« 台風のウネリではないのか。 | トップページ | 山桜のベンチ »

2015年4月 5日 (日)

バタフライスツールの座り心地

昨日、妙な波で2時間波乗りしたおかげで、本日はダルくて仕事にならず。

腰も痛い。

Dsc_7806

家具好きの人なら知っている柳宗理のバタフライスツール(ニューヨーク近代美術館永久保存)。実物は座面高さ:34cmと相当小ぶりです。

ショップにあったので座ったみたら・・・・・・ウッ~!

ネットショップなんかには包み込まれるような座り心地とか書かれていますが、曲げ木で剛性の高い中央部分が直に来て、両側は垂れます。丁度、ケツにクサビを打ち込まれるような感じ。

そういう趣味の方には良いかもしれませんが、長時間は無理です。

形も日本的でかなり違和感を感じます。

どうも日本のプロダクトデザイナーは曲線物は苦手で、世界に通用するのは喜多さんぐらいじゃないかな。

名作椅子には座り心地の悪いのもが結構あって、「ヨーテボリ1」なんかはカッコいいのにナンジャコリャ?猫背になるよ。

|

« 台風のウネリではないのか。 | トップページ | 山桜のベンチ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バタフライスツールの座り心地:

« 台風のウネリではないのか。 | トップページ | 山桜のベンチ »