« 寒ぶ! | トップページ | 都知事選 »

2014年1月14日 (火)

フロント・サスペンションのオーバーホール

本日は一部のバイクマニアにしか分からない、下らないブログです。

車でもダンパー性能は2万キロで劣化するそうです。スプリングはへたらないと言いますが、私の経験からすると、相当弱くなります。以前、5万キロでダンパーのみ交換したら、大して効果はありませんでしたから。

Dsc_3213

TL125のリアサスを新品にしたので、フロントサスもオーバーホールに挑戦しました。

この作業はわりと難しく、ショップに頼もうと考えていましたが、バイク屋は信用出来ないので自分ですることに。サービスマニュアルをよく読んで、部品と道具を揃えました。

Dscn2218

組み立て機は分解や、オイルシールの圧入等に何かと便利です。

Dscn2224

ソケットボルトの脱着にはインパクトドライバーを使うと内部の部品が共回りしません。

Dscn2221

内部構造は結構複雑で部品点数も多いです。

Dscn2222

何でも道具がものをいいますね。

オイルシールの圧入は木工旋盤で専用治具を作りました。

結局、他の整備もやっていたら1日潰れてしまいました。

大して乗りもしないのに、一度始めるとことんやらないと気が済みません。バカな買い物をしました。

リアサスの交換では走りは激変しませんでしたが、フロントをリニューアルしたらコーナリングが楽。でも、飛ばす訳ではありません。

Dscn2226

安物のスパナは止めといた方がいいです。ヘタしたら大怪我です。

これで、バイクいじりは終了です。スッキリしました。

こういう作業は年の功がものをいうと思います。

|

« 寒ぶ! | トップページ | 都知事選 »

コメント

そのスパナ、銀紙むいたらチョコがでますか?

投稿: つる | 2014年1月14日 (火) 22時47分

ホントにね~。

左下の部分を見て下さい。2枚合わせで作られているのです。不思議です。

投稿: キラ | 2014年1月15日 (水) 08時24分

やるもんだねぇ 
面倒なフロントフォークのOHはバイク屋に出します

投稿: べあ | 2014年1月17日 (金) 13時05分

一回やってみたら楽勝だわい!でも、ちゃんとしたバイスが要る。 

投稿: キラ | 2014年1月17日 (金) 19時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロント・サスペンションのオーバーホール:

« 寒ぶ! | トップページ | 都知事選 »