« マテ貝掘り・リベンジ | トップページ | ワカメのメカブ »

2018年5月 1日 (火)

豊楽寺薬師堂

おとといの朝。

Dsc_9168

お腹も張って~、俺は飲み過ぎと潜水で疲れていたのですぐ帰りたかったのに、Tさんが「店を休みにしているから帰りたくない。」
 
Dsc_9186
 
大豊インターで降りて、少し戻って「豊楽寺・薬師堂」を訪ねました。
 
Dsc_9184
 
国道から3キロほど狭い山道を上がったところにあります。凄いロケーションです。
 
Dsc_9187
 
これが薬師堂!と勘違いするTさん。
 
Dsc_9188
 
お婆さんに案内を請う。
 
Dsc_9196
 
ここも違うよ~。
 
Dsc_9202
 
周りには蕨がどっさり。
 
Dsc_9197
 
なんだよ、これに違いない。
 
Dsc_9198
 
杮(こけら)葺きです。柿(かき)と同じに見えますが全く違う字だそうです。
 
Dsc_9204
 
階段の横にはシャクナゲが。盛りを過ぎていたけど、うっとりするな。原始の美しさだろうか?
 
Dsc_9212
 
沢山の地蔵様。
 
Dsc_9205
 
どれも、
 
Dsc_9207
 
優しいお顔です。
 
Dsc_9214
 
構造は独特。装飾は殆どありません。724年行基の創建と伝えられます。まあ、大工さんが建てたんですが。建築では四国唯一の国宝です。
 
Dsc_9223
 
四国電力~、電柱を何とかしろよ!
辺鄙な場所にあるせいか、連休中にも関わらず観光客はおりませんでした。
 
山から降りるとTさんが
「この辺りに美味しい食堂があるそうな、そこでお昼にしよう。」
「そこって、ネットでも有名な所じゃないですか?ゴールデンウィークは無理かも。」
案の定、駐車場は満車。外に50人ほどが行列していた。
 
ヒバリ食堂:隣の精肉店が経営。メガ盛り・味も良いそうです。
 
Dsc_9229
 
しょうがないのでTさんお薦めの「喜太八」。ここも満席でした。
 
Dsc_9226
 
味も雰囲気も良いのですが田舎のくせに値段は高い。
 
Dsc_9228
 
蕎麦は黒いです。本当は天ぷらにしたかったのに、Tさんが「かけ」を頼んだので「おろし」にした。でも美味しかった。
 
まあまあ充実した一泊二日の旅でした。

|

« マテ貝掘り・リベンジ | トップページ | ワカメのメカブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/73406191

この記事へのトラックバック一覧です: 豊楽寺薬師堂:

« マテ貝掘り・リベンジ | トップページ | ワカメのメカブ »