« 街角ギャラリー | トップページ | 山桜のシェルチェアー »

2017年10月 6日 (金)

ルーターマシンによる深穴開け。

Tシャツに短パンではちと寒くなってきました。本日は一般の方には分からない内容です。

Dsc_8776
 
板状の貫の取り付けは2回目の施工でやっと慣れた。俺は2回はしないとどうも物になりません。脳が腐りかけているからな。
板だと丸棒のようにクルクル回らないから組み立ての時楽ではある。
 
Dsc_8781
 
このジョイント部分、なだらかな曲線で繋がるとカッコいいけど手間ぞなもし。ほとんど見えないし。
 
Dsc_8785
 
ブログ読者様からのアドバイスで、グラインダーで首を長くしたルータービット。使ってみたら貫が緩々になった。慌ててガンガン削ったので熱で変形したのかもしれない。0,2ミリほど広がった。こういうのは少しの加工にとどめるべきだろう。次はエンドミルでやってみよう。
 
Dsc_8808
 
ビットはヤクオフでまとめ買いしているので売るほどあります。
 
Dsc_8804
 
加工風景。硬い山桜なので直径7、深さ25ミリを3度に分けてハンドル送りします。
 
Dsc_8797
 
深さ調節は、まんまハンドルーターと同じです・・・・・原始的過ぎる。文句があるならNCを買えってことでしょう。
 
どうせ量産しても売れないから当工房には十分な機械です。
 

|

« 街角ギャラリー | トップページ | 山桜のシェルチェアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/71901567

この記事へのトラックバック一覧です: ルーターマシンによる深穴開け。:

« 街角ギャラリー | トップページ | 山桜のシェルチェアー »