケノコ掘りの鍬

今日は鍼灸院に行ったのでグッタリ。

Dsc_1600
 
注文していたタケノコ掘りのクワが届いた。
 
柄が短めで、その分、刃が厚く重いタイプ。ブッシュの中の移動や作業に適していると思いました。
 
Dsc_1602
 
自作のマテ貝掘りのクワと比べると随分細身です。あべこべに使ったらえらいことになるな。
 
Dsc_1603
 
この部分、角パイプを溶接しているのが気に入らないのですが、最近は高級品もこのタイプが多いようです。実用性に問題ないのか?一体型の鍛造は面倒なのか?その辺は鍛冶屋じゃないから分かりません。
 
Dsc_1607
 
柄の樫材の品質は今一つです。でもパンダがいたから良しとしよう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

タケノコ掘り

今朝は1℃。山間部では積雪があった。

Dsc_1523
 
裏山ではツツジが見頃をむかえています。
 
Dsc_1525
 
でも、本日の目的はタケノコ掘りじゃった。
 
Dsc_1529
 
付かず離れず、良く付き合ってくれます。
 
Dsc_1543
 
例の奴もあちこちに顔を出しています。
 
Dsc_1532
 
こうなるとちょと伸びすぎでしょうか?でも個体によって硬さはまちまちのような気がします。
 
Dsc_1533
 
この位が狙い目です。実はタケノコ掘りは小学生以来です。でも何とか・・・・汗かくな。
 
Dsc_1545
 
道具がこれだから無理もない。柄が抜けるし。三条の刃物屋に早速発注しました。凝るな~。
 
Dsc_1544
 
間髪を入れず皮を剥いて、
 
Dsc_1546
 
大鍋2個で下茹で。
また、新しい楽しみが増えた。運動と犬の散歩を兼ねていて、一石三鳥です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

マテ貝掘り 2018 (後編)

足元でユキが横になっている。

Dsc_1368
 
宴は矢張りマテ貝から始まる。
 
強火で火を通すのが要ですが、事件発生!他の餌に気を取られてユキがお尻を七輪にくっつけた。引火して危うく肛門火傷となるところでした。バカだな。
 
Dsc_1370
 
小ぶりな地牡蠣。
 
Dsc_1372
 
この結構いけるお刺身は・・・・・・
 
Dsc_1374
 
地元のショッピングストアー今川・デビラ。しかもカタカナ!
 
Dsc_1388
 
お刺身で食べられるフグは焼きます。
 
Dsc_1390
 
これも今川製・白エビ・地獄焼き。やっぱりバナネイエビとは違う。押さえてないと跳ねます。
 
Dsc_1427
 
そうこうしているうちにアナゴも。しかし、釣果は今までで最低。
 
Dsc_1400
 
焼きフグ、マイウ~。
10時には就眠。
 
Dsc_1433
 
6時半に起床してユキちゃんの散歩を済ます。
カモメたちもマテ貝を掘っているのか?
 
Kannonnji
 
パドボーの朝練で「大蔦島」を1周した。4キロ強。時計を持ってなかったが1時間かからなかったのか?最初は2/3㎜のウエットで肌寒かったが、島の裏側で上半身脱ぐ。
ついにグーグルマップを取り込むことが出来るようになった。
 
Dsc_1442
 
9時に帰路に就きました。大歩危・小歩危経由です。予定もないのでゆっくり帰る。
 
Dsc_1444
 
山間部は桜が満開でした。
 
Dsc_1462
 
国道からそれた山道でユキちゃんと遅い朝食。ビールもやって昼寝。
 
Dsc_1460
 
遥か天空で農作業する人がいた。
 
Dsc_1456
 
山桜は葉桜になりつつあった。楽しい休日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

マテ貝掘り 2018 (前編)

土曜の午後から観音寺へマテ貝掘りに出かけました。毎年5月の連休ですがフライング気味。

Dsc_1347
 
今年もやって来ました「モンサンミッシェル」。連休でなくても人出はあった。
 
Dsc_1343
 
気の早い塾長夫妻は3時頃から出動。干潮は17時。
 
Dsc_1353
 
今回は全般に貝が少ないようで、私は1時間で切り上げる。例年の1/3程しか採れなかった。
 
Dsc_1351
 
しつこく頑張る人達。手前のおじさんはプロ級の方で、ちょっとの間にバケツ一杯。おだてながら秘伝を聞き出しました。
 
Dsc_1357
 
その後、いつもの野営地へ。大蔦島の鞍部に日が落ちる。
 
Dsc_1362
 
そして月も出た。満月>大潮>潮が引く>マテ貝掘りとなるわけですね。
 
Dsc_1365
 
アナゴ狙いの釣りの準備をして夜の部はまた明日。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧