« 森の実 | トップページ | 替刃ケースの製作 »

2009年10月 6日 (火)

銘木解体

Dsc_0005 今日は南国市の海地製材所に行ってきました。

7,8年前に買った山桜(全長4m×幅85㎝×厚さ17㎝)を家具用に腑分けしたのです。

この盤は私が買った中では一番高価で、どうも、価格に見合った使い道が見当たらず、他県の市場に投機目的で転がしていたんです。

残念ながら、不景気でますます価値は下がりました。いや、価値は別に下がってないけど、価格がね。

Dsc_0013 このほど、段取りついて、エイヤ!で挽くことに。

このクラスになると、ワクワクもしますが、憂鬱でもあります。

どんなに上手くいっても、100%成功はあり得ませんから。でも、今まで待った意味はあったかもしれません。期が熟したというか、それなりに経験を積んできたし。

実際は、今回、さほど選択肢はなく”焼け”の入った両端1mを切り離し、良質な2m材を取りました。両端からはテーブルなどの脚を取ります。

Dsc_001732 最近不景気な製材所も、久々の大径材にチビット緊張気味です。

幅60㎝程度の盤はざらにありますが、山桜の85㎝はちょっと珍しいと思います。

でも老木で多少傷みは免れません。

Dsc_0044

縮杢が出ています。

意外に軽かった。あまり知られていませんが、ホントの銘木はケヤキなんかでも比較的軽いんです。これなら後々大狂いはしません。それに、この材は20年以上寝かされていたそうですから。

Dsc_0059_2 海地製材も記念撮影していました。

実は薄板を何枚も取ろうかと考えてもいたんですが、勇気がありませんでした。

まずまずの板が取れて、私も久々に製材の楽しさと興奮を味わいました。でも、買った時の値段で買い戻してくれるならそっちの方がいいかもな~。

どなたか、ダイニングテーブル注文しませんかね。この材なら、すぐ使えると思います。

|

« 森の実 | トップページ | 替刃ケースの製作 »

コメント

大きいな〜
うちも大きめの無垢材のダイニングテーブル使ってます。
やは気分が良い、人生が豊かになるね。
よほどお金があれば別ですが、一生使いますからね、車に比べれば安い。

ってうちの嫁さんがよく言います^^

投稿: べあ | 2009年10月 7日 (水) 01時20分

そうですね、上質の家具に囲まれていると、気分は全く違ってくると思います。

うちのフローリングは合板であちこちくたびれていますが、無垢材だったら落ち着くだろうな。実際、調湿作用もあるしね。

投稿: kira | 2009年10月 7日 (水) 09時21分

 立派なヤマザクラですなぁ。私もすこしヤマザクラの板は持っていますが、一枚でテーブル甲板なんていうのはとても無理です。
 じつは今デスクにでも仕立てるつもりでセンノキ(ハリギリ)の一枚板を削っています。十数年前に仕入れて以後放っておかれたままだったのが、ようやく日の目を見ることになりそうです。

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2009年10月 7日 (水) 21時10分

ご存知のように、板も80㎝を超えると極端に高くなりますよね。実際少ないし。

ほんで、耳落として90㎝を確保できるようなのは、これまた、別世界になりますよね。国産材の場合は。

そんな訳で、なんでこの板を買ったか記憶にありません。でも、圧倒されることは確かです。

一枚板は確かにいいわ~。

投稿: kira | 2009年10月 8日 (木) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銘木解体:

« 森の実 | トップページ | 替刃ケースの製作 »