« 今年最後か?天然ウナギ | トップページ | 激しいオフショア »

2013年9月14日 (土)

巧まざる造形

Dsc_8600

展示場の屋根裏に蜂の巣発見!

高い所にあるので全然気が付きませんでした。直径は10㎝ほど。

Dsc_8614

写真ではイマイチですが、なんちも素晴らしい形です。

古今東西、あまたの陶芸家たちもこの境地を目指しているのでしょう。

Dsc_8620

落としたら壊れてしましました。外壁の厚さは0,3~1ミリほど。

Dsc_8632

う~ん、美しい。

蜂が何を材料とするのか?口で練って製作するのでしょうか?

Dscn2092

こちらは直径1㎝ほどのジガバチ?の幼虫室。

こうしてみると、政治家たちは言うに及ばず私達も虫けらより大分劣っているように思えて来ます。

関連ブログはここをクリック。

|

« 今年最後か?天然ウナギ | トップページ | 激しいオフショア »

コメント

陶芸ネタ有り難うございました。
できれはジガバチ師匠に弟子入りしたいです。ホンマにすごいですよね。

投稿: | 2013年9月15日 (日) 08時31分

鉢に弟子入りするときは、轆轤が使えないことを覚悟して下さい。

しかも、口を使わなければなりません。

投稿: キラ | 2013年9月15日 (日) 18時14分

弟子入りしただけでもテレビに出られそうですね。

投稿: banri | 2013年9月15日 (日) 23時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巧まざる造形:

« 今年最後か?天然ウナギ | トップページ | 激しいオフショア »