« 植物の神秘 3 | トップページ | MRI初体験! »

2009年7月23日 (木)

お箱の結び方。

先日納品した箱、結び方が間違っていました。実は、近所で本格的にお茶をやってる方にもお聞きしたんですが、マッサラの紐を出して”お手前”を拝見すると、なかなか困難なようでした。

うちにも大分桐箱はありますが、どれも一度開けると適当です。参考になりません。

ゲッ!今、知り合いから電話がありました「やまぶき」に行くことになりました。早く仕上げなければなりません。

大丸の美術画廊に行けば教えてくれるでしょうが、それも面倒じゃ。暑いし。

そこへ、輪島屋善仁の山下さんが夏の営業に来られました。教えてもらいました。

Dsc_0029 最初から間違っていました。紐はひねりません。指でつぶして形を整えます。

121 ざっとこんな感じ。

まあ、自己流の結び方も、それなりに完成度は高いと思いましたが・・・・・・勉強になりました。

Dsc_0039 なんだかんだで、手前の2点を購入することに。やっぱりタダは怖いですね。でも、使い易そう。

これは、輪島屋善仁の商品ではなく、亡くなった鵜島先生のお弟子さんによるものです。

自社製品だけでなく、特別念入りに仕上げられた蒔絵の品や中堅の作家の品も多少お持ちです。

|

« 植物の神秘 3 | トップページ | MRI初体験! »

コメント

なるほど。

だいぶ前に知人の個展で購入した器の箱が、一度開けたら結び方が分からなくなってそのままにしてあったんですが、さっそく結び直してみました。
ちゃんと結び直すと真田紐の折り癖もぴったり納まりました。

勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: 齋田 | 2009年7月23日 (木) 21時30分

お役に立ててよかったです。私も茶道大辞典とか調べましたが、意外にないんです。

こちらも、体に正直にやっています。斎田さんもあんまり真面目にやると、ツケが怖いですよ。

投稿: kira | 2009年7月25日 (土) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お箱の結び方。:

« 植物の神秘 3 | トップページ | MRI初体験! »