« 一層ずつ。 | トップページ | 蔦屋が出来た。 »

2019年3月 7日 (木)

クソだったブリヂストン

木の芽時というのでしょうか、本年も体調がすぐれません。しんどいままプールに行ったら快調に泳げた。訳が分からん。

しかし、妙に季節感がなくて日本は「四季」から「二季」になったと塾長嫁が言っていた。

Dsc_4621

デカい割には維持費のかからないハイエース・スーパーロングではありますが、タイヤは減りが早いです。まあ、標準ボディーと同じタイヤですからしょうがないとも言えます。

背の高いミニバンはフロントタイヤの外側が特に摩耗します。前回、ブリヂストンの『エコピア』というブランドを買ったら、最初から外側の角がなで肩でした。「やっぱ頭いいブリヂストン!最初から減る形状にして、全体が均一に摩耗するように出来ているんだな。」・・・・と思っていたら・・・・・何が!外側はローテーションしても1万キロも走らないうちにツルツルに。

中央には溝が残っているのに、皆さまに坊主タイヤを指摘され、「もう少しでワイヤーが出て来るぞ!」とまで言われて、夏タイヤに履き替えた先日交換しました。スタンドのお兄さんが言うには「肩の部分はペラペラでした。」ヤバかったな。

と言いつつ、今回もブリヂストンなんですけど。

*重いキャンピングカーは停めていてもタイヤが減るとまで言われます。ハイエースなどを改造した車はやっぱりタイヤの負担は大きいです。バランスを考えるとコースターみたいなリヤ・ダブルタイヤのバスコンがいいと思います。

|

« 一層ずつ。 | トップページ | 蔦屋が出来た。 »

コメント

前の車もエコピアでしたが、静粛性に優れた良いタイヤでした。でも今のFF車のピレリPゼロ ネロは、超扁平ということもあり、地面の凸凹を全部拾うので、前輪が1万キロもってくれるよう願うばかりです。

投稿: 和彦 | 2019年3月 7日 (木) 22時59分

1万5千キロくらいのもんでしょう。扁平タイヤはタイヤメーカー・販売店にとってはドル箱なんですね。作る手間は軽トラのタイヤとそう変わらんから。

かつてはNO1だったピレリも今は三流メーカー、次はブリにした方が良いですよ。

投稿: キラ | 2019年3月 8日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クソだったブリヂストン:

« 一層ずつ。 | トップページ | 蔦屋が出来た。 »