« 意外に問題のある海外電動工具。 | トップページ | 猪のすき焼き。 »

2009年1月16日 (金)

薪ストーブの触媒を交換する。

我が家の薪ストーブはハイテク機で、触媒が付いていて殆ど煙を出さない構造になっている。燃費も50%向上をうたっている。(ほんとかどうかは知らない)煙突の掃除も少なくて済むらしい。

ただ、5年ほどで交換が必要という。ウチのはもう12年は使っていると思う。確かに、以前は火室の炎はほとんどないのに、セラミックの触媒は真っ赤に焼けているのを良く見たが、最近はないな。

アメリカのアマゾンで1万円で売っていたが、国内販売のみだった。仕方なく、日本のアマゾンのバーゲンで2万のものを買った。なんか悔しい。

Dsc_0002 12年ぶりで蓋を開けると、触媒はさほど損傷もなく、舞い上がった灰で通気が悪くなっていたのでした。ショックじゃ。

とりあえず新品に交換して、前のはその箱に入れ保管しました。

乾燥した広葉樹を燃やしている限り、触媒も煙突も傷みは少ないようです。煙突も一度も掃除していませんし。

触媒付きの薪ストーブをお使いの方は、たまにはトップを開けて掃除してみましょう。

|

« 意外に問題のある海外電動工具。 | トップページ | 猪のすき焼き。 »

コメント

薪ストーブ、ええね〜
将来、自分の部屋が出来たらゼヒ欲しいアイテムなんよねー・・笑

投稿: べあ | 2009年1月17日 (土) 15時10分

薪ストーブは木工家の特権のようなもんで、一般の人は取り付けたところで、薪の確保が続かず、ただの鉄の箱になっている場合が多いです。

ウチにとっては、なくてはならない焼却炉でもあるわけですが。

最近、波もないし、金もないのでどうもいけません。仕事にも気合いがはいらんな~。

投稿: kira | 2009年1月17日 (土) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/27195960

この記事へのトラックバック一覧です: 薪ストーブの触媒を交換する。:

« 意外に問題のある海外電動工具。 | トップページ | 猪のすき焼き。 »