« お箱の結び方。 | トップページ | 一人膳の木地完成。 »

2009年7月25日 (土)

MRI初体験!

2週間前に痛めた膝の具合がおもわしくなく、腫れているので”スポーツ外来”のある整形外科へ行ってきました。わりと大きな病院で、5,6人いるお医者さんのうち、兄弟の2人の先生は高校の登山部の先輩だし、別の先生は私の家具のお客様だ。

心安い病院ではあるが、特に治療費をまけてくれることはない。家から少し遠いし、いつも混んでいるので10年ぶりくらいで行きました。整形外科は雰囲気が明るいのでいいです。

カードを作って、パソコン画面で”家具のお客様”の先生を選択した。指名料はいらず。流石、病院じゃ。

診察台の上で、膝を引っ張ったりして調べてくれるが、毎度のことながら、これで余計に痛くなるんだよな。レントゲンを撮って、ちょっとグレーゾーンなのでMRIの撮影をすることに。

係りの人に「初めてですか?」と問われたので、見栄を張って「いんや」と答えたのが間違いだった。昔やったことのあるのはCTスキャンだったのだ。

MRIは狭い筒の中に入れられるし、ビー!とかビューン!とかビュインビュイン!!すごい音が聞こえるのです。しかも30分もかかる。音については先に説明があってしかるべきだな。びっくりしました。最初は2001年宇宙の旅って感じで期待したんですけど。

私の場合、患部は膝でしたので半身筒から出ていましたが、頭部とかの場合は、ズッポリですので閉塞感もあり、音もさらに酷いので、気持ち悪くなって中断する人も多いそうです。

その後、さほど面白くない膝の連続断面写真を見せてもらう。半月板に傷があり、少し水も溜まっているが、様子を見てみることになった。もちろんスポーツはだめ。

恐れていた診察費は居酒屋2回分でホッとした。これから貧乏人は病院行くにもビクビクじゃな。

MRIのキャンセル待ちとかで、結局半日かかったけど、意外にすいていました。若者が減ったからかな。これから医療は患者にとっても、病院にとっても大変じゃな。

|

« お箱の結び方。 | トップページ | 一人膳の木地完成。 »

コメント

またまた、ごぶさたです。
膝心配ですね。

MRI、自分は(たしか昨年)回転性のめまいのとき
経験しました。頭だったのですっぽり入って・・。
音はたしかにすごかったですが、
ノイズ系のテクノみたいでけっこう楽しめました。

それにしても、お互い健康に気を使わないといけない年代ですね。

投稿: バンドウ | 2009年7月25日 (土) 18時33分

MRIは私も右耳の難聴の際、腫瘍の疑いではいりました。なぜ、あのような不思議な音がでるのか、未だに理解できません。 ちなみに結果は、医者も驚く綺麗な脳でした。

投稿: 和彦 | 2009年7月25日 (土) 23時16分

バンドウちゃん、

膝は大丈夫と思います。

確かに音楽やってる人にとっては大した音じゃないかもしれませんね。学生の頃、パンクバンドの追っかけをしていて、吉祥寺あたりのライブハウスで聞いてた音量に比べれ普通かも。

お互い健康に気を使わないといけない年代ですね。→そう、そろそろ最初の死亡件数が多い年齢にさしかかります。


和彦くん

”医者も驚く綺麗な脳”とはどういう脳でしょうか?また”汚い脳”とかもあるのでしょうか?

それは、全然使ってないから、マッサラという意味だったりして。

以外にMRI経験者が多いのは、まあ、やっとけば医者も患者も安心だし、副作用もそうないようだし、なにより高価な機械の元を取らにゃならんからでしょうな。まあ、あの画像を見ると一目瞭然だしな。

投稿: kira | 2009年7月26日 (日) 11時50分

綺麗な脳とは梗塞の跡もなく、頭蓋骨の内側まで脳ミソが隙間なくつまっている状態らしいです。要は容量の問題で質ではないようです。 ちなみに難聴の右耳は常時、耳鳴りが鳴り、改善はしません。日々、右耳内でジェットエンジンの高音が鳴っています。

投稿: 和彦 | 2009年7月26日 (日) 22時47分

なるほど、カニ味噌みたいなもんですな。

昔マンガ“怪物クン”にワラゴンと言う怪獣がいましたが、これは脳が余りにも小さく頭蓋骨の中にワラを敷きつめていたためのネーミングです。蛇足ですが。

耳鳴り、酒をやめたら治るとしたら・・・・・。

投稿: kira | 2009年7月27日 (月) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MRI初体験!:

« お箱の結び方。 | トップページ | 一人膳の木地完成。 »