2017年3月27日 (月)

寝相

頑張り過ぎたので体調が悪いです。寒い。
 
Dsc_5039
 
ユキちゃんはこの態勢で隣に寝てくれることも多いのですが、夢の中で決闘しているのか?夜中に唸りながら、脚をピクピクさせます。すると壁を蹴ることななるのでうるさいです。どうやら自分がたてる音では目が覚めないようだ 。
 
お尻をポンポンすると気が付いて「フゥ~。」とか言っています。
 
Dsc_6124
 
まあ、秘密にしておいてやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

出来たど~!

今日もOさんが手伝いに来てくれたため、昼寝もせずにまっとうに働きました。おかげで10脚全部張り終えました。シエスタしなくても働けるものですね。普通は2時まで昼休みです。
 
Dsc_6366
 
やったど~!存在感アリ!
 
1
 
前回の張り方ではフレームの内側が腰に当たって座り心地が良くないので「カナコ編み」に変更したのですが、これほど手間がかかるとは思いませんでした。2~3倍の時間がかかります。
 
Dsc_6364
 
今回のために当社の工作部が作った糸巻きと、錠前破りの道具。最後の狭い隙間から紐を引っ張り上げるのに使います。
 
のんびりしたいがまだまだ仕事が残っている。稼げる時に稼いでおかないと後がない自営業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

地味な作業

本日も真面目に働きました。滅多にないことです。
 
Dsc_6346
 
40本もあるので、木殺しが楽なようにNASAと開発したファン付きドライシステムで 半日乾燥させます。
 
Dsc_6349
 
その割にはコタツのコードなんですけど。
 
Dsc_6355
 
銘木商のOさんが昨日寄ってくれたのが運の尽き、本日バイトに来てもらいました。特に技術の必要のない「カナコ編み」ですが、やっぱり初めてだと難しいようです。ユキも邪魔するしな。
 
二人でだべりながらやって分かったことですが、単純な編みの作業に見えて、実は集中力も知力も必要です。お喋りしながらですと私も失敗の連続でした。
 
でも、これを一度に一人で10脚もしたら気が狂う。
 
Dsc_6359
 
一日二人で頑張って5脚張った。カナコ編みは時間かかるな。
 
Dsc_6353
 
まあ、いい感じには仕上がっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

防犯カメラ、その後

忙しいけど、今日は水泳もした。忙しいと言って、仕事ばかりしているとドンドンどつぼに嵌まって行きます。
 
Dsc_6261
 
先日紹介した、数年間もクソを放置し続けた犯人、 ちゃんと回収するようになりましたので張り紙は外しました。
 
隣のAさんが「キラさん、ようやってくれた!ウチも度々被害を受けていたんです。」 どうやらAさん宅から、ショールーム、米屋のBさんまでの30メートルのどこかで毎日クソをしていたようです。
 
皆で、「これからは言うべきことはちゃんと言おう!」と結束しました。
 
日本人の「見て見ぬふり・触らぬ神に祟りなし」が改善されれば、政治家の体たらくもましになると思うのですが。アベちゃん最低、取り上げるのも嫌になって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

棒のターニング

チャックベリーが亡くなったそうですが、ストーンズの傑作と思っていたナンバーがチャックベリーやゴスペル、レゲエのスタンダードというのを大分後から知りました。まあ、下手なオリジナルにこだわるよりずっと良い。
 
終日、スツールの脚を挽いていました。
 
Dsc_6329
 
八角錐を上の見本のように丸くします。この円錐形は、エンファシスよりずっと難しい。
 
Dsc_6339
 
まず、スピード6で左の大きなガウジを使って仕上りの一歩手前まで削ります。
 
次にスピード8で右のオーバルスキューチゼルで仕上げます。断面が楕円形のため、角度を変えられて便利な反面、不安定。刃先も鋭角で食い込みやすいという危険な刃物ですが、慣れると大変便利です。
 
Dsc_6337
 
上手くいけばペーパー掛けが必要のない位の仕上がりになります。
次にスピード10(MAX)で240番のペーパー掛け。
 
Dsc_6331
 
スピード1のごく低速で、繊維方向の仕上げも済ませます。
 
Dsc_6341
 
42本、二日かかると思っていましたが一日で楽勝だった。でも、疲れた。
 
木工旋盤は「illustrator」と同じで、このように必要に迫られてやるのでなければ、中々上達しません。
 
*誤算だったのは粉々で滑る上に、年寄りになって脂が少なくなったのか、刃物がうまくグリップできない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

老人の暴走

大阪の小学校の問題、どうなるんでしょうね?下品でバカ臭い話が国のトップの問題というのは情けない。外国人記者が言うには日本は途上国並みの汚職国家なのだそうです。
稲田大臣が何をしたかは知りませんが、普通のオバサンに防衛大臣をやらしていいものでしょうか?
 
本日夕刻、家の横の道に両親の友達の車が長いこと停めてあった。この道は確かに往来は少ないけれど私道ではなく、狭くて一台停めたらすれ違えないのです。駐車場はあるし、すぐ横の国道に停めればいいものを、玄関の真ん前に停めるのです。一歩も歩きたくないらしい。当然注意しましたが、老人は100編注意しても聞きませんね。
 
よくヤマトのドライバーがバックしているのを見かけます。前進でもギリギリの直角コーナーを2回抜けねばなりません。気の毒です。俺がお得意様だから文句も言えないか・・・と言うよりどけてもらうよりバックした方が早いし、仕事と割り切っているのでしょう。
 
コンビニでも横着な止め方はヤクザかヤンキーか?と思いきや老人です。先日も近所のホームセンターの出入り口の扉の真ん前に停めてあって旦那が運転席にはいるんですが、「みんなの邪魔なんですけど!」まあ、都会はモラルに従わないと回っていかないのでこんな老人はいないでしょうが。
 
私はスポーツマンではありませんが、プールに行ったら爽やかでありたいと思い挨拶はします。老人は挨拶しても返事もしないのが多いです。そのくせ、分からないことがあると突然前置きなしに質問してきますね。
全コースに一人ずつ老人がいて、酷いのは夫婦で2コース独占しています。バカかこいつらは。金払ってないのにな。
 
これは自民党が大切な票田である老人を甘やかしてきたからでしょう。医療費も3割負担にすべきです。そして国立大の授業料は安くするべきです。
 
「そういうあなたももうすぐ老人。」いや、そうはなりたくないものです。そうなる前に死にます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

木取り

本日は夜になっても暖かい。
 
Dsc_60222
 
スタッキング・スツール10脚を制作中。都内の建築設計の会社に頼まれた。最近、冷やかしが多いので、「先払いじゃないと嫌だよ。」「かまいません。」と言うので引き受けた。 しかし、納期はたった2週間。
 
Dsc_6278
 
通常は八角柱から削り出すが、今回は数が多いので、材料を無駄なく使うため八角錐とした。木取は面倒だが後は楽。
 
Dsc_6276
 
横切り盤で角を落とします。
 
Dsc_6281
 
現代美術みたい。
 
Dsc_6282
 
余裕をもって50本ほど作ったので、 200本ある。占い師が買わんじゃろ~か。
 
Dsc_6288
 
ユキちゃんは シャンプーでピカピカになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

冬場の犬の洗い方

昨日、ユキちゃんと裏山登山。トンボ・メダカ池はクリアーしたが、猪のヌタ場に突入!泥んこに。
 
モモちゃんは9キロだったがユキちゃんは14キロ、洗うのは結構重労働です。
殆どの人が風呂場で、自分も裸ん坊になって洗うと思いますが冬は寒いな。
そこで考えました、まず自分が熱い風呂に入って温まる。お湯はぬるくしておき、シャンプーの後に放り込んですすぎに使う。これで完璧じゃ。
 
Dsc_6155
 
俺の枕を使うな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ガンダム発進!

・・・・と言っても私はガンダム世代ではない。その頃、多分テレビを持っていなかった。「宇宙戦艦ヤマト」世代だと思うが、30分番組を欠かさず見るほどまめではなかった。
 
Dsc_4940
 
先日の新居浜行きの途中、本川村役場を過ぎてしばらく行ったら不思議な構造物がある。
20年ほど前、出来た当初はコンクリートが真っ白で威容を誇っていた・・・・と言っても、殆どの人は気にも留めないでしょうが。
 
Dsc_4938
 
300ミリでズーム。
 
水が流れているのを見たことがあるので、何か水利システムだと推測される。階段状になっているのは勢いを殺すためか。
 
しかし、先端は稜線まで伸びている。その向こうに池とかあるとは聞いていない。グーグルアースで調べてみたが特定できなかった。木馬の発進基地なのか?
 
今度 探検してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

よい収まり。

本日は確定申告を済ませました。税務署のポストに投函するだけですが、雨なのに一杯並んでいたのはなぜなのか?
 
P1000415
 
山桜の小テーブルのお客様が写真を送ってくれました。
大分片付けたのか、普段からこんなに綺麗なのか?・・・・・・は聞かなかった。
ソファーははポルトローナ・フラウ『リラ』。イタリアの職人技。日本では、なんとのうこうはいかん。この会社はスーパーカーの内装もやっているらしい。
 
P1000414
 
こんな感じで、ソファーに座ってポテチとか食べるそうです。
引き付けてもアームが当たらない幅と高さに仕上げております。
何より違和感のないデザイン!器用な仕事しまっせ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«営業