« SUPスクール | トップページ | モビールの制作 その1 »

2019年8月28日 (水)

da zero(イタリア料理)

東京から従弟が帰って来て佐川町にあるイタリア料理店に行こうと言う。

Dsc_6116

飲むからJRで。車窓は一幅の絵画のよう。途中、土佐加茂駅で10分の上り列車待ち合わせ。単線だから。山手線でこんなことしていたら大事だな。

この区間を乗るのは私も20年振りか?ちなみにJR四国は200円稼ぐのに1000円かかっているそうです。

Dsc_6120

お店は民家を改造したもの。あまり作り込んでないところが良い。

Dsc_6119

帰って行くタクシー。雨でなかったら歩いても20分くらいか。

Dsc_6121

高糖度トマトのソルベ。

Dsc_6125

地ビールも飲む。

Dsc_6128

何とかサラダ。

Dsc_6122

お二人は東京と大阪出身で奥さんが地元。きっと「はちきん」の尻に敷かれているだろう。私と従弟のルーツはこの近所です。

Dsc_6129

仁淀川の天然アユを使ったカルピオーネ。

「アユの女体盛りやな。」と言ったらうけていた。すみません話が下品で。

Dsc_6133

手打ちパスタ。

Dsc_6134

私も贔屓にしている「松田精肉店」の和牛。でも家から往復1時間以上かかります。

Dsc_6137

リゾットもこってりしていて、酒飲みには腹が張り過ぎるな。そういう人はコース料理には向いてないな。

Dsc_6141

スパークリングやらワインやら飲み過ぎて酒代の方が高くなってしまった。でもおごってもらったからいいのだ。

Dsc_6143

桃のティラミス。

美味しかったけどコースは酒飲みには向かないと痛感。そんな方は新橋の立ち飲みにでも行ってください。

Dsc_6151

8時前に西佐川駅に帰るとガランとしていた。

Dsc_6150

メインストリートにはタクシー屋が2軒あるだけ。

ちょっとした旅行気分でした。

 

|

« SUPスクール | トップページ | モビールの制作 その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SUPスクール | トップページ | モビールの制作 その1 »