2018年9月18日 (火)

大阪出張

本日は屋外で塗装作業をしたが汗だくになりました。

Imgp0003

今回の大阪出張は列車の旅を選択。岡山まではアンパンマン列車だった。画像は水中カメラなので良くありません。

Imgp0004

駅弁などを食しのんびりする。

Imgp0029

20年振りくらいに乗った新幹線・速! 特に感動はなかった。

Imgp0042

30年振りくらいの「海遊館」。見学者は80%外人。魚はともかく、鳥や哺乳類はちょっと可哀想だ。監獄やな。

Imgp0074

夜はネットで調べた老舗の串カツ屋「二色」。

Imgp0076

薄い衣が特徴。

Imgp0077

熱燗はこのように提供される。

Imgp0078

常にほぼ満席状態。旨かったか?と言うと普通。高知の「葉牡丹」と変わらず。安い店はどこも同じなんですね。雰囲気は良かった。

Imgp0081

帰りの地下鉄。危なかった。土曜で良かったと思っていたら金曜でした。

Imgp0082

しかも写真まで撮っていた。

大阪でもスイカが使えることを知らなかった。田舎者は困るな。土曜は仕事前に大阪城に。肝心の仕事は大した収穫なし。世の中、甘くないなと実感。

帰りの土讃線の遅いこと。やっぱり飛行機が一番ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

下名野アートキャンプ2018

朝、疲れ切って一泊二日のアートキャンプから帰って来ました。

Dsc_3312

「しもなの郷」の朝食に間に合うよう、薄暗いうちに出発。

Dsc_3314

今年もやって来ましたよ。

Dsc_3319

7時からの朝飯前に現地でユキちゃんの散歩を済ませました。

Dsc_3327

マイナーなポイントなのに、どこで情報を得るのかキャンプ場は満杯。県外客多し。

Dsc_3334

私の今回のお題は「寒天で型取り」。あまりに忙しく、前半は写真を撮ることも出来ませんでした。

寒天を冷やしているの図。

Dsc_3331

その間にYさんの野点教室。炭を熾している間に準備運動。私は炭熾しを手伝った後、後半戦の準備。

台風とセットになっていると言われるアートキャンプですが今回は好天に恵まれました。

Dsc_3366

寒天の雌型に石膏を流し込みます。全くやる気のないTAKA。

Dsc_3375

こんな感じで出現!

Dsc_3371

寒天ですから型は一度しか使えません。

Dsc_3379

石膏を流し込むのとコップの中で固定するための「湯口」は丸棒をメルトガンで接着します。

Dsc_3384

今回はあらかじめ、ピーマンと豆電球を用意しました。ズレたり、型が欠損していた方が面白いな。2時間の授業でギリギリでした。

反省点:結構微妙な作業があり、スタッフが全部やってしまう箇所が多かった。まあ、これは毎度のジレンマですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

帰り着く。

20時20分帰宅しました。

大阪出張、疲れました。都会は犬の散歩どころじゃなく歩くな。

Imgp0056

明日は5時起きでアートキャンプに出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

完成間近

夕方、雨の中1時間のパドボートレーニング。プールと違って行き帰りの時間を節約出来ます。まだ裸で大丈夫。

Dsc_3306

倣い加工機アドバンス2大分出来ました。やや重いのが難。

Dsc_3297    

モノタロウで買った30×1500のシャフト。発注から2週間かかる。しかし、1万円は安いと思う。

明日から珍しく大阪出張です。実は大阪は殆ど行ったことがない。日帰りも出来ますが、食い倒れの街を堪能するために一泊します。

帰ったらすぐにアートキャンプがありますので、教材を本日車に積みました。アートキャンプの授業自体は大した苦労はないのですが、内容を考え、材料の用意、リハーサルと中々大変なんどすえ~。

ずっと暇だったのに急に忙しくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

「染めQ」

御用放送局は毎日アベちゃんの映像を流します。石破氏は可哀想だな。

Dsc_5761

今回持ち込まれたYチェアーは後脚の貫が4脚中3脚お犬様の餌食となっていた。画像は以前撮影したもの。犬が齧るのは何故か後脚の貫、左側と決まっている。

解体出来れば、新たに貫を作って入れる方が簡単ですが、それは無理でした。

Dsc_8619

ここは強度はさほど必要ないのでポリパテで埋めます。

Dsc_5919

今までは油性のペイントで色を作って塗っていましたが、今一の仕上がりです。なんか目立つし。

Dsc_3295

そこで近所のホームセンターで以前盛んにビデオを流していた「染めQ」を思い出した。

Dsc_3285

ナノテクノロジーで染めるに近いとか。実際は染まりはしないけど塗膜は薄くて写真以上に違和感は少ない。

Dsc_3286

オイル仕上げ後。馴染みます。多少色が違っても遠目には分かりません。質感がしっくりきます。これはいいかも。

Dsc_3288

この速乾パテは強度はない。拭き漆にはなじみが良く◎。しかし、オイル仕上げだと10年で色が飛んで真っ白になることが判明した。

Dsc_3290

10年前、出入りの機械屋から買った補修セット。今回初めて使ったがテクニックが要るようです。張り物のフローリングの修理には良いかもしれない。

何事も道具の研究は必要なようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

スポーツと人種

四国地方、梅雨に突入・・・・・と書こうと思っていたが、今朝は8時頃から爽やかな秋晴れとなり洗濯できた。

大阪なおみは、ネット上で日本人かよ?という意見があるらしい。実は最初の頃、私も日本語しゃべれないし、どうですか?と思っていた。しかし、何度も見るうちに顔の造りはどう見ても”大和撫子”だし、大分日本語もしゃべりだしたんで納得している。

でも、身長は180あるんですね。シャラポワやダベンポートは190なんですね。大谷は193。なんかスポーツ、デカくないとメジャーになれないっちゅ~のは悲しいですね。ボクシングなんかは階級制ですがヘビー級の方が断然ギャラがいいし、軽い階級はバシバシ何度も殴り合うのでパンチドランカーになりやすいと言います。高校の時、登山で国体に出ましたが、開会式で小っちゃいのは登山、射撃や卓球だけで、巨人の国に迷い込んだ気がした。

話が逸れましたが、ケンブリッジだっていることだし、もうそういう時代じゃないのでしょう。というか、日本だけが特殊なわけで、よその国は白・黒・真茶と以前から混合なんですね。

てか、均等に機会を与えたら、オリンピックは全部黒になってしまうでしょう。しかも、実は黒人は頭も良いという。我々黄色は盆栽に活路を見出すすかないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

最近毎日のように夜中に雷が鳴る。

その度にユキちゃんがベットに上がって来て添い寝してくれます。暑苦しいけど嬉しくもある。微振動が心地よい。

「怖いね~。」と言うと振動が弱→強に変わります。「大丈夫!」と言っても結果は同じです。

Dsc_0608

警戒した表情。

Dsc_0614

花火中継には反応しますね。

Dsc_0616

どうしようかな。

Dsc_0625

テレビでも苦手なようです。

Dsc_0626

アホな犬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

内部留保

大企業の内部留保が過去最高になったというニュースを見て思い出したことがある。

お題は忘れたが落語の枕話で、さるお店(たな)のしわい・ケチ・吝嗇なご主人が利益を上げようと使用人を一人ずつ減らした。最後は夫婦で切り盛りしたが何とかなるというので、ついには奥さんも離縁して一人になった。それでも続けられるので、どうも自分も要らないんじゃないかとと思い出し、首を括って死んでしまった。

笑い話みたいですけど、突き詰まると、まっこと現実なんですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

チューブ

地震で被災された北海道の方には申し訳ないが、

Dsc_0728

昨日の朝、河口にチェックに出掛けました。

Dsc_0742

サイズはそれほどでもないけど、台風直後なのでうねりの間隔は詰んでいる。

Dsc_0731

うーん、これではロングは無理。板裏返してローリングスルー。やり過ごして元に戻したら次の波が来ているだろう。

ショートも波待ちは出来ない。アウトにひたすら漕ぎながら、入って来た波に乗るしかない。

Dsc_0756

でも、早い位置からテイクオフ可能。

Dsc_0762

これは外人さんやな。

Dsc_0764
ギューっとグフィーにターン。

Dsc_0770

立ってきたぞ~!

Dsc_0775

チューブ・イン。

Dsc_0777

おお!前が潰れる!

Dsc_0778

出た!むちゃ前に載っているな。

本日、お昼にテレビを付けたら民放はバライティーをやっていてたまげたが、俺も似たようなもんかもしれん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

台風通過

高知県中央部では殆ど被害はなかった。これは台風が東を通過したので風の影響が少なかったため。それに昔は台風銀座と呼ばれた地域で、それなりの対策が講じられているからだ。だが、強風から家を守る、土を盛って日本瓦を敷く工法は地震には弱いとされている。

それでも午前中は家が多少揺れました。また、停電・復旧を繰り返したので電動工具は恐ろしくて使えず。

Dsc_0726  

通過後の吹き返しの強風もなかった。と同時に前回と同様、爽やかな秋晴れもなし。スッキリせんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«同じコース