« サーフィン誌NALUに私の・・・・・・ | トップページ | 版画を買う。 »

2008年12月15日 (月)

御本尊を納める。

昨日、無事御本尊を納めることが出来ました。施主様にはお代のほかに、ご祝儀やお酒まで頂きました。しかもその辺の酒ではなく、御当地、司牡丹の「自由は土佐の山間より」超辛口でした。気配りが嬉しいですね。

今回、商売としては厳しいものでしたが、勉強させてもらってご祝儀まで頂いて、幸せなことです。そのかわり、私もプロとして恥ずかしくないレベルの仕事はしたんです。

Gohonnzonn3tai 栃の拭き漆と桂の木地は良く合いました。仏壇と御本尊の作者が同じというのは稀有な例と思います。

ブログなので簡単に仏像の制作で感じたこと・・・・・

1、仏像は何らかの呪術的目的でつくられたのではないかという気がしました。プロテスタントとカソリックが血みどろの戦いをしているように、宗派間の対立とかあったんじゃないでしょうか。

2、ちょっと、矛盾しますが彫っていると、慈悲の心とか、なんとか感じますね。先週テレビでマザー・テレサをやっていましたが、今までになく共感しました。単に年取って涙もろくなっただけかも。

で、いまだにハマっていて、小説読むのは置いといて、仏像関係を勉強しています。土門拳の「古寺巡礼」は写真もさることながら、文章にも力があり読みごたえがあります。

でも、仕事は家具作りの方が楽みたいです。

|

« サーフィン誌NALUに私の・・・・・・ | トップページ | 版画を買う。 »

コメント

 これはまた素晴らしいですね。既製品の市販の仏像などよりはるかにいいです。私にも仏壇の話はいちおうあるのですが、吉良さんのを拝見してしまうと仏壇はともかく仏像はまったく無理と感じます。snow

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2008年12月16日 (火) 07時18分

無事にお届けしたのですね、お疲れ様でした。
我々も年連相応の物の感じ方になってきましたなぁー・・笑

投稿: べあ | 2008年12月16日 (火) 08時52分

大江さん今晩わ。たぶん仏像は時間をかければ誰でも出来ると思います。しかし、我々はプロですのでこれで生活していかなければなりません。今回は、痛し痒しというか、少し幅を広げ過ぎかと反省もしています。独り者だから出来ることで、家族がいれば無理でしょう。

技術的なことでは、すべて順目で刀で仕上げるのですが、腕の際など、どうしても逆目にしか削れない部分もあり苦労しました。


べあさん、今晩わ。そうよ、この歳になって真面目に仕事をすることをおぼえて、遅過ぎやな。しかし、世の中の仕組みも昔の方がいいような気もするな。最近はやる気はあっても、思うように能率があがらん。

投稿: kira | 2008年12月16日 (火) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/213581/26211734

この記事へのトラックバック一覧です: 御本尊を納める。:

« サーフィン誌NALUに私の・・・・・・ | トップページ | 版画を買う。 »