« メロー | トップページ | グラフィック »

2014年4月22日 (火)

象の檻

土曜日のこと。(本日は久々の木工家専用です。)

Dsc_6860

キレイいに片付いた一角。

ひと月ほど前、出入りの機械屋がプレス機が出たという話をしていました。程度はいいのにスクラップにするという。

「欲しいけど、うちにはもう入らない。」 「分かってますよ。」 

しかし、諦め切れずに考えたら、材料を整理すれば入りそう。機械屋は半信半疑ですが持ってくることになりました。

しばらくして機械屋から電話が「申し訳ないけどストロークが700しかない。使えませんね。」 「そりゃいかんわな。」残念、箱物の組み立てに使うつもりですから。(標準仕様のストロークは1000です。)

さらに策を考えて、鉄工所で“延長”してもらうことにしました。フィリピンパブではよくやりますが。

Dsc_6861

デカイ!一抹の不安が。

Dsc_6864

ストロークを550ミリ延長したので、その分空間が出来ます。シャフトの交換は1本8万だそうで諦めました。曲げ木加工の時は台座をあつらえるようにします。

横倒しした時、壊れないように4隅に柱を立てて加圧しています。隙間にも木片をはさみます。

Dsc_6867

3点支持で寝かせた後、レッカーとウィンチで引っ張り込みます。

Dsc_6868

矢張り3点支持で起こす。この工程に一番時間がかかりました。傾けている時は私も緊張して手伝っていますので写真はありません。なんしか重量が1.4トンありますから。

Dsc_6870

コロ(鉄パイプ)とショウレンで移動。

Dsc_6871

計画通り、ドンピシャに納まりましたが、使うことはあるのだろうか?

使わなかったら、ヒドク丈夫な棚として活用しなければなりません。

15トンプレスなのでイカやタコをペシャンコにしてせんべいを作ることは出来ます。

|

« メロー | トップページ | グラフィック »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 象の檻:

« メロー | トップページ | グラフィック »