« 熟年ラフティング その1 | トップページ | 角鑿の治具 »

2019年8月 9日 (金)

インバウンド

なんか、熱中症なのか少し頭が痛いです。頭痛とは無縁の男なんですけど。

アメリカの女性大臣、辞めた方も含めて美女揃いですね。何ともならんなトランプは。

Dsc_5980

「木偶廻し」という囲炉裏で焼いた料理。先端の団子は蕎麦がき。こういうのが素朴でいいよな。山奥の宿で刺身が出てもね~。

Dsc_5982

ソバの実が入った吸い物。

Dsc_5986

同級生はもうUPでは無理。

Dsc_5995

女将があいさつに来た。散々日本酒を飲んで最後は誰もいなくなった。

Dsc_6001

そして朝、二日酔い気味でしたがご飯をお代わりする。

Dsc_6002

やっぱし、この豆腐が一番旨い。

Dsc_6003

インバウンドというか外国からのお客様多し。お国の国旗を出身地に刺しています。香港が圧倒的に多いようです。香港人は刺すのが好きなのかもしれませんけど。

この宿は木造のケーブルカーで昇る「天空露天風呂」が売りなんですが、男湯には外人3人がいた。隣の女湯にもファミリーがいるようです。

「オラ、オラ」言うので国を聞いたらスペインとのこと。私を無視した態度をとるのでそれ以上の会話はなし。まあ、海外に出た日本人もこんなもんなんだろうけど、何だかな~。地元の人と触れ合わなければ旅の価値は半分以下だと思うのですが。

|

« 熟年ラフティング その1 | トップページ | 角鑿の治具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熟年ラフティング その1 | トップページ | 角鑿の治具 »