« ダナンの木工 | トップページ | 疲れて来た。 »

2018年3月 2日 (金)

修行の末

本日もillustratorと戦いました。普通の仕事も一応した。

Dsc_0958
 
イラストレーターで作画して、筆箱を作ってみました。
 
慣れないもので、リフレクトする時など、ピッタリ合わなかったりして苦労します。後からチェックして判明するので手に負えません。全く簡単じゃないぞillustrator。まあ、複雑な作業が簡単に出来るというのは、簡単じゃないという事でしょう。
 
それから、アル中のせいで、ドラッグしてマウスから指を放す瞬間ズレてしまう。
 
Dsc_0960
 
ホゾは一遍が4㎜。カエデは硬いから煤が付きます。焼失部分を計算して作画するのが面倒です。こんがらがるしな。加工速度を遅くすると焼けて緩々になります。
 
Dsc_0963
 
楔型のカットで正確に嵌まりますが・・・・どうだか?当初、上蓋を被せるスタイルを考えていましたが、モッサリしてしまいます。蓋が板だけだと反るだろうし。
 
Dsc_0964
 
移動スピードが遅いと焼失部分が増えるし、速いと完全にカット出来なくて刃物を使う必要があります。それではレーザーカットの意味がない。機械を入れたからには楽して稼げなくては。
 
今のところ筆箱の製品化の予定はありませんが、小さな引き出しを量産するには圧倒的な能力を発揮すると思います。非接触加工なので刃物を研ぐ必要もない。
 
大きな箱物の墨付けも極めて正確・神速・細くて明瞭な線が引けます。
 
まあ、illustrator修行のおかげで、パソコンにも少し詳しくなったし、これから図面を引くにも重宝するでしょう。
 

|

« ダナンの木工 | トップページ | 疲れて来た。 »

コメント

千両箱みたいでカワイイですな。

投稿: つる | 2018年3月 2日 (金) 22時00分

十両くらい入ります。lovely

投稿: キラ | 2018年3月 3日 (土) 10時32分

クソ窓はクソだからよくズレますよね
マックにしたらエエのに(ナショナルマックじゃないよーhappy01

投稿: べあ | 2018年3月 5日 (月) 10時58分

Macはズレないんですか?

しかし~、中華製レーザー加工機はクソ窓しか受け付けてくれないんですよ!

投稿: キラ | 2018年3月 5日 (月) 14時14分

マックはズレません クソ窓機は中華レーザー加工機の付属品が適役でしょうcoldsweats01

投稿: べあ | 2018年3月 5日 (月) 22時05分

そうなんじゃ。Macで描いてWindowsに放り込んだらどうなるんでしょう?

投稿: キラ | 2018年3月 6日 (火) 08時25分

両方にイラストレーター(開く時は同じか新しいバージョンじゃないとバグる)が入っていれば問題ないと思います。
窓の方がpdf.でも良いのなら窓にイラストレーターは必要ありませんよ。happy01

投稿: べあ | 2018年3月 6日 (火) 10時34分

そうなん?ちょっと簡単な図形送ってみて下さい。

投稿: キラ | 2018年3月 6日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/73029494

この記事へのトラックバック一覧です: 修行の末:

« ダナンの木工 | トップページ | 疲れて来た。 »