« 普通の、お正月。 | トップページ | 水木先生も・・・・ »

2010年1月 5日 (火)

パソコン“虎の穴”

正月は、波もないのでパソコン“虎の穴”で特訓をしていた。虎の穴とはタイガーマスクがデビュー前にいた、悪役レスラー養成の施設である。

虎の穴のコールタールのプールには、子供心に衝撃を受けたものだ。そんなところで泳いだら臭くて死んでしまうし、寝る時もベトベトして気持ち悪いはずだ・・・・・・・・・・・・トラ年に関する話題はこれでおしまい。

Dsc_0004 曲面バンダジに取り付ける金具を”イラストレーター“でデザイン、配置していた。大分使えるようになりました。このような訓練は正月でもないと、集中して出来ない。

でも、本当に便利なのかどうか?確かに先の、十字の下駄箱のような “パターン”の検討には圧倒的なんですが。

私の場合、DMのデザインやHPのく更新とかトータルに使っているので、トントンというところでしょうか。

イラストレーターだと妙に実感がないので、最終的に鉛筆で図面をひく事も多いです。昔は文章書いても、わざわざプリントアウトして校正していたから、これも結局慣れなのかもしれないけれど。

|

« 普通の、お正月。 | トップページ | 水木先生も・・・・ »

コメント

図形作るときは「パスファインダ」の「形状エリアに追加」を使って複数の図形を合成すると楽だぞ。
文章にするとさっぱりわからんようになるな^^

投稿: べあ | 2010年1月 7日 (木) 09時56分

オウオウ、パスファインダー便利に使っております。

レイアーも目玉の意味もだいぶんにわかってきました。
でも、慌てているので、まだ上手に使えません。

投稿: kira | 2010年1月 7日 (木) 18時37分

日々印刷物のデザインやってますが、
文字校正はやはりプリントアウトしてやらないとだめですね。
画面だけで校正すると必ず校正漏れが出るのです。

あと、
>最終的に鉛筆で図面をひく
感覚、すごくよくわかります。

自分は、逆にイラストレータに頼りすぎてきたので
昨年から意図的に「手描き」を始めています。

投稿: バンドウ | 2010年1月 8日 (金) 12時07分

そうですか。ロゴタイプシリーズ、全部macなのか質問してみようと思っていました。

図面をひくのは、少しでも“実材”に近づけるアプローチなのかもしれませんね。

アナログ、デジタル、どちらも長所短所があるみたいです。

投稿: kira | 2010年1月 8日 (金) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコン“虎の穴”:

« 普通の、お正月。 | トップページ | 水木先生も・・・・ »