« 中川幸夫 | トップページ | ベンチの仮組 »

2012年4月10日 (火)

タケノコの思い出

正確には“タケノコの皮”の思い出です。

小さい頃、祖父母の家では、いつも食肉用の土佐赤牛を1~2頭飼っていて、遊びに行ったら餌をやるのが楽しみでした。

特にタケノコの皮は大好物らしく、実に旨そうに食べるのです。

Dsc_9123

配合飼料も混ぜてはいましたが、ワラや野菜クズ、雑草と与えるものはふんだんにありました。糞の使い道もあるんですよ。

祖父母は大の動物好きでしたから、いずれ売られていく牛の目を見ることはありませんでした。

百姓にしてはハイカラだったのか、仲良く牛を使って田起しをしている写真が残っています。残念ながら、私が物心付いたときにはトラクターでした。

|

« 中川幸夫 | トップページ | ベンチの仮組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タケノコの思い出:

« 中川幸夫 | トップページ | ベンチの仮組 »