« 漆刷毛 | トップページ | 砥ぎ、磨ぎ。 »

2009年2月12日 (木)

塗りは続く。

今日は、スプーンを塗っている最中に、友人の石彫家が訪ねてきて塗りながら話をし、終って飯を食い、それからまた、話し込んで仕事がいまいち進まなかった。お互い、孤独な稼業なので、たまに会うと話は尽きない。

一点の金額が、数千万からの人の話は羨ましくもあるが、スプーン塗ってるのまんざら捨てたもんじゃない気もする。聞けば、モニュメント等の受注はビジネスというか、政治力というか、いろいろ私など及びもつかないことがあるみたいですね。運搬の特殊車両代も1日100万円とかで、スケールが違います。

2年前までは、市町村合併とかで、予算上使い切らなくてはならない金が一杯あって、バカみたいに仕事が来たそうです。でも、今は全然ないとか。この人なんかは、お利口なんで、とっくに見越して、新たなビジネスの種をまいており、悠々自適です。

Dsc_0008333 ちょっとショボイけど、スプーンの塗りは進行中です。

こうやって片方ずつ塗っていきます。自己流のやり方です。輪島屋なんかは、柄を長く作っておいて一気に塗り、後でポキット折って、お尻を仕上げるようです。

一日、一回しか塗れないので、午後は別の仕事をします。

Dsc_0054 あんまり、根を詰めるのも良くないので、昨日は久々に裏山にモモと上がっていました。

モモも14歳でだんだんUPに耐えられなくなってきています。でも、可愛いのは同じです。

|

« 漆刷毛 | トップページ | 砥ぎ、磨ぎ。 »

コメント

彫刻は売れると儲かるんじゃね〜
しもうたのっ・・笑

ももちゃん元気で長生きしとるね〜
やっぱり生活環境がええんじゃねぇ

投稿: べあ | 2009年2月13日 (金) 08時23分

モモは、もともと純粋な雑種で丈夫なうえに、毎日羽根布団で寝て、シカ肉やらマグロのトロとか食ってるからな。

知り合いの雑種は、31歳まで生きたというが、そりゃーもう”物の化”じゃね。

投稿: kira | 2009年2月13日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塗りは続く。:

« 漆刷毛 | トップページ | 砥ぎ、磨ぎ。 »