« 小判型テーブル | トップページ | 落とし文 »

2011年7月27日 (水)

オハグロトンボ

Dsc_2852

庭にオハグロトンボがいました。

近付くと逃げるので、上手く撮影出来ず。

撮影に集中していると、蚊に一杯刺されました。

こいつは、やっぱり“向こうの世界”を連想させます。

|

« 小判型テーブル | トップページ | 落とし文 »

コメント

これはすごい。
南のほうにしかいないんでしょうね。

それにしても毎日の更新えらい。
自分はtwitterに加え、Facebookも始めてしまったのでかなり混乱気味で、
仕切り直して、ブログ中心にしつつあるところです。

投稿: バンドウ | 2011年7月28日 (木) 09時37分

綺麗やねー
お迎えは未だ早いで

投稿: べあ | 2011年7月28日 (木) 09時55分

バンドウちゃんは、やっぱり都会っ子ですね。このトンボは普通に見かけますよ。水があって、木立で薄暗い所にいます。分布も全国に広がっていると思います。

更新は暑いので、惰性です。だから、最近面白くないでしょう。


ベアちゃんも、都会っ子ですか?
お迎えは、いつどこでカードが回ってくるか分かりません。ヒッヒッヒ。

投稿: キラ | 2011年7月28日 (木) 19時46分

これはハグロトンボの雄ですね(雌はほぼ全身真っ黒)。私んとこ=山形県にもふつうにいます。今日は工房のそばでオニヤンマの最大級の個体を観察しました。写真を撮ろうと思ったら逃げられてしまいましたが。

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2011年7月29日 (金) 20時56分

すばしこい昆虫の写真は、望遠と三脚が必要ですね。

30年前は、近所の谷で希少種のムカシトンボが見られたのですが、いまはどうでしょう?鬼ヤンマ、ギンヤンマも滅多に見られなくなりました。

投稿: キラ | 2011年7月30日 (土) 19時01分

ハグロトンボ雄もミヤマカワトンボ雄と同じく
腹部が青緑色に光るので暫く見とれてしまいました。
雌には偽縁紋がありませんが,腹部が褐色なので辛うじて分かります。
口元には牙らしいものが見え怖そうです。

投稿: itotonbosan | 2014年2月 5日 (水) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オハグロトンボ:

« 小判型テーブル | トップページ | 落とし文 »