« 待つことも必要。 | トップページ | 仮組 »

2013年10月30日 (水)

ミシン鋸

糸鋸盤は別名「ミシン鋸」と呼ばれている。

Dsc_9454

高さ140センチほどの棚、2棹を製作していますが、今回ホゾの加工の殆どを糸鋸ですることにしました。

縦の切り込みは横切り盤で入れました。

Dsc_9459

切れ端は積み木になりそうです。

Dsc_9461

この機械はソレノイドモーターを利用した自動チャックです。

Dsc_9455

アームは“材料押さ”えじゃなくて、チャッキング穴へ誘導するためのもの。起動するとと引っ込みます。

確かに、穴を沢山開ける場合は非常に便利です。

Dsc_9457

カットラインを引くのが大変なので治具を製作。シャーペンでケガキます。

Dsc_9456

メス穴だけで120ヶ所もありますから大変です。

しかし、ミシン鋸と言うだけに危険は少なく、地味に仕事をしていれば、いつかは完成するでしょう。

|

« 待つことも必要。 | トップページ | 仮組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシン鋸:

« 待つことも必要。 | トップページ | 仮組 »