« 捨て塗り | トップページ | 塗りは続く。 »

2009年2月10日 (火)

漆刷毛

今日のは木工家向けにみえて、実はお客さん向けのブログです。

Dsc_0003 塗漆は写真のような刷毛を使います。

通し刷毛といって、中に女の人の髪の毛が通っています。それを、チビてきたら、鉛筆のように削り出して使います。

その時、穂先の形も整えなければなりません。私のはもう相当変形しています。テープを巻いているのは折れたんじゃなくて、かなり力が要るんで、指が痛くなるためです。

以前は拭き漆でやっていましたが、塗膜がないので半年もするとスプーンの先端が剥げて木地が見えてきます。口にするもんだし、耐久性がないと困るので、今はもっぱら塗漆です。

仏像の製作から、ロクロ加工までそれなりにこなしますが、塗り漆だけは厄介です。本職のように常に続けてないと、不都合なことが多いのです。刷毛や漆をスタンバイさせたり、しまうのも大変手間なので、本当は、一日中続けられる量の製品が欲しいのです。

漆の乾き具合の調整やら、ゴミ対策は本職でないと困難です。ウチには塗漆専用の部屋はありませんから、どうしてもゴミが混ざってしまいます。

大概の事は「奥さん、これが手作りの味でっせ~!!」という、私ですがこればっかりはね~。「そのうち取れます」としか言いようがありません。漆芸家に笑われたら「オメーに、こんだけ下手に塗れるか?」と言ってやります。

それでも、最近は大分上手くなっています。

落ちのないブログですいません。ちょっと、しんどいのじゃ。納期のない仕事は普通引き受けないし、すべて余裕で仕事を進めるのがポリシーですが・・・・・・背に腹は代えられんのじゃ。

|

« 捨て塗り | トップページ | 塗りは続く。 »

コメント

「余裕の納期では仕事ではない」

by べあちゃん・・笑

投稿: べあ | 2009年2月12日 (木) 16時00分

これは、興味深いコメントです。私もリーマン・デザイナーやってましたんでよくわかります。

上司に「デザイナーは、早飯、早糞、早セックスじゃ!」とよく言われてました。

木工の場合は、どんなに頑張っても10センチの厚みの材は、乾燥に3年はかかるし、漆も1日1回しか塗れません。

焦ってやれば、指も飛ばすし、余裕が良い仕事を産みます。

投稿: kira | 2009年2月12日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漆刷毛:

« 捨て塗り | トップページ | 塗りは続く。 »