« 秋分の日 | トップページ | 帯鋸仕上げ »

2007年9月29日 (土)

ある日の弁当から

いつぞや、紹介すると言っていた、旧大方町の脅威の200円弁当。米、鳥、魚まで全て自家製だから出来るという・・・・・・・・ありました。う~ん、すごい安い。

小鯵のフライは賛否両論あるところでしょうな。仕入れはタダかも。驚くべきことに、オムスビには、ちゃんと塩昆布と梅干の具が入っていて、梅干はほんとに自家製みたい。コンビニの弁当とは次元が違います。あれは毒です。

Dsc_00220001

ところで、話はガラット変わりますが、知り合いの悪徳不動産屋が言うには、高知県の財政は、あと三年で破綻するそう。いよいよ、具体的な数字が出てきたかという感じ。橋本知事の今期限りの引退は、それを見越してのことらしい。あのひとらしいですな。そんなことは、どうでもいいのですが、その後を考えなくてはなりません。

そこで、この弁当、勇気付けられます。高知は食料の自給率を100%以上にして、楽しく、その日、その日を、のうのうと生きていけば良いのではないでしょうか。出来れば、独立して、酒とビールは自分で作ると・・・・・・・・。とても分かりやすい。

*先日、ミャンマーで射殺されたカメラマンについての、福田首相のコメントを聞きましたが、情けないの一言、この人たちは、台本なしには、しゃべってはいけません。言葉を知らないというより、首相としての心がない。しかし、彼の首相就任時の「貧乏くじだったかな~」というのは良かった。行き着くころまで行って下さい。真っ直ぐに。

|

« 秋分の日 | トップページ | 帯鋸仕上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある日の弁当から:

« 秋分の日 | トップページ | 帯鋸仕上げ »