« バンドソーの刃 | トップページ | 帰路 »

2019年2月11日 (月)

冬の剣山

日曜は同級生のリクエストで徳島県の剣山に出掛けました。仕事の都合で出発は10時。

Dsc_4440

大豊インターで降りて、かずら橋を通るルートです。オー!山は雪じゃ。

何と!登山口の7キロ手前で『通行止め』の看板が。しかし、チェーンが張ってあるわけではなく、子供でも動かせるプラスティックのパイロンとポール。「自己責任で通行可」と解釈した。

Dsc_4442

履いてて良かったスタッドレス。案の定、他にも車が上っている。

Dsc_4443

なんか、寒そう、最小限の装備しかないんですけど。剣山にはライブカメラがなく勝手が分からなかったのです。

Dsc_4446

昼過ぎに到着、お昼は「祖谷そば」でもと思っていたが、店は当然開いていません。

Dsc_4445

そういう事もあろうかと思って、クーラーボックスにスパの材料を放り込んでいた。

カメラの記録では13:35に登山口を出発。標高は1955mですが高低差は500の楽勝コース。

Dsc_4456

樹氷が解けずに残っていました。

Dsc_4465

なんとも幻想的。

Dsc_4460

シュールな彫刻。でも花粉症の方にはショッキングかも。

Dsc_4471

簡易アイゼンがないと確かに滑ります。下りが心配ではある。

Dsc_4480

中間地点のリフトの西島駅から頂上を望む。もう一息!

Dsc_4483

ユキちゃんは皆に可愛がられます。

しかし、ここで登山経験のない軟弱な同級生が撤退を表明。「頂上まで行けても、下りで膝が笑う。」

確かに私も下りには不安を感じていた。ほぼ全員がアイゼンを装着していた。中にはピッケルを持ったグループも。それはかえって危険です。

Dsc_4484

一組しかないストックと簡易アイゼンを友人に渡して、私はアイゼンなしで下ったが特に滑ることもなく、快適に下れた。あっという間に下山。雪のクッションのせいで膝も痛くならなかったけど、妙に筋肉は使った。

同級生:「頂上まで行けちょったね~。」

私もこんなハイキングで撤退するという心の傷を負いました。しかも、狭いクネクネの山道をスーパーロングで往復4時間のドライブが堪えて本日は寝込んでおりました。年は取りたくないものですね。

|

« バンドソーの刃 | トップページ | 帰路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/75110328

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の剣山:

« バンドソーの刃 | トップページ | 帰路 »