« スクローラー糸のこ盤の修理 | トップページ | 一昨夜 »

2016年5月19日 (木)

欧州と日本のデザイン

 
本日は二日酔いでしんどかった。3日連続で飲みに出ていました。
 
Dsc_2374
 
先日買ったラメロとマキタの振動ドリルケース。
 
スイス製・ラメロのランチケースにも使えそうなデザインに比べ、マキタは職人然とした雰囲気です。
 
まあ、ラメロのビスケットカッターは現場に持っていくことはないでしょうから、あくまで梱包材です。板厚は薄く、すぐ割れそうです。
 
マキタの箱の中身は 振動ドリルですので 実用一点張り。上面にビットを収納する小物入れが付いています。しかし、同色の半透明の蓋がかえってダサい。まあ、文句を付け出すとロゴのデザインも気になってきりがありません。質実剛健なイメージは分かりますけど。
 
Dsc_2375
 
ラメロはロック機構も可愛い。
 
こういう遊び心が現在の日本人には欠けています。

|

« スクローラー糸のこ盤の修理 | トップページ | 一昨夜 »

コメント

でもラッチ構造が貧弱に見えるけど大丈夫なの?

投稿: つ | 2016年5月20日 (金) 19時31分

だから、これは輸送用のデコレーションパッケージだと思います。

「届いたら、何かに使ってくださいね。」とか。
俺は段ボールでいいと思いますが。

投稿: キラ | 2016年5月21日 (土) 08時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州と日本のデザイン:

« スクローラー糸のこ盤の修理 | トップページ | 一昨夜 »