« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

ローキャビネットの製作 その4

本日は体調が戻らないものの、怠けてばかりもいけないのでプールで2500泳いだ。年寄りの冷や水かどうかは明朝判明する。

Dsc_9143
 
透かし彫りの図案が決定したので、レーザー加工機で型を作る。勿体無いので厚紙。直接鏡板にレーザー加工機で線引きしたら簡単なのですが、よりばらけさせる(誤差を大きく)ため。
 
Dsc_9137
 
このように2枚一組にして糸鋸で切り取ってゆきます。
 
Dsc_9138
 
難儀な作業ですね。
 
今回、レーザー加工機を使うと、ガチガチに仕上がってしまうのを恐れて、わざわざ糸鋸を使っています。
 
糸鋸・・・・めんどくさい。もうちょっと年取ったら無理。刃代がかかる。
 
レーザー加工機・・・・断面がやや焦げるがスリットの場合目立ちません。毛羽立たないし、木口が焼けるので製品にとっても為が良い。表面との角も僅かになだらかになる。圧倒的に早い。ランニングコストはタダに近い。ただ、手作り感が薄れるのが怖い。
 
そこで考えました、次回はデータをチビットづつ修正してなんちゃって手作り風にする。多少手間はかかるが今回のように4枚あれば有利であろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

ローキャビネットの製作 その3

日曜の夜に放送されたBS1スペシャル・甲状腺ガンの放送を録画したはずが、出来てなかった。再放送の予定はまだない。

2
今回のローキャビネットの鏡板は十字のスリットを入れるようお客様から言われているので、まず、illustratorで作図。
 
Dsc_5456
 
レーザー加工機でべニアに彫り込んだ。最初、レーザーが出ないので早くもぶっ壊れたかと思いましたが、冷却器のスイッチが入ってませんでした。一応、セフティーは効いている。
 
Dsc_9128
 
仮組して本体に嵌めてみた。今一やな。丸一日かかったので、職人としては焦る。しかし、実務じゃないところに金も時間も費やすのが当工房のスタイルなのでしょうがない。No!ジジンジャー!
 
Dsc_9130
 
しかし、上手に切るもんですね。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

ローキャビネットの製作 その2

やっぱりダルくてしんどいけど仕事はしないと。自営業だから。

Dsc_9100
 
いつも難儀な大きな箱物の組み立てですが、ボディープレスのおかげでなんぼかましです。片側ずつ組み上げます。
 
Dsc_9108
 
時間との闘いですので必要な道具は事前に準備。
 
Dsc_9104
 
木工家にしか分かりませんが、クルクル回るポニークランプは殆どの場合イラつきますが、前後のズレを修正するには大変便利。
 
Dsc_9105
 
はみ出た接着剤はヘラで取ってから水拭きします。綿棒は穴に使います。
 
Dsc_9107
 
エアー駆動のボディープレスはきついアリ組を入れるほどパワーがありません。一度降ろしてソマックスの強力ハタガネで締めます。でも、エポキシを使えば入ると思う。
 
Dsc_9103
 
無事終了。直角の心配がないのが良い。
機械がないと、とても一人では無理です。でも、何度も言うようですが美人の助手が3人いた方が良い。
 
準備万端とはいえ、必要な道具を取りに何度も2階に駆け上がっていたらユキも興奮してお付き合いしてくれます。ただ、邪魔なんですけど。気持ちは有り難いが。犬は3匹いても役に立ちません。
 
Dsc_9109
 
何度やってもプレッシャーですね。
 
Dsc_9118
 
アリ組の部分も合格点。
 
Dsc_9125
 
現在、その楠を焚いていますが油分が多いのかメラメラ燃えます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

忘年会

遊び疲れか、自分のブログをググってみると、毎年この時期、体調不良をうったえている。

しかし、昨日は切りのいい所まで真面目に仕事をして「入野ローカル」の忘年会へ出発。
 
Dsc_8248
 
関係ないけど、仁淀川で白鷺の群れを撮影。
 
Dsc_8253
 
なんか~、寒々としています。
 
Dsc_8256
 
「波はまだか~。」時間がなかったので波乗りはせず。中村の会場に向かいます。
代わりに「平和な湯」で温泉気分。
 
Dsc_8259
 
今年も「寄り道」。まずは収支報告。昨年の忘年会でテーブル破壊¥2万というのもありました。誰も聞いてないんですけど。
 
Dsc_8263
 
会長の挨拶。
 
Dsc_8265
 
風呂に入っても妙に寒い。疲れている私。飲めるけど、酔えないし。
 
Dsc_8276
 
女性陣は元気やね~。
 
Dsc_8269
 
恒例の抽選会もちょっとマンネリ気味か。
 
Dsc_8278
 
Kちゃん、大丈夫かな?
この辺り、Tちゃんの撮影です。
 
Dsc_8289
 
今年も乱闘もなく無事終わりました。
 
Dsc_8292
 
サーファーも高齢化です。昔は全部さらえたものですが。店のビールがなくなったり。
 
Dsc_8297
 
今朝の入野松原は多少サイズUPしていた。
しかし、寒くてだるいので9時には家に帰っていた。
 
Dsc_8312
 
朝鮮の漁船が消えたのはここではない。警察、何やってんでしょうね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

危ない

今日、整体の待合に「バカ日本語辞典」というのがあった。月極駐車場を「ゲッキョク」と読んで、その筋の経営者と思っていた・・・・・・・とか。そのわりに全国にあるなとか・・・・。

実は私も、カラスの「七つの子」の歌で「山の古巣へ~」というくだりですが、山に“フールス”という洒落た場所があるんだと大人になるまで信じていました。日本語は五線譜には乗らんのよね~。
 
Dsc_9096
 
やっと台風で壊れた倉庫の屋根の修理が始まりました。本来なら足場を組むべきでしょうが、予算がないのか・・・・一番ヤバい高さですね。
 
Dsc_8200
 
これは我家のベランダから。まだまだ、あちこちに修理待ちの屋根が見られます。ほんとの地震とか来たらどうなるのか、不安になります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

珠洲の七輪

体調は戻り、祝日だったが仕事をした。

Dsc_8186
 
手持ちの珠洲の七輪が正方形なので、円卓の直径40センチの穴に入らない。
10年ほど前、石川県に輪島塗りを訪ねた旅で、珠洲市の丸和工業で直接買ったもの。珪藻土から切り出して作ります。
 
ネットに出ているだろうと思ったら、なんとアマゾンで売っていた。丸では一番大きな直径32センチ。アウトドアでは小さなたき火も出来るだろう。活躍すると思います。
 
Dsc_8199
 
先日の停電でランタンは家にも欲しいと思って、ググってみた。同じジェントスだが、右が新型。左が単一3本に対して、単三6本。エネループが使える。
 
Dsc_8195
 
画期的なのはトップが透明なのでそのまま吊るして使えます。早よ気付けよ。じわじわ新型出さないと商売にならないのかな?
 
強力ですが1~2晩しか電池が持ちません。電灯色だけ、で強・中・微・キャンドルと操作がシンプルなのもいい。色も調光も自在なんてのは酔っぱらっては使えません。
 
蛇足ですが、モンベルのシュラフでは最初のファスナーの合わせが難しいのがあります。こんなのベロベロになっていたら、閉めることが出来ずに凍死すると思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

スーパーレジェーラの研究 その2

今日も体調が思わしくなく、グズグズしていた。普段、働き過ぎ・遊び過ぎだから仕方がない。

相撲の暴行問題、貴乃花は宮沢りえと別れてから人が変わったな。
 
Dsc_9086
 
ペーパーコードのカナコ編みで完成した。それほど違和感はない。質感は割と合ってるんじゃないでしょうか。
 
Dsc_8020
 
ただし、籐は厚さ0,5~0,8ミリ。ペーパーコードは4ミリもあるので、真横から見るとモッサリ感はいなめない。お客様に2度念押ししましたが、それでもOKということでしたので。
 
Dsc_8029
 
裏側は端折るのが常道ですが、なんとのう真面目に編み込んだ。
 
Yチェアもカナコ編みだと座り心地は向上すると思いますが、4倍の手間が掛かります。
 
【なばーまとめ】
 
Dsc_7857
 
スーパーレジェーラはやっぱり籐編みが本当ですよ!ただ、6脚買って喫茶店で使っていたお客さんによると、寿命は4~5年。途中から落ち込んできて、最後に切れます。
 
Dsc_3789
 
ファブリックによる張り替えは見た目も座り心地も最低。カッシーナで¥3万とか。
 
Dsc_3971
 
真田紐は座面の落ち込みはあるものの、紐の厚さは1ミリ程度なので軽快感はあります。
市松模様で編めば落ち込みは軽減されるかも。
 
Dsc_8015
 
ペーパーコードは硬質ウレタンを挟んで、上下2面で支えますので、殆ど落ち込みがなく快適。寿命も10年以上。ただし、籐が飴色に変化するのに比べ、汚れて汚くなる一方です。重量も重くなります。
 
スーパーレジェーラはやっぱり眺めるのがいいと思います。別荘で使うとか。なんか俺も一脚欲しくなってきたぞ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

スーパーレジェーラの研究 その1

昨日、海で異常に息切れした。どうやら風邪のようです。正に年寄りの冷や水です。今日は仕事を休んで読書した。やってやれないことはないけど、現在制作中のローキャビネット2棹は、棚板から裏板に至るまで全部共木の造りなので、ミスしたら材料の替えがないのです。

Dsc_7933
 
またスーパーレジェーラの修理と張替えが来た。このような激レアの仕事が来るのもネットの普及と宅急便の発達のたまものですね。
 
Dsc_7855
 
このように破れています。
 
Dsc_7857
 
しかし、いい仕事してますね~。
 
この椅子の値段は日本で26万。籐編みでなくファブリック張りの場合は16万。多分籐編みの費用は12万ほどなので、半分近く籐編みにかかっている。
 
日本の籐張り職人は8万で受けているそうですがそのくらいかかるだろうな。破れた籐を綺麗に除去するだけで1時間かかります。
 
Dsc_7925
 
しかし、体重80キロの方が常用するには無理があるかも。背もたれの笠木が抜けていた。
 
Dsc_8994
 
やっぱり裏側は1ミリ以上隙間があるし、胴付きも完全でない。不思議だ。
 
Dsc_7991
 
複雑な組手で、この内部が組み合わさって強度を出しています。
 
Dsc_9002
 
あえて前脚上部を細くするとは・・・・。カッコいいけど。
座面は乗っかっているような感じですかね。
 
Dsc_7936
 
後脚付け根は前回のようなクビレがない。古いものなのか?ジオ・ポンティは1979年没なので死ぬまでこだわったのか?工場が面倒なのでやめたのか?その辺は私には分かっりません。
 
Dsc_8993
 
Yチェアと同じく、背柱は直線で角度を付けることによって表情を出しています。表面には手作りの生っぽさが僅かに感じられます。やっぱり古いものか。
 
Dsc_7934
 
俺の塗装技術も結構イケてるぜ!塗装の剥がれもポリパテで埋めています。
 
Dsc_7931
 
ふつう、そのまま吹き込みますが、以後籐張りにする時、糊が効かなくなるのでマスキングして塗装した。
 
一脚のみの修理張り替えはやっていませんが、今回は趣味として引き受けました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

久しぶりのファンウェーブ

なんだか体調が悪く、海はどうしようか考えていたが、沖を低気圧が通るので出掛けてみることにした。

Dsc_8099
 
おお!予想よりサイズがある。
 
Dsc_8092
 
この後、さらにUPして、テイクオフはスリリングに。(写真は小さい時。)
久々に板が切れた。でも、やっぱりしんどいんですけど。
 
Dsc_8106
 
中村まで行く元気がなく、「ゆうゆう」でもつ鍋を頼んで冷えた体を温めました。
 
Dsc_8109
 
後は車で。エアヒーターを入れて、ユキちゃんとゆっくり飲みました。
 
Dsc_8116
 
早朝の波に期待して、暗いうちに散歩を済ませる。波から湯気が出ていた。
 
Dsc_8119
 
日の上る前。
 
Dsc_8120
 
サイズは落ちたが朝一の波はまずまず。ヘトヘトになる。
ていうか、昨日のゲティングアウトで体力を使い切った。
 
Dsc_8131
 
7時前からやって、8時半には上がってビールを飲む。
 
Dsc_8142
 
若者達の語らい。
 
Dsc_8145
 
ユキちゃんもやっと人に慣れた。
 
Dsc_8156
 
魚を買って、昼には帰宅していた。
 
Dsc_8162
 
波高計は突然の大波を記録していた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

ラメロのジョイントカッター

本日は木工家専用です。

Dsc_9093
 
ラメロのジョイントカッターを導入して1年半。
 
ファイン社のジグソーなんかは評判ほどではありませんでしたが、この機械はいいです。もっと早く買っとくべきでした。
 
Dsc_9094
 
何と言っても板剥ぎの時、目違いが少ない。
 
その理由は、780Wでスムーズなモーター。振動が少なく、ほっといても歩いたりしません。よく切れる刃物。材に当たった時、全く動きません。それと正確な定規等でしょうか。
ただ、反った板では目違いが出ますので、冶具を作ろうと思います。
 
Dsc_9088
 
欠点もあって、集塵を想定してないのか?口が小さ過ぎてよく詰まる。
 
Dsc_9089
 
刃口が鋭すぎて、端っこの場合、引っかかってとんでもない所に穴が開く。やすり掛けでほぼ解消。
 
ラメロを10点満点としたら、マキタ6、デワルト4でしょうか。デワルトはヤクオフで売った。
 
プロなら今から買っても元が取れると思います。微調整機構の付いたのは重いのが難。
 
Dsc_8081_2
 
ローキャビネット大分出来て来た。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

黒田辰秋で焼肉

Dsc_8053

このように収納していた黒田辰秋の円卓ですが、そろそろ練習しないと。
 
Dsc_8038
 
寝相は可愛いが、
 
Dsc_8039
 
「なんかあるのかよ?」
 
Dsc_8054
 
塾長夫妻を呼んで、まずは前菜のもつ煮。こに時点では中央は塞がっている。
 
Dsc_8055
 
牛肉は赤身ですよ。
 
Dsc_8058
 
普段にない真剣な表情。
 
Dsc_8061
 
珠洲の七輪は断熱が凄いから円卓に影響はない。
 
Dsc_8063
 
シャンデリアが台無しじゃ。
 
Dsc_8066
 
ついでに宇和島のさつま揚げも焼く。
 
Dsc_8067
 
一応デザートも付きます。
 
Dsc_8031
 
コロコロ転がして片付けて終了。
円卓、なかなか便利に使えます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

兵器産業

北朝鮮のミサイル開発で潤うのはアメリカである。誰が一番得をしたかで犯人を割り出せば案外アメリカかも。軍需産業から多額のバックマージンが金正日に渡っていたりして。

Dsc_9080
 
先日のテレビ番組。兵器は儲かるんやね。殺し合いの道具なんですけど。
 
Dsc_9081
 
見本市も盛ん。
 
Dsc_9083
 
イージス・アチョ~! 高っかい花火ですね。一発のお値段です。
 
しかし、どんなミサイルでも撃ち落とせない超音速の飛行体の量産まで米ロ中ともにあと僅かだそうです。
 
落ちが見つからん・・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

天気は良かった。

ググってみると立冬は11月7日前後のようです。自分の感性が鈍ったのか、温暖化の影響なのか、秋を感じないまま通り過ぎてしまった。サンマも高いしな。

Dsc_9009
 
北西が吹いていたので期待できなかったが、午後からユキちゃんと入野松原へ。
 
Dsc_9015
 
パドボーで入ったが北西の風で2/3ミリのウエットでは寒い。海水は暖かいのですが。
 
Dsc_9017
 
夜は「ゆうゆう」でカツオを頂く。小さいけど旨い。
 
Dsc_9021
 
冷えたのでおでんに熱燗。まあ、俺は幸せな部類じゃろーね。クーラーに入れられたらかなわんぞなもし。
 
Dsc_9040
 
そして朝。
 
Dsc_9029
 
波は良くなくて、ユキちゃんの散歩に十分時間を取れます。
 
Dsc_9061
 
ロングとパドボーで3時間やってヘトヘト。
 
Dsc_9066
 
ドロメ(チリメンジャコ・カタクチイワシの稚魚)漁の船。中央の小舟は伝馬船と言って、水揚げを速やかに漁港に運びます。
 
しかし、サンシャイン大方には何故か出ておりませんでした。
 
Dsc_9072
 
昼前にはオンショアが吹き出した。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

レンズはヤフオクで、

今日も楠の木取りをした。各部の木目の出方などを考慮すると中々進まない・・・が、キリがないので適当なところで折り合いをつけなくてはなりません。

Dsc_7988
 
ヤフオクでAPSサイズのレンズを2本購入。
標準ズームは落としたりするとマウントがプラスティックなのですぐ壊れます。まあ、本体が壊れるより良いかも。これで3本目です。
 
高倍率ズームは18-200で、フルサイズに付けている28-300と同じに写ります。どちらも新品同様で実勢価格の半額ほどです。バカバカしくて新品は買えません。
 
Imgp00081
 
左のフルサイズに比べると、随分コンパクト。しかし、重さはカメラ込みで1.7キロと1.4キロとそんなに変わりませんでした。ガッカリ!でも、小さい分ピンは速いようです。
 
どちらもブログ向きのおこちゃまレンズで、ちゃんとしたのは値段が一桁違います。
 
Dsc_8957
 
APSサイズで。
 
Dsc_7990
 
フルサイズで。空間の広がりがやっぱり違いますが、意識しないと分かりません。まあ、ポートレートはフルサイズに分があると思います。
犬じゃなくて水着の女の人も撮ってみたい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

楠のローキャビネット その1

今日は週中日のスポーツデイだし波高計も上がっているので河口に出掛けました。

Dsc_7974
 
意外にサイズはない。パドボーはコングM原。本数は少なくこれでは運動にならない。しかし、プールで泳いでも楽しくはない。難しい選択だがプールにした。
 
Dsc_7948
 
オーダーのローキャビネット2棹の木取りをしています。材は楠。
 
Dsc_7945
 
楠は樟脳の原料だったくらいで、虫も付かねば腐りもしないと思っていたがそうではなかった。表面の変色は僅かなのに矢印の部分はスカスカになっていた。難しいもんやね~。
 
Dsc_7979
 
トップ面は普通このように一枚板で使うのでしょうが・・・・妙に間抜けのような。
 
Dsc_7980
 
ブックマッチもいいような?
工房はクラクラする位、楠の香りが充満しています。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

消えた。

どうもブログに対する情熱が冷めているこの頃。パソコンのせいでもあるけど。

Dsc_3941
また、台風ネタで申し訳ないけど、河原にあった、確かに2本あった大木がなくなっていた。
 
Dsc_78081
 
ほらね。楠だと思っていたが榎だという。
 
Dsc_7809
 
殆どウト(空洞)になっていて、無理もないな。風がもろに当たるし。これじゃー、板も取れません。
 
昔から「一本木は買うな。」と材木商では言います。尾根なんかに一本だけ生えているのは、風に痛めつけられて強靭ではありますが、癖が強く製材しても反ったり割れたり使い物になりません。森の中ですくすく育ったのがいいのです。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

やっと復活!

ろくに相手にされなかったオバマに対して、トランプちゃんなら土建屋外交で何とかなると張り切っているアベちゃん・・・・・・恥ずかし過ぎる・・・・・。

Dsc_8949
 
修理に一ケ月かかったデスクトップが戻って来ました。マザーボートというのを交換して費用は¥2万。部品の取り寄せに2週間以上かかるとはどういうことなのか?ドスパラの組み立てパソコンですが、次回は高くても信頼できるメーカーにします。とは言ってもどこも似たり寄ったりらしい。
 
最初に持ち込んだPCデポでは「修理不能・ハードディスクのデータの取り出しも難しい。」とのことだったが、いい加減だな。ドスパラも「部品の調達に時間がかかるから新品にしたら。」・・・バカにしとるんかい!
 
点前のモバイルノートが13.3型。後ろのモニターが31.5型。ブログのUPは年寄りには苦行でした。なんか、肩の荷が降りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

忙しかった。

木曜は同級生のやっている「酒・肴 都築修」でプチ同窓会が行われた。どうして木曜なのかと最初は思った。

Imgp0002
 
中々いい味出している面々。
 
Imgp0005
 
年始の同窓会は仕入れの問題もあるだろうがいつも安直に鍋なので、今回鍋だったら殴ってやろうかと思っていたが大丈夫でした。
 
金曜の朝は二日酔い気味だったが、午前中に愛媛県からのお客様と打ち合わせをした。
 
Dsc_7874
 
昼はYさん宅でデパート関係の方とバーベキュー。ノンアルビールで酔っぱらう。
 
Dsc_7880
 
その後、海に直行!日没に間に合った。肩ぐらいのメローな波を楽しみました。
 
Dsc_7882
 
夜は「ゆうゆう」でホルモン炒め。流石に昨夜は控えました・・・・そうでもないか。
 
Dsc_7900
 
サイズはガタ落ちになるはずが、今朝もまずまず。
 
Dsc_7894
 
ロングラン出来ます。
 
Dsc_7902
 
しばらく臥せっていたけど、問題なかった。ロングとパドボーで3時間やる。首がつった。
途中から激しいオフショア。みるみる波は小さくなる。
 
Dsc_7909
 
浜ではこんな感じです。S君撮影。
 
Dsc_7915
 
いのチームは誰もいなかったが、いつものポイントで昼食って、読書、昼寝。
 
Dsc_7917
 
ユキちゃんと付近を散策してから家路につく。最高に疲れた。
 
明日の土佐湾はスーパー弩フラットだと思います。平野は大会だそうですが開催できるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

コーキング講座

昨日の朝は6℃。今朝は8℃だった。まだ、寒いというほどではない。

Dsc_7860
 
母屋と我家の境目の雨仕舞出来ました。
 
Dsc_7868
 
下から。使ってない物干しも撤去したのですっきりした。18Vの電ドラのパワーは凄い!
結局買い出しやら、廃材の処理やら、チンタラやったら3日かかりました。大工じゃ飯食えんな。でも、道具が全て揃っているから出来ることでもある。
 
Dsc_7861
 
コーキングは一度使ったらどんなに蓋をしても先端が固まります。一度ノズルを外して先端から針金などを突っ込んで塊を除きます。近所の工務店のジジイに教わりました。
 
Dsc_7866
 
両側にマスキングして塗り付けたら極薄の手袋をして指で表面をならします。
マスキングテープはすぐにこのように棒で巻き取ります。これも爺に聞いた。
青い養生テープが粘着力が弱くていいです。
 
Dsc_7865
 
こんな感じ。適当な金物がなかったので薬剤を浸み込ませた木を使ったけど何年持つか?直接雨は当たらないのでしばらくは大丈夫だろう。
 
Dsc_7870
 
豪雨の時、漏っていた窓の上は木で埋めてべったりコーキングした。
さあ、効果はどうかな?でも、材料倉庫の修理がまだだから雨は困ります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »