« タイトルは毎度付けにくい。 | トップページ | 袖口の思い出 »

2011年4月28日 (木)

充実の休日

波が良さそうという情報が入ったので、5時半に入野松原へ出発。モモ同伴の予定でしたが、老犬なので布団から出てこず。

Dsc_1349

田植えの出来ない百姓は悲惨ですね。何十年も体に染みついたサイクルなのにね。移住してもらって、休耕田に入植してもらうわけにはいきませんかね。

Dsc_1355

波は上々ですが、セット間がつみ過ぎ。人も意外に多い。

今日は風は大丈夫だから、久々に西のポイントをチェックに出掛けました。

Dsc_1359

田ノ浦のバス停。いい味出しています。田ノ浦、双海、平野と回るが、入野が一番いいみたい。早くも県外ナンバー多し。

Dsc_1367

3時間もやる。オフが凄くて、11時にはサイズダウンしていました。ポールは連休中の“Tシャツアート展”の準備です。

Dsc_1387

ハ~、疲れた。

Dsc_1394

例のごとく、刺身を買って、途中の白浜ポイントでパチリ。美しいな~。

やっぱり十分遊ばないと、やる気も湧いてきません。

|

« タイトルは毎度付けにくい。 | トップページ | 袖口の思い出 »

コメント

ええな〜
明日から浜田にキャンプしてくるわ
太平洋はええな そちら行きたいなあ もうちょっと待っててね

島根は震災被害者への優遇処置(10日住んでくれたら10万円みたいな)してるよ

投稿: べあ | 2011年4月29日 (金) 01時19分

>田植えの出来ない百姓は悲惨ですね。何十年も体に染みついたサイクルなのにね。移住してもらって、休耕田に入植してもらうわけにはいきませんかね。

米農家の意見としては、田んぼなんてもの、
「先祖からの田んぼを絶やしては申し訳が立たない」
という土着意識が半分以上ウェイトを占めています。
移住することすら先祖に対する罪悪感で死をもって償いたくなるぐらい。
おそらく福島の死の土地の方々の東電と政府に対する想いは、
ただただ煮えくり返っていることでしょう。

程度によりますが休耕田をマトモな状態に戻すには最低2年はかかります。
木の根、草の根がびっしり生えていて除去するのにも手間です。
今年は無理です。

はっきり言って絶望しかないんだろうなあ……。>被災者

投稿: だれかさん | 2011年4月29日 (金) 06時30分

ベアちゃん、日本海の海の幸に期待しましょう。まだ寒いじゃろ~。でも、人は少ないんじゃないの。

だれかさん、(名前は変えた方がいいんじゃないでしょうか)、休耕田を戻すのは、そんなに手間じゃないって言う人もいますね。状態によるのでしょうね。

しかし、現実には百姓続けるには、新たな土地に入植するしかないような気がします。日本は本当に狭い国なのにね。

投稿: キラ | 2011年4月29日 (金) 20時02分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 充実の休日:

« タイトルは毎度付けにくい。 | トップページ | 袖口の思い出 »