« 銘木解体 | トップページ | 銘木解体 2 »

2009年10月 7日 (水)

替刃ケースの製作

Dsc_0006 先日、手押しと自動鉋の刃を交換していて、ケースの製作を思い立ちました。

刃研ぎは、出入りの業者に頼みます。そこが県外の専門業者に外注するのです。

研ぎは問題ないですが、錆だらけになって返ってきたりして困るんです。高知県の業者が締りがないからこんなことになるんです。そんなとこ、さっさと止めればいいのに、きっと料金が安いとかいうんでしょうね。

ちょっとでも、大事に扱ってもらえるようにケースを作りました。結構大仕事になって一日かかりました。Dsc_0012

作るのが10年遅かったな。

手押し鉋は消耗が激しいので2セット作りました。

本体には最上のケヤキを使いました。たまたま、手元にあったんで。

Dsc_0001 今回、何を思ったか、彫り込んで作りました。

ルーターマシンによる、深い彫り込みは、余程慣れてないと恐ろしいです。細長いしな。大きなものだと、もっと楽でしょう。

もう、あんまりやりたくありません。手前のスパイラルビットを使いましたが、UPカットの場合、材料をよく押さえつけてないと浮いてきます。あれこれ考えての作業は危険なのでDOWNカットを使いました。切りくずは取りにくいけど安全です。次回の深堀には16ミリ軸のラフィングビットを使いたいです。

Dsc_0074_2

刃物の交換の終わった自動鉋で削ったホウの映像です。 刃が新品だと、ホウでもピカピカに仕上がります。カエデなんかですと眩しくて目を開けていられません・・・というのはウソです。

強風が吹きだしました。立て掛けた材木を縛ってきました。まだ遠いのにパワフルです。

|

« 銘木解体 | トップページ | 銘木解体 2 »

コメント

こんばんは~ 
12時過ぎたんで・・・一応、おめでとうさん  
(-。-) ボソッ
台風大丈夫ですか?
替え刃のケース格好いいですね!
それにしても、いつ見てもクワハラの削り面は綺麗なんでびっくりです!
これを見ちゃうと他のは・・・チョットネ・・・
今日一日楽しくお過ごしください~ ではでは!

投稿: きすべ~♪ | 2009年10月 8日 (木) 00時06分

こういうのに入ってると邪険にはできませんね。
効果が期待できそうじゃね。

投稿: べあ | 2009年10月 8日 (木) 08時36分

きすべ~さん、いやいや、そうなんです。大台乗りました。目出度くはないですな。50歳から毎年若くなればいいににね。

このくらいピカピカだと240番のペーパーなんかは傷付けるだけで、もったいないですね。桑原の自動はやっぱり400でも相当重いようです。


ベアちゃん、高知の波高計のグラフのネット配信は昨夜から表示がない。8メートルで壊れたみたい。今日はすでに胸。

投稿: kira | 2009年10月 8日 (木) 18時16分

壊れたかい〜
↓こんなかったんじゃろうね
感動したんで貼っとくよ(削除可)
http://www.go-naminori.com/kin/index.php?eid=249

投稿: べあ | 2009年10月 9日 (金) 17時01分

この波は、形だけで、押さん波やね。

こっちでは、皆このサイズやりますよ。まあ、セットはすごいんでしょうね。前後で溺れそうですね。

投稿: kira | 2009年10月 9日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 替刃ケースの製作:

« 銘木解体 | トップページ | 銘木解体 2 »