« 喪服で入野松原へ | トップページ | やっと一息。 »

2010年10月21日 (木)

畑のスナイパー

なんだかな~って感じで、元気が出ません。こういう時は、パーっと飲みに行けばいいんですが、「やまぶき」も閉店中だしな。妙に寒くなってきたしな。

Dsc_0003k

ディアハンター、T氏に単発小径散弾銃を見せてもらいました。スラッグと言う一粒弾で、猪等を仕留めるための、スコープが付いています。単なる武器マニアかもしれません。

しかし、害獣が増えている昨今、ハンターは貴重な存在です。銃によるハンティングは、最近はさっぱり人気がなく、やっているのは年寄りばかりだそうです。

銃規制が厳しいのも原因ですが、狂ってる連中に銃を持たせるなら、熊が一杯いる方がましです。

でも、射撃場で、半ボケの爺さんが、実弾込めたまま、銃も折らずに、ウロウロするのは結構怖いらしいです。

Dsc_0005

銃床材は、西洋クルミ。なんと、木工ヤスリで自分で作ったそうです。グリップの滑り止めの彫刻は「チェッカリング」と言うそうですが、これは専門の方にやってもらったそう。手彫りです。この技術も凄いですね。

銃床には、比較的軽くて粘りのあるクルミ材が良いとされていますが、私に言わせれば、比重さえ同じであれば、木の性質なんて、さほど変わりはないように思われます。

この、銃でしたら、ケヤキなんかの方が、雰囲気出ると思うんですが。

|

« 喪服で入野松原へ | トップページ | やっと一息。 »

コメント

チェッカリング ガンスミスやね〜
リボルバー拳銃のグリップみたいじゃねー

投稿: べあ | 2010年10月22日 (金) 08時07分

新品はチクチクして、気持がいいんですが、使っていると、段々、すり減ってくるそうです。

量産品は、当然機械彫りだと思います。ちゅーうか、銃床もプラスチックが多いしな。

投稿: キラ | 2010年10月22日 (金) 18時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑のスナイパー:

« 喪服で入野松原へ | トップページ | やっと一息。 »