« 増尺 | トップページ | 一ケ月ぶりの海 »

2016年8月 2日 (火)

吉野川でラフティング・本編

本日は涼を感じて頂けると思います。
 
四国の吉野川はラフティングでは日本で一番のポイントらしいです。土曜日は水量もまずまず。これが台風などで激流になると退屈で安全なコースに変更されるそうです。
 
一つには10年前、増水時のモンベルのツアーで死者が出たのが原因のようです。ライフジャケットは参加者全員、ガイドがチェックしますがこれも、遺体発見時にジャケットもヘルメットも装着していなかったことから、対策が取られたのだと思います。
 
Img_5946
 
ドロップイン!大きな瀬は全コースで6カ所。ここは4番目だったかな。
 
Img_5949
 
ガイドのAKIRAさんの話では、「最後の落ち込みが最も難関で沈(転覆)することもあるが、すぐトロ場だから、大丈夫。 」
 
Img_5950
 
でも、波は気まぐれに変化するもの。
 
Img_5951
 
最後どころか2番目の瀬でこのありさま。
 
Img_5952
 
7人お陀仏か?
 
Img_5953
 
自前の白いヘルメットが私。
 
Img_5954
 
おお!岩に激突するぞ!
 
Img_5955
 
まだ、瀬の中間なんですね。お楽しみの時間はタップリあります。
 
Img_5956
 
面白いね~。ここが多分問題の落ち込み。
 
Img_5957
 
やっと、トロ場に到着。まあ、せいぜい10秒ってとこか。
 
毎週波に巻かれているのでどうってことないのですが、手に持ったパドルの先が誰かに当たるんじゃないかと心配でした。
ライフジャケットの浮力は絶大で安心して流れられます。
 
Img_5996
 
コース最後の瀬の 2メートルの落ち込みで一瞬ツボにはまって静止。
周りの景色にうっとり。GO-PRO動いていればな~。
沈とこの一瞬で「元取ったな~。」って 感じでしょうか。
 
Img_5997
 
終了後、すでにしらけている私。
瀬の長さが3倍くらいは欲しいな~。
 
インフレータブルのパドボーでガンガン下っている外人のガイドがいた。
 
 

|

« 増尺 | トップページ | 一ケ月ぶりの海 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉野川でラフティング・本編:

« 増尺 | トップページ | 一ケ月ぶりの海 »