« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月31日 (水)

四苦八苦

疲れが出たのか体調が今一優れません。(旅先のコメントに返答しました。)

Dsc_0591
 
本日は不調のレーザーカッターをソフト面で友人のS本氏に見てもらった。パソコン3台駆使しても妙に分からん。加工機本体にデータがダウンロード出来ません。
 
Dsc_0588
 
ユキちゃんも首をかしげています。
 
Dsc_0589
 
ふて寝した。
 
Dsc_0593
 
時にはダウンロードに成功するので、急いでいるアクリル加工をやってみたら問題なく作動した。訳が分からん。
 
Dsc_0594
 
切断面もツルツルです。これを糸のこ盤でやったら溶けてガザガザになります。
確かに便利な機械です。動けば。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

帰って来た。

ら、寒さが身に沁みます。

Dsc_0455
 
ダナン最終日の朝。こんな波は滅多に来ません。その後はダンパーだし。どこに来るか分からないし。ベトベトのウエットを持って帰るのも嫌だし、波乗りはなし。
 
博物館に行って、ハン市場で買い物をして空港へ。バーガーキングでセットにハイネケンを付けて1300円?現実に引き戻されます。ビーフって言ったのにチキンだし、ボリュームは満点。ベトナムではよくあることです。
 
Dsc_0492
 
関空到着は夜の9時。
 
サンダル・半パン・ランニングで降り立つ。喫煙ルームで大阪のおばちゃんに「寒いわ~。」と言ったら「あんた、私もビックリしたわ!」
 
Dsc_0494
 
ますます、現実に引き戻される。
 
Dsc_0499
 
もう家に帰る便はないので、予約していた空港の最新カプセルホテル。まあまあですが、高過ぎるとは思う。足元見てるとも言う。
 
Dsc_0505
 
早朝、3回電車を乗り継いで和歌山港へ。
 
Dsc_0518
 
フェリーで徳島港へ。これも旅の延長として楽しむしかない。幸いハイエースは盗難されていなかった。
 
Dsc_0523
 
高速の峠越えは帰りも雪だった。
 
Dsc_0526
 
ユキちゃんはモモと一緒で、最初はボケていた。その後、熱烈歓迎。
 
Dsc_0536
 
今夜はこれで宴会です。殆どは見つかったら没収されると思う。毎度のことです。中身は私も知らない。バナナの葉に包まれているのは多分ハム。しかし、常温で何日も吊るしていたと思うのですが。
 
前泊と後泊も含めると7泊8日の旅でした。出発前はどうかと思ったけど『旅は行ったもん勝ち!』やね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

名ガイド

本日の午後、ダナンから帰ります。関空で一泊しなくてはなりませんから、家にたどり着くのは明日になります。

Dsc_0236
 
あいにくの雨でした。雨期だからしかたない。
 
Dsc_0244    
 
ホテルの朝食。ドラゴンフルーツは初めて食べたけどあっさりして美味しい。ホー、ぬるいぞ~!コーヒー甘くてうまいぞ~!
 
Dsc_0240
 
ホイアンが欧米人に人気なのは近くに田園が広がっているし、田植え経験とかなかなか頑張っているからか。宿主に聞くと、ちょっと自転車で走れば、知られてない静かな寺院もあるとか。
 
Dsc_0247  
 
あさ、ミーソン遺跡ツアーです。全員のピックアップに40分ほどかかる。バスのスピードメーター動いてないんですけど。
 
Dsc_0264
 
ガイドと一緒に行動。売店で使い捨てポンチョを買う。
 
Dsc_0403
 
出発点までは電気ミニバスで移動。
 
Dsc_0268
 
遺跡は戦争中、北の拠点となっていたので、爆撃されてあちこちにクレーターがあります。
 
ガイドさんはアメリカをボロクソに言ってから・・・・「今日はアメリカ人いるかな?」「おるで~!」
 
Dsc_0293
 
「おるで~!」のおっさんはちょっといじけていた。
 
Dsc_0282  
 
「この首を盗んだのは誰と思います・・・・・・・フランス人ですよ~!」統治時代のことだな。今、フランスの美術館にあるそうです。
 
Dsc_0273
 
リンガを前に下ネタ連発!「このサイズは羨ましい。」   
 
Dsc_0283
 
クレーターも何も知らなければ丸い美しい池なんですけどね・・・・・・。
 
Dsc_0290
 
だみ声のガイドは名人でした。ちょっと感動。でも、平明な英語なのにもう半分も理解できません。残念です。早く、ポータブルの翻訳機出来ないかな。
 
Dsc_0291
 
ワンマンショー。後で質問にも丁寧に答えていた。
 
後ろの中国人青年は一人っ子でしょう。帰り道、お母さんに絶叫して一同シーンとなる。お母さん、可哀そうだったな。
 
Dsc_0296
 
こちらは女性リンガ。てか、中国人2人美人だったな。
 
Dsc_0387
 
このエリアがミーソン遺跡のハイライトです。ここの30分ほどの滞在のために5時間ほどのツアーですがその価値は十分あると思います。後ほど詳細をUPします。
 
Dsc_0398
 
大人気のガイドさん。
 
イタリア・グループ左の子が可愛いかった。休憩で一緒になった時話していたら、「後で日本にも行くで~。」ガイドしたら良かったかも。でもムッサイ2人も一緒だからな。美人ぞろいのツアーでした。
 
Dsc_0415
 
殆どの方は帰り道、ボートを選択しましたが、前回エンジンが壊れて漂流した経験があったので同じバスにした。でもバスも恐ろしいのは変わりありません。
 
まあ、面白かった。ダナンに戻って、夕方波乗りもした。最悪でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

世界入りにくい居酒屋 ホイアン編

・・・・・・があったと思い、ググってみた。おお!行った人もいるし、グーグルアースで仮想旅行する人もいるんだな。宿の近所には適当な店がないので行ってみた。

Dsc_0191
 
マップを撮影した。これが後で非常に役に立った。
 
Dsc_0192
 
歩いても30分ほどの距離ですが、タクシーのつもりが夜は全然いません。宿で自転車を貸してもらう。右側通行でライトも付いてないから恐ろしい。夜の街は昼間と違うし。
 
方向音痴の私は案の定、道に迷う。地図を片手にお店で聞くと、ベトナム人は親切に教えてくれますが、これが全く逆方向だったりします。なんとのう英語が出来そうに思いますが日本人と同程度です。聞くなら若い人に限る。
 
Dsc_0199
 
泣きそうになりながら到着。でも、大丈夫かよ。
 
Dsc_0223
 
日本人が一杯いたらどうしようかと思いましたが・・・・・・・ここに来るのは相当物好きです。
最初は一組だけでしたが8時頃でこの状態。夜が更けて賑やかになるようです。もちろん日本人はいませんでした。
 
Dsc_0205
 
独特な春巻き。カリッと中は半生。アジアの人は素材感を生かすのは上手ですね。エビ入りで100円。
 
Dsc_0203
 
なんか、お相手する余裕がなかった。酔っぱらって自転車で帰らんといかんし。
 
Dsc_0208
 
フィッシュなんとやらはすり身のスープだった。左が店主自ら作るという爆弾酒。その辺のペットボトルに詰めています。
 
Dsc_0213
 
麺を追加してもらった。
 
Dsc_0214
 
こんな感じになります。
 
Dsc_0211
 
ご家族で経営されています。
 
Dsc_0216
 
メニューにはカエルの皮とか、蛇とかネズミとか書かれています。
 
Dsc_0218
 
最後に他のお客さんのを見て頼んだホルモン?旨かった!けど、歯ブラシが黄色くなって取れないんですけど。
 
ビール2本頼んで合計¥500ちょっとでした。ビックリ。昼のチャーハンと同じでした。
幸い、帰りは迷うこともなく宿にたどり着きました。もうちょっといたかったんですけど。ちびっと、ホイアンの好感度UP。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

ホイアンはガッカリ!

Dsc_0034

10時からタクシーでホイアンに移動。メーター制でボラれることはありません・・・・がつり銭は微妙な時があるかも。どっちにしても安いし。
 
Dsc_0032
 
15年前のハノイのラッシュ時は、タクシー車体とバイクのハンドルグリップの距離は2センチでした。見切りがすごい。時々こすって運転手が怒鳴っていた。
 
Dsc_0043
 
ベトコンが頑張れたのは、何もしなくても水稲が育つ豊かさで、食料に不自由しなかったからだとも言われています。
 
Dsc_0069
 
ホイアンは欧米人多し!レンタルバイクのお姉ちゃんは頭にGプロ。
 
Dsc_0148
 
ベトナムは歩道が駐輪場になっていて歩けません。縁はご丁寧に傾斜になっています。誰も歩いてないし。
 
Dsc_0124
 
ホテルに着いて今日も自撮りしてみました。元気ですよ~。
 
Dsc_0177
 
初日に会ったオジサンがホイアンはいいと絶賛していたので来てみたのですが、原宿状態でした。古い町並みって、アジアでは普通にあるがな。自分的にはガッカリ名所ですね。輪タク2台目のオヤジは爆睡していた。
 
Dsc_0159
 
皆さーん!ここがテレビでもお馴染みの日本橋ですよ~。中国人が記念撮影中。12万ドンもかけて総合入場券を買いましたが、見る価値のあるものは何もない。日本橋も入場券が要りますが、知らんぷりしても何も言われんし。
 
Dsc_0138
 
おまけに昼の焼き飯は美味しくない。高いし。やっぱり汚くて混んでる店でなくては。
 
まあ、明日のミーソン遺跡観光の拠点として来たのですが、こんなことならダナンからも、ちょっと遠いけどバスが出ていたのにな。
 
中高年の皆様、ホイアンは原宿です。足を延ばす価値はありません。ただ、薄着の白人ギャルは沢山見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庶民の居酒屋は、

朝、ウォシュレットがないのは違和感がありますね。冒頭から爽やかな話ですみません。

Dsc_9980
 
海岸通りを居酒屋へ。徒歩20分。泳いだら普通に寒いと思います。
 
Dsc_9983
 
ぼんぼりを見ながら、
 
Dsc_9985
 
このサラダ、旨いがな~と食っていたら鷹の爪が一杯入っていた。全部取る。
 
Dsc_9986
 
骨だらけの鳥。日本にはないスタイルです。これでいいがな。
 
Dsc_9991
 
ベトナムムードたっぷり。
ビールが常温で、氷を入れて貰わなくてはならないのが庶民の居酒屋です。
 
Dsc_9998
 
オーナーは事業拡張を考えているらしい。夏はもっと沢山来るのだろう。
 
Dsc_0014
 
タクシーで帰って、ホテルのバーで飲みなおす。
 
Dsc_0009
 
昨夜は生演奏あり。
 
Dsc_0012
 
俺の流暢な英語が理解できないようなので、
「妙な声で街を流している煙の出るバイクは何屋?」と筆談。絵が上手くて良かった~。
肉まん売りでした。残念なことに掃除のおばさんのほうが絵が上手かった。
「日本だったら焼き芋やで~!」と教えてあげました。
 
Dsc_0019
 
草のカクテル。
 
Dsc_0020
本日は宿に荷物を預けて一泊でホイアンに出かけます。
 
海のコンディションは24時間オンショアで、良くなったり悪くなったり。サイズは上下しますが殆ど同じです。だからお椀の船も漁が出来るのでしょう。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

文化にも触れる。

今朝も波乗りして疲れました。日本は寒いそうですね、体は現金なもので快適な気候にはすぐ慣れます。現在のホテルではなぜかコメントに返信できないので、後でしますね。

Dsc_9849
 
昨日の昼飯。麺はインスタント麺です。
 
Dsc_9898
 
店のお兄さんが撮影してくれました。ブレとるがな。
 
Dsc_9902
 
春巻き、具があれこれでマイウ~。
 
Dsc_9907
 
こういうの東京でやってみたいな。
 
Dsc_9919
 
ホテルの朝食。ちょっと恥ずかしいんですけど。
 
Dsc_9920
 
「卵は両面焼くか、片面か?」って聞かれました。フランス式???
 
Dsc_9927
 
午後から「チャム彫刻博物館」へ。
 
Dsc_9928_01
 
反対側から見ると…・・・・・・・元気なんですけど。
俺さ~、バカだ大学の多摩美の彫刻科卒で良かったと思います。一般人はなんぼ学芸員の説明を聞いても1パーセントも理解出来ないと思います。全く説明がなくても素で理解できるのは我々美大生の特殊技能といえましょう。
 
Dsc_9936
 
なんか、踏んずけているのは邪気で、まんま日本のものと似てやしませんか。アジアの繋がりを感じます。
 
Dsc_9932
 
兵馬俑の兵士そっくりだし。
 
Dsc_9960
 
小腹が空いたのでホー。ここのは熱くて絶品でした。草が付属します。
 
Dsc_9952
 
むっちゃ汚い店でしたが流行っていた。
 
Dsc_9954
 
ちゃんと許可を頂いて撮影していますよ。
 
Dsc_9970
 
その後、ハン市場でナイキのTシャツを買う。350円でしたけど。
 
現在のホテルは快適でお高いんですが、周りの店もそれなりに小綺麗で観光客向けです。やっぱり、薄暗くてプラスチックの小さい椅子のある庶民の居酒屋でなくては満足できません。今夜は、ちょっと歩いて初日の店に向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダナン 波乗り

小雨のぱらつく朝です。暑くはなく肌寒いくらい。

今回はサーファー以外は理解できません。
 
Dsc_9885
 
昨日はみっちり2ラウンド波乗りをしました。オーシャンビューのホテルからの画像。結構良く見えるけど・・・・・・
 
Dsc_9865
 
ダナンの波ははっきり言って上級者向きです。初心者はスープで遊ぶくらいしか出来ません。中級者でもワイキキとは違い困難かも。
 
まず、テイクオフが独特。30分乗れず。
 
うねりが来たら全力で漕いで、フェイスに載ったと思ったら立ち上がります。テイクオフのアタリはありません。それからソーっと乗ってゆきます。でも、慣れるとそれなりに楽しい。
 
Dsc_9875
 
最初はホテルのBICロング10を使いました。サイドフィンが取れていてやや抜け気味ですが良い板でした。
 
次に近くのショップで8を借りたのですが、これがかつてないほどひどい板でした。ただ乗れるだけ。普段、高性能サーフボードに如何に頼った波乗りをしているか痛感しました。
 
ダナンでは板は長い方がよいです。飛行機のチャージが高いのでレンタルがましです。CHUホテルでBICの板がレンタル出来ます。信頼のモールドボードです。
 
水温はやや低く、ウェットは2㎜/3㎜のフルスーツが無難。短時間なら裸でもスプリングでもOKです。
 
Dsc_9872_01
 
「どっからよー」「オーストラリア!」ナイスバディーのオージーは彼氏と1枚の板をシェアしていた。ここだけ、サーフポイントっぽいですが・・・・・・
 
Dsc_9873
 
周りは中国人観光客だらけです。
想像していたよりはずっと乗れました。混雑もなし。疲労困憊する。
 
Dsc_9878
 
お椀の船も出ていた。余程風が安定しているのか?オフショアが吹いたら終わりです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

朝飯

日本ですら暗いうちから犬の散歩なので、2時間遅れのベトナムでは当然真っ暗。

Dsc_9780
 
明るくなってから朝飯に向かう。
オバサンが泳いでいるのは健康法だと思います。
 
Dsc_9774
 
パンにしようと思ったけど・・・・・
 
Dsc_9817
 
ホテルのそばの店にした。小雨模様です。ダナンは雨期だからな。
昨夜の店は開いてなかった。朝と夜で住み分けがあるのかも。
 
Dsc_9790
 
暑くもなく、丁度いいです。
 
Dsc_9795
 
牛肉と血の豆腐入のホー。ぬるいし。
 
Dsc_9792
 
落ち着くわ~。
 
Dsc_9809
 
子犬も多い。大きくなったら食べるんだろうか?
 
Dsc_9810
 
店主がひたすらついばんでいるのは・・・・・・・
 
Dsc_9811
 
極小の巻貝。高知でいう「マイゴ」。もちろんこんな小さいのは食べません。
 
Dsc_9813
 
お!身は結構あるかも。
 
Dsc_9798
 
食後は濃くて甘いコーヒー。好みです。
 
 
Dsc_9826
 
ホテルのエレベーターで自撮りしてみた。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

晩飯

歩き疲れたので、朝、ホテルで更新しときます。

Dsc_9747
 
暴走族なのか?詳細は分からず。ただ、普通のバイクも同様にうるさいので迷惑ではありません。
 
Dsc_9749
 
観光客相手の小綺麗な店は孤独になりがちなので、ホテルのそばの普通の居酒屋?
 
Dsc_9748
 
徳島の方とまた会ったので一緒に食べることに。
オネーサンはベトナムにきて一等美人でした。スタイル抜群!
 
Dsc_9752
 
ここも小さいながらいけすがあって、ムール貝をチョイス。ただ、繋がったままなんですけど。
 
Dsc_9757
 
豚のパクチー風味。マイウ~。
 
Dsc_9761
 
店員おすすめの食材はやっぱりケロケロでした。いけすにはいなかったけど。
 
Dsc_9763
 
ベトナムは~、子供が一杯いるな。
 
Dsc_9767
 
いいんです、食い散らかして。
 
Dsc_9770
 
そして夜は更けていくのでした。2時間の時差ですが結構影響がありますね。
 
Dsc_9833
 
ちなみに2人で35万ドン。1700円くらい。ビール4本、ウォッカ1瓶含む。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

ジェットスターで、

車で雪の山越えをして、徳島から船に乗り、電車で関空へ。

Dsc_9704
 
お昼に、ベトナムのダナンに到着。いろいろあって、疲労しているので簡単な更新ですみません。
 
Dsc_9712
 
一つは波乗りが目的です。海は広いがサーファーは殆どおらず。それは波がショボいからなのだ~。まあ、いいわ。分かってたから。チョッピーな風波。
 
空港のトイレでダウンジャケットから短パン・Tシャツに着替えました。
 
Dsc_9719
 
ベトナムは15年ぶりくらいか。まだおるで~、ドリアン売り。
 
Dsc_9732
 
徳島から一緒だった日本人のおっさんと海鮮の昼を平らげた。
 
Dsc_9728
 
魚介をチョイスする。
 
Dsc_9723
 
ベロが手首ほどあります。殻に収納できるんかや?
 
Dsc_9725
 
水族館かね。朝日ガニは高知にもいます。日曜までのんびりします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

収縮の問題

バタバタしています。

Dsc_8748
 
先日のナラの正目板。厚さ5ミリ。幅260ミリ。
 
リビングで放置してみた。何と!最大で2ミリも縮みました。反るはずですね。矢張り中央部の縮みは遅れて来ます。2日で安定しました。
 
Dsc_8779
 
ほぼ完成に近づく。今度は室に入れて湿度を上げたので逆反りしています。オイル仕上げでも良かったのですが、湿度の変化による割れや剥がれには漆の方が強いです。より収縮が穏やかになります。
 
Dsc_9639
 
角材が反るぐらいガチガチに嵌めていたテーブルの脚が取れました。やっぱりこの太さでは経年で緩むようです。仕口を工夫するか、ネジを併用した方が無難です。
 
Dsc_9640
 
修理は可能です。
 
Dsc_8836
 
暇なんでリゾートへ出発!?
 
Dsc_8833
 
すでに不安げなユキちゃん。ごめんよー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

寒かった。

土曜の午後から入野松原へ出発!ブログをチェックすると2ケ月近くのご無沙汰でした。

Dsc_8787
 
コンパクトだが楽しめる波でした。しかし、2mm/3㎜のウエットを使用したら一時間で体が冷え切った。
 
Dsc_8784
 
Tちゃんは読書をしていた。
 
Dsc_8801
 
体が芯まで冷えてどうにもならないので、風呂に入ってから「ゆうゆう」へ。レバニラとか湯豆腐とか温かいものを頂く。
 
Dsc_8804
 
そして朝。昨夕よりサイズUPしていた。いい感じだ。まあ、状況は変わらないと、ゆっくりユキちゃんの散歩をしていたら、悪くなった。
 
Dsc_8807
 
ロングとパドボーで3時間以上する。本日は3㎜/4mm。それでも寒い。
 
Dsc_8809
 
大砲を構えたおじさんがいた。昨夕の方が板が走った。
 
Dsc_8814
 
お昼にプシュっとやって、昼寝して帰りました。非常に消耗した。
 
Dsc_8818
 
トンビのソアリング。単に楽しくてやっているのか?獲物を探しているのか?是非聞いてみたい。ジョナサン・リビングストーンは飛行を追求していた。
 
Dsc_8822
 
可哀想なのもいました。これでは大分影響があるだろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

燃料

今日も暖かかったが、また寒くなるそうです。

Dsc_9617
 
先日、友人のS本氏から
「家にある桜の座卓が要らんなったから如何様にも処分してくれ。」と連絡があった。まあ、山桜なら貰うがな。
 
「女房と二人で3階からやっと降ろした。」 「・・・・・・・・。」
 
長さ2,4メートル・6センチ厚の山桜であれば、奥さんが伊調・吉田選手ならまだしも、あんたんとこの嫁では無理です。
 
Dsc_9618
 
やっぱり材はヒノキでした。脚の部分は切り落として中央のみ倉庫に保管することにした。
 
この商売をしていると裁ち板やらなにやら頂くことが多いのですが、「大切に再利用させて頂きます。」とか言っておいて、殆どは焚きます。
 
Dsc_8762
 
脚の部分を焚いているの図。なんとのうな艶めかしい。
 
Dsc_9620
 
寒いので、以前買った珍木など使いそうにないものはドンドン燃やしています。貴重な杢板もありますが茶箱の注文等そうそうありませんから。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

今日も息抜き。

午前中に柱時計の拭き漆・一回目を済ませて、午後から河口に波乗りに出掛けました。小雨ですが暖かい。

Dsc_9645
 
ウ~ン、肩から頭ぐらいあるけど良くない。
 
Dsc_9648
 
面が悪いし。
 
Dsc_9652
 
久々に甲殿もチェックしたけど厳しかった。
 
Dsc_9654
 
皆様、滅多に乗れないようですが、久々に入ってみることにした。
 
アウトで待っているロングボーダーは殆どが白髪頭なんですけど。私も含めて。
セットを落とすと足がもつれて、セットをバカスカ食らって、結局振り出しに戻りました。そんなに焦ることないのに。
 
冷えて来たので、一本乗って帰るつもりが中々来ません。やっと捕まえた波は岸までロングラン出来ました。1時間で一本だけ乗れました。
 
帰ると、漆はやっぱり乾いていません。この時期、漆を扱うのは部屋ごと暖めるとかしないと難しいですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

息抜き。

たまにはバイクの話。暖かいので・・・・・

Dsc_8769
 
半年以上乗ってなかったTL125を出してきた。
 
カッコいいわ~。何で最近のバイクはガンダムみたいなんでしょう?車も怒ってるようなデザインだしな。
 
エンジンをかけるのに大汗かきます。バッテリーはマッチ箱程なので、当然上がっています。走り出すとキャブ車もいいもんですね。違いはよく分からんけど。
 
裏山の峠まで15分のドライブです。4 速でオートマのように走れます。軽四専用くらいの細い道です。帰り道、いい調子で走っていたらブレインドコーナーから郵便局のハコバンが猛スピードで!バイク1台分開けてくれたので何とか助かった。このバイクはブレーキドラムが小さいのですぐには止まりません。一応シューはDYTONAの強化タイプを入れていますが、多分純正に青いペンキを塗っているだけだと思います。
 
「あんた飛ばし過ぎじゃろ!」まあ、車は一日に数台しか走らないからな。
 
Dsc_8774
 
スイングアームにグリスの注入口があるので、
 
Dsc_8775
 
木工用のグリスガンで入れときました。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

同じ過ちを、

本日も寒いのでズルズル仕事をした。平日も能率が上がらないので悪循環です。

Dsc_8757
 
上蓋の5ミリの薄板が乾燥不足だったのか反って来ました。3日ほど放置したのにエアコンの効いてない1階の作業場だったのがいけなかったのか?
 
ちなみに製材して20年近くたつ柾板ですよ。
 
Dsc_9623
 
鉋で何とかなる範囲ですが気分が悪いので作り直すことにした。以前にも同じ失敗をしている。製作品目が多過ぎるので忘れてしまうのです。
 
Dsc_8761
 
リビングで乾かすことに。今回は各部の長さを計って安定したところで制作にかかります。薪ストーブの裏側でもいいのですが、木工は万事“急”は禁物です。妙に反ったら直らないことがあります。
 
Dsc_8742
 
ちょっと怖いユキちゃん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

気温0℃

今日は散髪してプールにも行ったので仕事をする暇がなかった。

Dsc_9567
 
今朝は6:40から散歩です。写真より実際は更に暗い。冬至を過ぎても全然夜明けが遅いと思ってググってみたら、日の出の一番遅い日は1月8日(高知市)日没の早い日は12月5日だった。なるほど。
 
Dsc_9569
 
お百度でも踏むかな。
 
Dsc_9571
 
やっぱりこのコースは気持ちが良い。
 
Dsc_9588
 
全面に霜が降りているが犬は平気です。
 
Dsc_9577
 
月が小さくなりました。
 
Dsc_9596
 
白鷺を300ミリで流し撮りしてみた。
 
Dsc_9601
 
ついでにJRも。ユキちゃんが引っ張らなければもっと上手に撮れるんだが。
 
Dsc_9610
 
庭の花は現在、山茶花、椿、水仙のみです。
 
Dsc_9613
 
メダカも金魚もじっと我慢です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

柱時計のリメイク その2

今朝起きたら、右足親指付け根の通風ポイントに違和感を感じた。散歩の時、ちょっと痛かったが事なきを得た。

時計本体の側板は上等の栓の木でした。今まで扱ったものも全て栓。当時、ふんだんに出回っていたのでしょうか。
 
扉は杢のあるカエデとか試してみましたが、薄くすると反りが激しい。長年の使用には不安です。一番狂いの少なかった楢(ナラ)に決定。
 
Dsc_9537
 
楢と栓では色も大分違うので、側面に楢の薄板を張る。NASAと共同開発したラミネート装置。まあ、布団圧縮袋としてホームセンターで売っていますけど。
 
Dsc_9563
 
扉にも使う。さほど強力ではないが、圧が均等にかかります。ピン角も袋が破れないのは流石。
 
Dsc_9561
 
本体は直角が出てない上に、前後にも歪んでいた。通常、柱時計はオーバーサイズの扉を付けるので多少の狂いは真横から注視しないと分からないのです。
ユニットと文字盤がピタリと合って、蓋まで合わしていたら手間が掛かってしょうがないのでしょう。
 
Dsc_8728
 
何とかここまで。でも、ピッタリ合うように蝶番を付けるのはDIY上級編です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

デスク出来。

正月のNHKドキュメンタリー「インパール作戦」見ましたか。大砲担いでジャングル500キロ、子供が考えても無理じゃろ。兵站はなし。3日間のサバイバル体験じゃないんですけど。反対した将校は「精神がなっとらん。」とか言われたとか。お前が行けよ。3万人も死んだのに、推進派の将校は生き残っている。なんか~、今の世を見るようですね。庶民はどん底になってもアベちゃんは優雅にやってんだろうな。

Dsc_9555
 
デスクの塗装が終わりました。明日か明後日、配達します。付属の本立は少し待ってください。
 
Dsc_9556
 
勝手に座ったんです。
 
Dsc_9558
 
吊り引出しですので開閉はスムーズです。
 
Dsc_9550
 
裏はこうなっております。将来的に引き出しなしで使うこともできるようネジ止めです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

柱時計のリメイク その1

寒いけど雪は降りそうで全然降らん。

Dsc_9534
 
朝一は取材の方が来た。印刷物になっても注文は殆ど来ないのですが、付き合いも大事です。
 
Dsc_8705
 
ボンボン時計の注文です。2週間ほどこの2台の様子を見ましたが調子良く動く。一回のネジ巻きで60日動きます。最終型は性能はいいけど、デコラ張りで風情がありません。
 
Dsc_8719
 
2台とも上っ面をリメイクして、お客さんに選んでもらいます。
リメイクの方法は色々ありますが、今回は本体の箱は利用します。
塗料を剥がすのに手押しかんな盤を利用しましたが、塗料が硬く新品の刃がダメになった。ベルトサンダーを使うべきでした。
 
Dsc_8724
 
本体の箱は結構直角がいい加減でしたが、蓋が大きいので問題ない。量産品の合理的手法です。当時はこういうデザインが売れ筋だったのでしょう。1960年前後。
 
Dsc_8715
 
心臓部は箱に入れて保管します。60日時計はオーバーホールの工賃はちょっと高い。長いバネを巻くのが大変だからだそうです。
 
Dsc_8713
 
金具類は専用に作らせた容器に1台分ごと入れときます。まあ、キムチの容器ともいう。
 
Dsc_8723
 
文字盤の外側のリングは超薄いので慎重に取り外します。このパーツはあった方が印象がしまります。
 
ボンボン時計のリメイクは本来楽しいものですが、仕事となると時間との兼ね合いもあり微妙。年取ってからはいいかも。
 
*クオーツ振り子ユニットというのもありますが、1年で壊れるか、5年もつやら分かりません。安価なので交換も可能ですが、すごく簡単ではない。ネジ時計のユニットは調子を崩しても、一度オーバーホールに出せば10年や20年は使えます。
 
また、私は電気時計のカチカチ音がすごく気になる神経質な男ですが、柱時計の音は全く気にならないのが不思議です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

戌年

5日の金曜に初泳ぎをして、本日は初裏山登山。正月の日曜だから珍しく家族連れ・2組に出会いました。いつもは猪なので、顔を上げたら人間だとビックリします。

Dsc_8539
 
何度も言いますが、広告代理店がCMを作る時、ネタがないと子供か動物におすがりするそうです。
 
Dsc_8542
 
健康な犬は散歩で爪は綺麗にすり減ります。モモちゃんの晩年は専用の爪切りでカットしていた。
 
Dsc_8546
 
去年のバーベキューで大丸デパートのI女史が「肉球を触らせて!」
「ダメです!そのサービスはVIP会員だけです。」
 
Dsc_8560
 
「お世話になります。」
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

健康に悪い、

今日も電子機器とにらめっこの空しい一日でした。

illustratorによる作画はアドバイスと根性によって何とかクリアーしたのですが・・・・
 
Dsc_86915
 
今度はレーザーカッターが正常に作動しません。図面の表示は正常にされますが本体側にダウンロードすることが出来ません。それが、ちゃんとダウンロードされることもあるので、意味が分かりません。
 
Dsc_8695
 
これはメーカーに問い合わせるための画像。
 
Dsc_8692
 
メモリーは全削除して空っぽのはずですが。(言語は選択できますが英語か中国語です。)
 
想像するに、マシン自体は簡単に作れてしまうけど、制御するソフトを完全にするには莫大な費用がかかり、欠陥だらけなのでしょう。大元の部分はどっかから買い取って、独自に手を加えているとか?
 
Dsc_8696
 
本立の仕切り板が横になっていますが、4枚の端がちょっとずつ表情が変わります。
 
普通に木工していれば、この位の本立は、もう1ダース出来ていたな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

仕事始め?

寒いし、雪もないのですることもなく、仕方なく仕事を始めました。

Dsc_9517

夕方のウロコ雲。
 
Dsc_9523
 
最近、空がいつも綺麗です。
 
デスクにオマケで付いて来る本立をレーザーカッターで制作するのに、illustratorを起動させましたが、何のことはない『使い方を全部忘れていました!』
 
もう痴呆が進んでいます。しかし、考えてみたら20年以上続けている木工でさえ、勘所をすぐには思い出せないので仕方がないのかもしれません。
 
焼失する0.2~3㎜を考慮しなければなりませんし、木殺しを効かせる方向もあるのでこんがらがってわけ分からん。腹も空かんし、これはもう木工ではありません。
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

明けまして

………別に、御目出度くもありませんが。

Dsc_9492
 
昨夜、飲んでいたので今朝は7時からカメラ持参でお散歩です。
将来を予感させる寂しげなハト。
 
Dsc_9493
 
学び舎「伊野小学校」も奥に耐震の校舎が完成したので、正月明けから取り壊される予定です。
 
Dsc_9497
 
まだ、露店も準備中だった「大国様」。
 
Dsc_9500
 
本年もよろしくお願いします。
皆様、年賀状はこれで勘弁して下さいね。
 
Dsc_9508
 
親父が「節約のため今年はスーパーの総菜で済まそうか。」と言うので、「それはダメダメ!」ということで今年は私が出資。金は天下の回り物ぞね。
 
Dsc_9476
 
出番ですよ~。
 
Dsc_8678
 
アートキャンプの「画楽」からの年賀状。イラストは2人展の相棒・タカ。
今日はのんびりした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »