« 奈半利町へ | トップページ | 合間に仕事する。 »

2011年2月23日 (水)

“ヤシ将軍”

捨て犬や捨て猫はとても賢いと聞きます。それは、自分の才覚で生きてゆかねばならないので、頭も使うのです。

だから、政治家はまとめて無人島に送り込んだらどうでしょう。

バカだから、しばらくは党派や派閥で小競り合いをしているでしょうが、やがて・・・・・・

「あっ、お腹がへったな!」って、

そこで始めで、世の中の仕組みが分かり、下々の者の苦労も感じられると思います。

国民に食べさせて貰って、日本のかじ取りを担っていたんだと、気付く人もいるかもしれません。

小沢なんかは、妙な知恵は働くから、ヤシの実を独占して“ヤシ将軍”とか呼ばれるかもしれないけれど、そのうち、栄養失調で子分共もバタバタ倒れてゆくのです。

生き残った何人かは、筏を仕立てて、日本に帰ってこれるかもしれません。

まあ、その時は「ハローワーク」に通ってくれ。

*今の政治家、官僚を島送りにしても、後がないのが、絶望的な気持ちにさせますね。

*ハイパーレスキュー隊が地震の被災地に行くのに“出発式”は止めてくれ!また、それをテレビに写さす神経が理解できない。

瓦礫の下で、ハフハフ言ってる人がいるんでしょうが!5年越しの土木工事に出掛けるんじゃないからな。取るものも取りあえず、装備だけは忘れずにお願いしたい。

|

« 奈半利町へ | トップページ | 合間に仕事する。 »

コメント

おもろいねー ほんまそのぐらいして欲しいですね今の政治家達
たけしが、サッカーの監督みたいに海外から政治家呼んできたらどうだ
なんて言ってましたが洒落になりません

俺も出発式には違和感を感じたね
いつもよりは早い出動(以前はもう来んでいい言われたのがありましたよね)のように思いますが、被災後6時間以内に出発!ぐらいの事はできんのじゃろうかね

投稿: べあ | 2011年2月24日 (木) 09時48分

同感です。一刻を争う時なのに。救助隊が乗った政府専用機に被災者家族を同乗させる予定が一転「やっぱり無理でした・・」これもどうかと。この報道、しなくなったのは何でかな。民主にはあまりのひどさに失望しっぱなしです。ヤシ将軍にヤシの実を捧げるサル軍団の松木氏もなにやってんだか。

投稿: michio | 2011年2月24日 (木) 14時30分

ワシはクローン技術で、維新の志士たちを復活させたらいいと思うんじゃが。

レスキュー隊の人達は、一刻を争うことが分かっているから、勘弁してくれっていう気持ちだったと思います。

投稿: キラ | 2011年2月24日 (木) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ヤシ将軍”:

« 奈半利町へ | トップページ | 合間に仕事する。 »